自己紹介
          家族とあきる野に住んで20年以上過ぎました。団塊世代のやや下のおじさんマモジイです。
          勤務先でも自転車に乗っていても周りは自分より若い人ばかりになってきました。

          自転車・カメラを始めとして、メカニカルな道具を使うのも眺めるのも大好きです。
          道具は使ってなんぼ、機能を追求したデザインが好きです。
          色気のない無骨な形でも、優美な形でも必然的な形が好きです。
          自転車、カメラ、時計、悪条件で酷使されても働き続けるものが美しいと思います。
 
          好きなカメラと共に、愛車で山里を走る度に幸せを感じます。
          これからも秋川・平井川サイクリングを中心に、充実したページにしていこうと思いますので、
          よろしくお願いいたします。 私の車歴を載せました。
          

          日本スローライド協会会員          
                                       後輩が描いてくれた似顔絵です。若く描いてくれてます
                                                               

自転車日記
  10月   ドロップバーの末端にはめるバーエンドキャップは2タイプあります
        バーテープに付いてくるプラスチック製のはめ込みキャップと、ネジ止めでしっかり固定できるキャップです。
          私はツーリング中に気づいたらキャップが外れていたことがあり、
          それ以来フロントバッグには一つキャップを入れておくようになりました。
          アルミ削り出しのおしゃれなネジ止めキャップを付けたい気持ちと、
無駄な重さを少しでも削る視点からシンプルな
        プラスチックのキャップの方が合理的だという気持ちがあります。そんなことを考えている時にサイクルブティックで
          珍品バーエンドキャップを見かけました。
                
更新・・・珍品パーツ(バーエンドキャップ)   

  9月B  再びのこぎり屋根の工場群。訪問したのは隣町青梅市です。
           青梅は青梅街道の宿場町で古い町並みや、映画の看板で有名です。
           今回は、紡績の町でもあった青梅市に残るのこぎり屋根の建物だけを巡りました。
           桐生市と比べてもかなりの数の工場が残っていました。今まで全く知らなかったので驚いたと同時に嬉しかったです。
             

            更新・・・青梅ののこぎり屋根工場

  9月A  自転車の絵のついたワインを飲みました。おいしかったです。
             
         シリーズ化されているようで、いろいろな絵があります。
            以前は自転車の絵だけだったのに今回は赤い花が咲いてます。私には花の名前が分かりません。


  9月@   ツーリングではない旅行の途中、桐生市内を3時間自転車で走る時間がありました。
              
前回桐生市内を走った時は、のこぎり屋根工場を少ししか見られませんでしたので
             今回はGPSに工場の場所を入力して回りました。3時間では全部回りきれなかったので次回の楽しみにします。

              いい感じの木造3連のこぎり屋根

              更新・・・桐生ののこぎり屋根工場群


  8月     例年にない長雨のおかげでツーリングに出られませんでした。
            革のサドルやブレーキカバーにカビが生えてしまったので、風に当てるために近所を走りました。
            雨に降られるのいやだなと思い、信頼する天気予報のサイトを見ると、今日は曇り空ながら降水確率は0とのこと
            安心して走り出しました。平井川沿いの道を行くと緑色になっているところがいっぱいありました。
                 
            コケの色でしたが、コケは石の細かい隙間にあるため滑る心配は殆ど無しです。
            たまには湿った道を走るのもいいなと思いました。

  7月A   北関東を走りました。目的はまだ行ってない宿場町・境町と桐生市ノコギリ屋根工場群です。
            ガイドブックによると境町は旅籠の並ぶ宿場ではなく養蚕農家に見るべきものが多いと書いてありました。
            利根川を渡った県境にある島村の養蚕農家群は素晴らしかったです。
            サイクルトレインと渡し船を利用しと結構楽しいコースができました。
                 
更新・・・北関東を巡る


  7月@    猛暑日でしたが、川口川沿いを八王子に向かい、ランチを食べて谷地川沿いを帰りました。
             気温は高かったですが、走っている時は体に風が当たるので「歩き」よりは安全な気がします。
             暑い日はアイソトニック飲料が頼りです。飲み終わる頃にはお湯になっています。
             よほどの山道以外は自動販売機が至る所にあるのでありがたいです。

             更新・・・自転車と装備のページ少し書き直しました。

  6月A   自転車のパーツで作られた作品。制作はサイクルブティック店長。本家はなんとマルセルデュシャン。
             
   更新・・・珍品アート

  6月@   2016年4月にオープンした「戸倉しろやまテラス」でお昼を食べてきました。
            廃校になった旧五日市町立(あきる野市立)戸倉小学校が、当時の校舎とグランドをそのままに
            研修センターとして生まれ変わりました。

