サイクリングに適した時計を考えました。
 
 まずハンドルから伝わる振動ですが、今時それで壊れる時計はないでしょう。
 むしろその振動をエネルギーに換える機械式自動巻かセイコーキネティック(下に説明あり)が気が利いている感じです。
 腕の先で振動する腕時計は重いほど負担に感じますので、軽さを考えるとチタンか樹脂製ボディのデジタル。
 また、軽くてもGショックのように嵩張るタイプも使いにくいようです。 

 気になるのは夏の汗、強力な防水が欲しいです。
 渓流で顔を洗ったり、突然の雨に遭ったりした時を考えるとダイバーがお勧めです。

 クオーツの精度は自転車旅に不要という方もいます。 
 しかし、走りながら列車の時刻に間に合うか、連絡線の最終便に乗れるか?というときには精度の高いクオーツが欲しいです。
 電波時計やGPSまでの精度はいらないと思います。

 クオーツの場合、ボタン電池タイプは不可。理由は旅先で電池切れにあうと時計はただの重りになってしまいます。
 ダイバーズウォッチの電池交換は、メーカー預かりですので旅先で時計店を見つけてもダメです。
 ソーラー電池を使うモデルは故障しない限り止まる心配は無用ですし、電波受信が多いので精度も問題なしです。
 セイコーキネティックも機械式もたとえ止まっても、振るか竜頭を巻けば動きます。
     古いクオーツ時計(ボタン電池)



 視認性も大切な要素だと思います。時間を素早く読み取れる文字盤。
 疲れていたり、寝ぼけていても時間を見間違うことのないような文字盤と針。
 黒い文字盤に先の尖った白い針、航空機のメーターがお手本ですね。
 この点でアナログの方がデジタルより上でしょうか。

 山岳コースに行くときは高度計付きが楽しいです。
 高度や気圧を正確に早く読み取るには、デジタルの方がいいようです。
  

 最後に高価な時計をしていて、時計に傷が付きそうになったとき思わず時計をかばって怪我をすることはないでしょうか?
 (私は高級時計を持ってないので分かりませんが・・。) あまり高くないけれど持っていて楽しい時計がいいのでは。


 以上の点を総合的に考えると、国産クオーツ&ソーラーバッテリー(またはキネティック)&チタンボディベルト&ダイバー
  
   私の愛機 セイコーダイバー レジスターリングも便利です。

  
   シチズン プロマスター ダイバーではありませんが20気圧防水で安心。
  
 
   
 このようにアダプターでバーに付けるのも楽しいです。
 耐衝撃性の高いGショックなどでないと持たないかも知れません。
 この時計はシチズンがGショックに対抗して昔出したスーパータフ。製造中止が惜しいです。


   キネティック・・・・・セイコーが開発したメカニズム、自動巻のローターのようなものが回転して発電・充電します。
               その電気エネルギーでモーターを動かします。クオーツ制御ですから正確です。

   TOPページ