デジタルカメラ
  
   私が使ってきたデジタルカメラです。上から古い順になっています。
   デジタルカメラの進歩は本当にすごいです。
   もうこれで充分と思っていても、新しいカメラが出ると目移りしてしまいます。
   

ニコン クールピクス 990
   
   300万画素 レンズ(35mm換算38mm〜115mm)  単3×4本
   初めて手にしたデジタルカメラです。ワイドコンバーターやスライドコピーアダプターなどアクセサリーが充実してました。
   写りはそのままでは眠い感じでしたが、レタッチするとすばらしい画像になりました。
   A4サイズにプリントしても十分な仕上がりでした。背面の十字スイッチが2度壊れたのでCP5000に買い換えました。


ニコンクールピクス5000
   
   500万画素 レンズ(35mm換算28mm〜85mm)  リチウムイオン電池
   私の好きな28mmの画角のレンズが付いた小型カメラです。当時はすごくコンパクトに思えました。
   写りはすばらしく、私にはこれ以上の画質はいらないと思いました。フォーカスはのんびりでしたが風景を撮るには充分。
   しかし、人間贅沢なものでリコーGRを見たらとても野暮ったく見えてきました。 


   
   サイクリングカメラとしてGRDを手に入れました。大きさを比べたら勝負になりません。


リコーGRデジタル
   
   800万画素 レンズ(35mm換算28mm)  リチウムイオン電池(単4×2本代替可能のありがたい機能)
   カメラ史上に残る名機です。初期型ですが私には充分の機能です。
   近場のサイクリングも、遠出するときもこの軽さ、写り文句なしです。
   広角レンズの歪みがほとんどありません。
  

  キヤノンG9
   
   1200万画素 レンズ(35mm換算35mm〜210mm)
   リコーGRDは単焦点レンズなので限界があり、それを補うために購入しました。
   広角側が35mmですので悩まずにすみました。
   ああしたい、こうしたいと思うときに素早くいろいろなことが出来ます。
   今はG16まで進化してますが、私には今でも十分な機能です。


   
   左 キヤノンG9   右 ソニーRX100
   G9の方がごちゃごちゃしてるように見えますが、ダイヤルが使いやすいです。


 ソニーRX100
   
    2020万画素 レンズ(35mm換算28mm〜100mm)
    友人が使っているRX100を見て、できの良さに惹かれて手に入れました。
    強力な補正を行っているので、広角側の歪みはほとんどありません。
    スイングパノラマ機能もありがたいです。今までは手動で合成していましたが、その場でパノラマを確認出来ます。
    ミノルタの技術陣のおかげか、ソニーのカメラがすごく魅力的になりました。
    ボディがつるつるしていて滑るので、自分で革を張りました。
    剥がれるよりはましと、接着剤をたっぷりつけたので少しはみ出ています。
    革はニコンの1眼レフ銀塩カメラのジャンク品から剥がしました。
    GRDとG9を2台旅行に持って行く必要がなくなりました。
  


  
    初めて手にしたデジタルカメラ・クールピクス990とソニーRX100を並べてみました。
    写りが良く、よりコンパクトに進化しているのが分かります。
    
    パソコンで写真のレタッチをしていると、
    昔の暗室作業の時の夢「明るいところで写真の加工ができたらいいのに。」
    との思いがついに実現したことを実感します。

   TOPページ  日記ページ