         レストラン「食飲室」は、床・テーブル・椅子が新しい木材で作られていて清潔です。
            オープンテラスもあり、グランドを見下ろす高台にあるので素晴らしい景色です。
 

          

         メニューは何種類もの定食があり、どれもおいしそうですが今日はお薦めの人気商品「給食プレート」をいただきました。
            ごはん・ミートボール・サラダ・ちくわ天・果物・コーヒー牛乳で980円。おいしかったです。

           
         高台の駐輪場には自転車用のラックもあり、敷地は余裕たっぷりなのでグループの方にもお薦めです。 
            一般客はランチのみ利用可です。
詳しいことは下記テラスHPで確認して下さい。

            戸倉しろやまテラス(リンク先 http://tokura-taiken.jp/restaurant/ )

  5月A   
            休日の午後、ゆっくり町内の裏道を目的もなく走り始めました。
            ライジン23C(スポルティーフ)のドロップバーをオールランダーバーに変更した新仕様です。

            不満だったセンタープルブレーキの感触が劇的に良くなったので、下りを楽しもうと思い養沢川沿いに向かいました。
            
            最後は行き止まりの道ですが、上の方まで舗装されていますので細いタイヤでも快適です。
            車も殆ど通りませんが、それだけに下りや見通しの悪いカーブでは注意が必要です。
            約30分のダウンヒル。武蔵五日市駅近くのお薦めショートコースです。
           更新・・・・きりんかんの写真追加

  5月@  上毛電鉄の全駅写、サイクルトレイン、桐生市歴史的建造物見学の欲張りなツーリングに行きました。(4月)
        今までは町並み保存地区を、現地で見る地図や看板と町の雰囲気で大体もれなく回れてきました。
          しかし今回は油断があったようで、帰ってから調べたら、見るべき物を結構外していました。
          もう一度サイクルトレインに乗る口実が出来たので、往復トレインで新ルートを考えようと思いました。
              
更新・・・上毛電鉄&桐生歴史的建造物大胡電車庫(博物館)

  4月A
       
         連休中近所を走っていたら、見たことのない小型トラックがありました。
            ネットで調べたら「築水ライガー4WD」でした。小型特殊自動車に分類されます。
            最大の特徴はボディが列車のように曲がるので回転半径が小さく、
            さらに写真のように荷台が捻れるように傾くので接地性がよく、4WDのおかげで悪路の走破性能が抜群だそうです。
              空冷4サイクル、前進4速・後退2速マニュアルミッション、最小回転半径2.95m、登坂能力25°、最高速度14.3km、
            まさに農家で働くための特殊車両。私の大好きなジャンルのマシンです。お値段は約150万円。

  4月@    東海道三河に行きました。
           1日目蒲郡シーサイド、2日目旧宿場町と豊川稲荷。
         今回は家族が一緒なので宿の到着や移動での制約が多く、距離は短めにしました。
             更新・・・蒲郡シーサイド御油宿・豊川稲荷

  3月B   電池切れのために止まっていた時計を眺めていたら、もう一度動くところを見たくなりました。
            30年位前に購入したボタン電池で動くクオーツ時計です。
            機械式に比べて驚異的な精度を持ち、軽くて安価なクオーツ時計がたくさん出ていました。
            欠点はボタン電池の交換が面倒なことと交換費用が結構高かったことでした。
            電池交換不要のキネティックやソーラーウォッチの登場で、ボタン電池式は魅力がなくなりました。
            しかし当時の遊び心に満ちた時計の動きは捨てがたいものがあります。
            ボタン電池の型番を控えて電気店に向かいました。電池も昔より安くなりました。
                
更新・・・昔のクオーツ時計(ボタン電池)

  3月A      更新・・・エアロステム 

  3月@   ソーラーポジションライトを付けました。
       
        交通安全キャンペーンでもらったソーラーライトキーホルダーをフロントバッグに付けてみました。
        点滅はしませんが3連ライトなので明るいです。
          装着はアルミ板を切って穴を開けてとか、ベルクロテープを貼ってとか考えましたが、
          工作用の板を切って輪ゴム留めが一番軽くて簡単でした。地図を固定するためのクリップで着脱も簡単になりました。
          見かけはちょっと安普請ですが気に入ってます。
          実際にトンネルで使用してみましたがポジションライトとしては充分な明るさでした。

  

  2月A  東武小泉線沿いを走りました。(1月)
           地方のローカル線沿いを巡るのが好きです。自転車の旅だといろいろな駅舎を見ることが出来ます。
           ローカル線と言えば山の中、畑の中の木造駅舎がイメージされますが、今回の小泉線は住宅街と畑の中を走る通勤線です。
             
更新・・・東武小泉線

  2月@  珍品パーツの更新です。ちょっと古いエアロヘルメットです。 
          更新・・・エアロヘルメット
  
  1月A  いつも余所のローカル線ばかりを訪ねているので、正月は地元のローカル線「五日市線」の駅舎の写真
          などを集めて五日市線案内を作ってみました。輪行の方や鉄道好きの方の参考になれば幸いです。
          空身のミニベロで回ったので旅の雰囲気にかける写真が多いかも。
          案内ページでは、駅のすぐ前にある食事処をご紹介しましたが、このエリアにおいしい店はまだたくさんあります。
          お食事マップも近いうちに作成したいと思います。
          
   更新・・・コースガイドの中に五日市線案内
↑2017年
  1月@ あけましておめでとうございます。
          (ブログ「星時々山」より掲載)
          登山家で星の写真家の友人O氏のブログ「星時々山」とリンクさせていただきました。
             O氏はローパスフィルターを(自分で)外した1眼レフとPC制御の望遠鏡で天体を撮っています。
             この星雲の写真はO氏の作品で、ISO1600、3分露光だそうです。他の作品もすごいです。

          O氏には七面山からの赤沢宿の写真も頂きました。
            更新・・・・・リンク星時々山 星の写真は氏のブログの2016年10月30日を見て下さい。)
↓2016年
      12月 静岡県の工場街を走るローカル線・岳南鉄道を見ながら走り、駅の写真を撮ってきました。
               
            田子の浦港の漁協食堂は、しらす丼が名物なので寄ってみました。
               今回は輪行予定なので、分解しやすい23Cツーリング車(なんちゃってレーサー)で行きました。
               細いタイヤで田舎の少し荒れた舗装路でも走ってきたので気楽に行きましたが、
               町中では舗装の境目とか鉄の格子状のドブの蓋等の、縦方向の段差が多くて気を遣いました。
                  
更新・・・田子の浦港&岳南鉄道@A
 
      11月A 久しぶりに珍品パーツの更新です。正確には珍品工具です。
              更新・・・珍品パーツ「Le Mans Assist Tube


      11月@ 長年愛用してきた小型フロントバッグの取り付け部分が壊れてきました。
                古いバッグですが、使い勝手がいいので直すことにしました。

                
             ベルトが引っ張る金属の棒を革1枚で支えているので、革が破れるだけで使用不能になります。
                 あまりいい構造とは言えません。


               
             バッグがヨレヨレになった時に入れた塩化ビニールの箱(自作)を取り出します。
                 取り出したら割れている箇所があったのでガムテープで直しました。
                 壊れ方が、次回カバンの内箱を作るときの参考になりました。

                    
                 革のベルトを内側に着けたアルミ板に回します。これによって板全体で力を受け止めるので
                長持ちしてくれると思います。青い箱についている白い四角形はベルクロテープを貼ったもので
                両側の蓋に付けたベルクロテープと貼り合わせて内箱のがたつきを押さえます。 

      10月A 近所の畑の中を走っていると、林の方から騒がしい音が聞こえてきました。
                工事でもしているのかと思ったらキジの鳴き声でした。
                 「キジも鳴かずば・・・・」の意味を実感しました。

               
             
      10月@ 身延の赤沢宿に行きました。
                最寄りの道の駅から、山の中腹にある旧宿場に向かいました。
                往復24km、標高差約300m、数値だけ見るとポタリングともツーリングとも
                言いにくいコースです。
                坂はきつかったけれど、赤沢宿は素晴らしいところでした。
                集落には休日営業の蕎麦屋が1軒あるだけなので、食料を持って行く必要があります。

               
                 更新・・・赤沢宿

      9月B  久しぶりの晴れ間の休日でしたが、車の定期点検があったので
            4時過ぎに自転車で走り始めました。
            地元なので、暗くなりかけても不安無く走れるのがいいです。
            圏央道が平井川を渡るところに観音橋があります。
            水道橋と並んだ橋で、最近掛け替えられました。
            ここにきれいな川沿い遊歩道が作られていました。まだ上流と下流に100m位ですが
            草花公園の近くの川沿い遊歩道といずれつながるのでしょう。
            走りやすくていい路面ですが、個人的には平井川の土手は舗装無しの土の道にしてもらえたら
            いいなと思います。
                
               観音橋の上流左岸  早くつながって欲しいような、このままであって欲しいような微妙な気持ちです。
                



      9月A  台風の影響で天候の悪い日が続きましたが、合間を見て走りました。
            富士山の麓、田貫湖周辺ポタリングです。

            私がシルバーのヘッドマークを作ったジュエリーショップ「シンパティカ」のHP
            にリンクさせてもらいました。奥様や彼女へのプレゼント、愛車のヘッドマーク等
            ご検討よろしくお願いします。
               更新・・・田貫湖・猪之頭ポタリング   SIMPATICA

      9月@
               
             長らく机の中で眠っていたセイコーダイバーAGSを動かし始めました。
                AGSとは、セイコーの開発したメカニズムで今はキネティックと呼ばれます。
                    ボディの中のローターが回転して発電し、充電します。
                    その充電された電池でモーターを駆動し、制御します。

             バッテリー交換の不要なクオーツ時計で、いつも腕にはめていれば止まることはありません。
             ダイバーなのでどんなに汗をかいても、水に濡れても大丈夫です。
             視認性も素晴らしいです。
             しかし長く静止した状態に置いておくと充電切れで止まってしまいます。
             この時計はフル充電6ヶ月駆動ですので、私はほっといても平気と思っているうちに
             気がついたら止まってしまいました。
             ソーラーウォッチの時代で、もうキネティックの役割は終わりつつあるのかと感じました。
             しかし、現在手頃な値段でオールチタン、ダイバー(リング付き)、曜日窓付きの時計が
             ありません。日曜日は赤い文字、土曜日は青い文字で表示される昭和感。
             レジスターリングは、冬にラーメン作りで3分待つときなどに便利です。
             捨てがたい魅力を再発見し、数日間時計を振り続けてフル充電まで持って行きました。
             サイクリングウォッチとして大切に使っていこうと思いました。


      8月   猛暑の平日、大井川鐵道輪行ツーリングに行きました。
            いつもの「静岡県サイクルツーリングガイド」を参考にというより、ほぼそのまま
            向きを逆にして「大井川輪行の旅」です。
                  青部駅

            輪行なので自転車は分解しやすいレーサーベースの23Cツーリング車、
            小型フロントバッグとウエストバッグで走りました。
                 
            ザックじゃなかったので、背中から熱気が抜けてくれてとても楽でした。
            また、派手な黄色のポロシャツを着ましたが車が注意してくれているのを感じました。
               更新・・・大井川鐵道輪行の旅

      7月A  山猫亭早朝ランに参加しました。
            暑くなる前に,早朝短時間のんびり走りましょうというものです。
            朝六時山猫亭を出発、裏道を檜原方面に向かい養沢神社に向かいました。
            行きは知らない間に結構上っていたようで、帰りは快適な下りを楽しみました。
                
             途中で休憩した「養沢毛鈎専用釣り場」管理事務所  コーヒー100円おかわり自由、お土産もありました。

            今回はロードで走るということで、オールランダーバーをドロップバーに換えました。
            ブレーキワイヤ内蔵なので、交換時は面倒です。
            トレッキングシューズにフラットペダルだと雰囲気を壊すので、古い(かなり)SPDシューズにしました。
            ランが終わり,家に帰って靴を脱いだら踵の方からパックリ!!
            黒い板状の部分がカーボン(多分)でできているのでかなり堅く、歩いたり引き足の時に
            常に底が剥がれる力がかかっていたためでしょう。しかしいくら古くてもこの壊れ方はガッカリ。
            接着剤だけじゃなく、縫っておいて欲しかったです。
                
            遠くにツーリングに行くときは、ゴ○○のトレッキングシューズが安心だと再確認しました。


      7月@  ブレーキシューが減ってきたので、いつもお世話になっているサイクルブティックに行きました。
            XTRカンチブレーキ用の交換シューはもう無く、現行品で間に合わせるしかないのだとか。
            現行品はゴムと台座一体型でシューの長さも短くあまりかっこうよくありません。
            ゴムだけで売っているブレーキシューは私のものには長さが足りませんでした。
            こうなったらギリギリまで使うしか無いと思い、いったんブレーキシューを外して、
            リムに当たる面をヤスリで削りました。新しいゴムの面が現れていけそうでした。
            取り付けて近所を走ってみたらすごくいい感じでした。
            昔読んだ自転車の本に、古くなったブレーキシューを削る話があった気がします。
            →  →  
            ツルツルになった面を削りました。細かい金属片も見つかったので取り除きました。

      6月    毎年、ホンダエコマイレッジチャレンジに参加している、あきる野市立東中チームの応援に行きました。
            会場は栃木県の「ツインリンクもてぎ」です。私にとっては5年ぶり。
            朝小雨が降っていましたがレース本番には晴れました。
            午前は車検と練習走行、午後に本番です。このレースは燃費の勝負です。
            与えられた燃料でどれだけの距離を走れるかを競います。
            お昼休みには、ホンダコレクションルームに行ってホンダの名車を見てきました。
            ホンダの名車珍車の数々、もう一度きてゆっくり見たいと思いました。
             リッチギンサーが乗ったホンダF1
               更新・・・・ 2016エコマイレッジ    2011エコマイレッジ


      5月    川口川に沿って八王子に行きました。
             街道を避けて裏道に行こうとしたら、初めて木造の橋を見つけました。
             何で今まで気づかなかったんだろうと思えるくらいいい雰囲気の橋でした。
             橋脚はコンクリートで橋桁は鉄ですが、渡る者には木造部分しか見えません。
             子供が元気よくこの橋を自転車で渡ると、沈下橋のようなゴトゴトした音を立てました。
           
                    どちらも東釜の沢橋

             八王子は歴史のある宿場町で、おいしい店がたくさんあります。
             しかも高いビルの中ではなく、通りに面した店が多いのでメニューを見てから安心して入れます。
             今日は「うな丼」にしました。(常連の方が多い安くておいしい店です。)
             帰りは谷地川を通って、忘れかけていた裏道にある木造の橋によりました。
             こちらも鉄の橋桁に木造部分を載せた形ですが、美観と車の通行と耐久性を考えたら
             当然の構造だと思いました。こういう橋が増えたらもっと裏道が楽しくなると思いました。
           
                 どちらも谷開橋
             雰囲気の違う木造の橋を2つも渡り、旅の気分を味わえた1日でした。

      4月A   ブレーキレバーのゴムカバーがかなり劣化してきて、汚れも落ちなくなってきました。
             このゴムカバーは復刻版もなく、もう手に入れることができないようです。
             幸い黒いキャップは頂いたものがあったので、革のカバーを被せてみました。
             ゴムカバーは複雑な曲面なので、革を密着させることは難しいです。
             そのため革を分割して貼り付け、少し浮かせた部分を残して置いて使いながら
             なじませていこうと思いました。
                → 
                よく見ると革の上部が浮いてるのが分かります。

      4月@   3月に東海道の旅をしました。
                 1日目の早朝我が家を出発し、まだ暗い東名を長距離トラックや営業車の流れを
                      邪魔しないように走行車線をおとなしく走っていた時、
                      追い越し車線を白い軽の走り家が速い速度で抜いてったと思ったら、4ドアセダンが
                      ものすごい勢いで追いかけていきました。なんだろうと思ってみていたら
                      セダンの屋根の赤いランプが回り始めました。時計を見たらまだ5時前。
                      こんなこともあるんだと安全運転を心がけようと思いました。

              さて旅は 
               1日目 伊良湖岬
               2日目 半田・常滑
               3日目 桑名の軽便鉄道北勢線
               4日目 四日市の軽便鉄道
             半島の岬、古い町並み、軽便鉄道と欲張りの旅でした。
             もし雨が降ったら何をあきらめるかの優先順位も決めておきましたが全日晴れたので
             予定通りに行きました。
             今回予想通りでなかったのは、軽便鉄道沿いの景色と駅舎でした。
             軽便鉄道はレール幅の狭いローカル線です。当然古い木造駅舎や沿線のひなびた風景
             を想像して行きましたがまるで見当違い。駅舎は統一されたモダンなデザインで、
             沿線は住宅街で、畑や山の中のひなびた木造駅舎も無し。お客さんも結構乗っていました。
             だからこそ、これらの線が生き延びているのだと理解しました。
             余所からやって来てひなびたローカル線が見たかったなど失礼な話だと思いました。
                 更新・・・伊良湖岬  半田・常滑  桑名・四日市


      3月B   房総の銚子に行きました。
             未明にあきる野を車で出発し、現地の公園に車を置いて
             漁港を巡りながら海沿いと、銚子電鉄沿いを愛車で走りました。
                  更新・・・銚子の海 銚子電鉄

      3月A
             
           自転車柄の手拭いを頂きました。
           手拭いとして使うよりも、何かの入れ物とかに仕立てたいと思いました。
           

      3月@ またまた自転車絵のワインを飲みました。(左写真)
         
           油絵風の実用車が描かれたチリ産の赤ワインです。
           右側の8年前に飲んだワインにはシルエットが描かれています。
           どちらもおいしかったですが、ラベルは右の方が好みです。

      2月  久しぶりに自転車の絵のラベルのワインを飲みました。
             
            3輪の運搬車です。ミディアムボディの赤ワイン、フランス産でした。
            昔に比べて外国のおいしいワインが安く手に入るようになり、いい時代です。
              

      1月A ミニポンプは携帯性はいいのですが、実際にタイヤを高圧にするときは苦労します。
           ゼファールのダブルアクションのミニポンプが使いやすいのですが、
           フロントバッグやサドルバッグに入れるにはやや長いので
           取り付け用バッグを自作しました。
                
           余裕があるので工具も入ります。ベルクロテープを直に使うとフレームを擦るので
           綿の厚手のテープにベルクロを付けました。
              
            現物合わせでバタバタした割りには、なんとかまとまりました。
            生地は、はけなくなったコットンパンツを使ったので安く上がりました。


↑2016  1月@ 明けましておめでとうございます。
           今年もよろしくお願いいたします。
                時計ページを更新しました。
                   更新・・・サイクルウォッチ


↓2015  9月A  自転車をしまう物置の屋根の小さな棚に、葡萄が実りました。結構甘かったです。
       
        更新・・・秋留神社の写真を換えました。新旧のカメラの性能の差を感じました。


9月@  久しぶりのツーリング、静岡県の沼津、狩野川に行きました。
     
     更新・・・沼津&狩野川


8月A 
       
      武蔵五日市で、花火大会が行われました。
      20年前に西多摩郡五日市町と秋川市が合併してあきる野市になったときに、
      五日市町主催の花火大会が中止になりました。
      数年後、小和田地区の方々が花火大会を復活してくれました。
      孫の誕生祝い、還暦のお祝いなどいろいろな思いのこもった花火が打ち上げられます。
      寄付だけで運営されている大会を14回も続けてこられるには、大変なご苦労があったことと思います。
      今年のパンフレットの表紙にある詩からも伝わってきます。
         「 闘う君の唄を
              闘わない奴等が
                   笑うだろう
           冷たい水の中を
              ふるえながら
                  のぼってゆけ 

                       みゆき 」
      
      いつの日か我が家のお祝いの花火をあげることを夢見ながら
      毎年、小和田の方々に感謝の思いで花火を見ています。

8月@ 厳しい暑さが続いていますが、たまにはどこか走りに行こうと思って天気予報を見ると、
     午後からは雷雨・大雨の予報です。本当に良く当たるので遠方を避けて近場を走りました。。
     猛暑の中でのサイクリングは辛そうに見えますが、常に体に風が当たるので見かけよりは楽です。
     もちろん水分は充分に取らないと危険です。

     日焼け止めの、べたつく感じがいやなのでアームカバーを付けて走ってみました。
     走っているときは通気性があるのでいい感じでした。
     これを濡らしたら気化熱で涼しいのではと思い、ボトルの水を両腕にかけてみました。
     水は熱いお湯になっていて、湯上がりの感じになってしまいました。
     すぐに走り出して風を当てましたが、気化熱の効果は感じられず、
     むしろ通気性が悪くなって不快でした。
     アームカバーの説明書には、汗を素早く乾燥させる機能があるとありましたので
     濡らすのは逆効果だったようです。逆効果といえばアームウォーマーというものがあります。
     見かけは似てますが、保温用なので夏に使ったら危険ですね。
     私、店員さんに聞かなかったらアームウォーマーを買ってしまうところでした。   
        更新・・・トップページにバス停の写真を2枚入れました。

7月 
     
     梅雨明けといわれた晴れの日、拝島方面に行きました。
     目標は、宮城県・岩手県の産地直送店、東日本大震災復興支援の食事処です。
     昼の定食がうまくて安いので時々食べに行ってます。
     おなか一杯になった後秋川沿いをぶらぶらしていると、西の山の方が黒い雲に覆われ始めました。
     夕立が近づいてるので、急ぎ足で帰り始めましたが家まであと2kmで捕まりました。
     閉まっているお店の前で雨宿りになりました。後からカップル2組が加わりました。
     しかし、自動販売機もなく立ったままでの雨宿りは退屈です。
     写真を撮ってみましたが、説明なしで雨の写真には見えなさそうです。
     20分ほどで雨も上がり、他の所で雨宿りしていたサイクリスト達もたくさん走り始めました。
     年配の女性が一人で走りに来てましたが、とても楽しそうに見えました。
     
     2011年に建て直された武蔵増戸の駅舎の写真を入れました。
        更新・・・・武蔵増戸駅舎
     

5月  愛車のページを少し変えました。スピナジーホイールの写真も追加しました。 

4月C 今回のツーリングも「静岡県サイクルツーリングガイド」のコースに行きました。
     圏央道が東名とつながったおかげで,静岡県が非常に近くなりました。
     コースは「天竜くんま旧街道の旅」です。
     朝4:30に車で出発、8時過ぎに道の駅「花桃の里」に着きました。
     ガイドではスタート地点が別のところでしたが、以前に秋葉街道ツーリング(これも静岡県サイクルツーリングガイド)
     に来た時に夢のかけはしが素晴らしかったので、今回のスタート&ゴール地点にしました。
        更新・・・・天竜くんまの旅@A


4月B 平井川沿いに遊歩道が整備されつつあります。
     写真は草花公園の上流の左岸にできた道です。(約200m)
     薄茶色の路面は白く反射して眩しいくらいでした。
     左に伸びる細い道は橋の下で途切れていました。
       
     いずれは写っている橋の対岸にある遊歩道(約200m)とつながることと思います。
     背景がごちゃごちゃして見にくかったライジンの写真を更新しました。
        更新・・・ライジン・スポルティーフの写真更新細部

4月A ランドナーのライトの位置をいろいろ試行錯誤してきましたが、
     写真のような位置に落ち着きました。
            
     キャリアに通常のライトを付けるパーツは現行品ではいいものが見当たりありません。
     ミノウラのボトル用パーツを流用して自作金具で取り付けました。
     最大の長所は、ライトの角度を左右に調整できることです。
     マグレとはいえ機能的にはうまくいきました。
           
     ツーリングに使うのでGPSと共有できる単3電池を使うタイプにしています。
     明るさは、街灯があれば路面は見えるのでポジションライトであれば充分ですし、
     街灯が無い真っ暗なところでは、ライトがそれほど明るくなくても路面はよく見えます。
     心細い時は、あと1本小型のものを付けるようにしています。
     次は焦点の調節ができる高級品に換えたいと思っています。

4月@ 東海道を走りました。。
     今回も参考は静岡県サイクルツーリングガイドの「東海道いいとこどりA」コースです。 
     安倍川から川沿いの道を走って、宇津ノ谷宿を見て焼津まで行きおいしい魚を食べて帰ってくるコースです。
     焼津の漁港は広くて漁港直営店が見つからず、港を歩いている地元の方に教えて頂きました。
              宇津ノ木宿入口
        更新・・・東海道 宇津ノ谷・焼津

2月B 静岡県の島田・金谷周辺を走りました。
              新金谷駅

          いつも参考にする静岡県サイクルツーリングガイドの「東海道いいとこどりB」コースです。
          朝5時に出発。圏央道が東名に繋がったおかげで、東海地区のツーリングがとても楽になりました。
          朝は−2℃でしたが海に近づくと段々暖かくなってきて助かりました。
          しかし風が強い一日で、下り坂なのにペダルを回さないと進まないような感じでした。
            更新・・・「自転車の旅」の中の東海道 島田・金谷

     2月A 地図を3枚追加しました。
          地図を描いてみて、
          北関東の川の位置関係がまだ自分でもよく分かっていないことを知りました。
            更新・・・「自転車の旅」の中の北関東B小貝川東海道

     2月@  なかなかツーリングに行かれないので、「自転車の旅」の各地の地図を入れました。
         今まで通りの絵地図で大雑把ですが、雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。
         まだ地図のないところもできるだけ早く入れていこうと思います。
            更新・・・「自転車の旅」の中の真鶴半島上信越房総半島遠州森町潮騒橋&御前崎


↑2015 1月  明けましておめでとうございます。
          今年は諸事情でサイクルブティック新春輪遊会に参加できませんでした。
         久しぶりに小峰峠旧道を走りました。
         車両通行止めは変わりませんが、柵や路面トンネルの雰囲気がずいぶん変わりました。 
         久しぶりがもう一つ、変わったベル3点をご紹介します。
            更新・・・小峰峠、珍品パーツ(メーターベル、チタンベル) 


    12月  東海道を走りました。
          大磯に車を置き、真鶴半島を往復しました。
          海岸線を走る西湘バイパスは、自転車どころか125cc以下のバイクも通行禁止です。
          そのため、アップダウンを繰り返す山岳風コースの走りになりました。            
        
           今回の目的地、福浦港はとても雰囲気のいい港でした。
              更新・・・ 東海道・真鶴

          西多摩以外のツーリングをまとめたページを作りました。また行きたい自転車の旅

                 
       

    11月  快晴の休日、ホームの平井川・秋川沿いを走りました。
            武蔵五日市→平井川→福生→多摩川→睦橋→秋川→武蔵五日市  (約25km)
         もう何十回も走ったコースですが、季節・時間・向きを変える度に新鮮です。
             
          この写真は、草花公園内の平井川遊歩道です。景色を独り占めしながらの走りです。
          未舗装ですが、とばさなければ700×28Cのタイヤでも快適です。
          もっとたくさんの方にこのエリアの魅力を知ってもらいたい反面、このまま静かであって欲しいとも思います。
          

    10月  埼玉県の川を巡るコースを走りました。
         今回はガイドブックのルートを忠実に走りました。
         久しぶりにウインドブレーカーを着て、ポケットのありがたさを感じました。
             更新・・・埼玉の川

     9月  久しぶりの珍品パーツ、2種類のタイヤチューブです。
          パンクレスタイヤの存在は知っていましたが、初めてそのチューブを目にしました。
          さらに25インチサイズのタイヤがあったことを初めて知りました。
             更新・・・パンクレスチューブ&25インチチューブ


     8月   静岡県の三保の松原のある半島部分を走りました。
          今回はソロではなく地元の作家S氏が一緒なので心強いです。
          ガイドブックでも紹介していないような裏道や、よそ者が目にできないようなところを回りました。
             更新・・・三保の半島
          

     7月A 房総半島を走りました。
          コースは海沿いではなく、小湊鐵道といすみ鉄道に沿って市原から大原まで走るやや山岳コース風。約60km。
          古い町並みではなく、古い駅舎と景色を楽しむ旅です。
          そして大原港でおいしい魚を食べて,帰りはいすみ線と小湊線に輪行して帰る欲張りな計画でした。
              更新・・・房総半島横断@房総半島横断A
         

     7月@ 久しぶりに日の出町を走りました。
          「日の出細工展示館」が休館中になっていました。ちょっと寂しいです。

          「組木絵ギャラリー おおぷなあ」が閉店されてだいぶたちますが、旧郵便局の建物をそのままに
          「星宿(せいしゅく)」の看板が掛かっていました。
          金曜日限定オープンのカフェであることを今日知りました。
          土日にお店の前を通っても開いてなかったはずです。
          近いうちに訪問してランチも食べてこようと思います。
               更新・・・・「星宿(せいしゅく)」 ,リンクページ更新  


     5月B またまた北関東の川へ。
            
          ルートも路面も良かったけれど・・・。
          益子の町でお昼にしようと思いましたが、開いてるお店も11時まで待てとランチを食べさせてもらえませんでした。
          私だけかと思ったら中年夫婦も私と同じようにガックリしていました。(休日なのに・・・、10時半なのに、観光施設なのに。)
          帰りの温泉だけでなく、お昼を食べるところと時間もしっかり調べる必要を感じました。
            更新・・・北関東の川B

     5月A 利根川沿いのいろいろな川を巡ってみました。
            更新・・・北関東の川@北関東の川A          

     5月@ 平井川に沿って遊歩道が整備されつつあります。
          下の写真は平井川の代田橋から上流に向かって400m位の区間です。
          竹林の脇を通るところはとてもいい雰囲気でした。
          これからもこの道が延びていくのが楽しみです。(右写真)
          自転車の通行が禁止されないことを願っています。
             
        
          武蔵引田駅の北側の秋留台地にはイオンモール(2007年開業)や住宅地ができました。
          開発以前に秋留台地で見かけた「平井っ原之碑」の行方が気になっていましたが、
          住宅地の中の公園に移動されていました。とても懐かしい気持ちになりました。
              更新・・・平井っ原之碑 現在の写真追加


     4月A 京王閣フリーマーケットに行ってきました。私が行くのは2回目です。
          今回は、外国人のマニアの案内も兼ねていました。
          彼は日本に来る前からいろいろ調べていたらしく、本所工業の700Cのマッドガードを
          形と幅を変えて3種類買うことが最大の目的でした。本所工業に直接電話したら小売店を紹介されて、
          そこで買って欲しいと言われたので、私がそこに付き合っていくことになっていました。
          しかし、フリーマーケットに行けば別のパーツの掘り出し物があるかも知れないし、
          駐輪場で素晴らしい自転車を目にできることを話して、こちらにやって来ました。
          とても楽しんでもらえました。
            
            彼の感想(1) 何で日本にカンパがこんなにあるんだ?
                  (2) アメリカの相場より安い。(カンパリアディレイラーお買い上げ)
                  (3) パーフェクト! (駐輪場の自転車オーナーの方々の話を聞いて)
          駐輪場でいろいろお話を聞かせていただいた皆さん、ありがとうございました。
          様々なタイプのトーエイ車をたくさん見せていただきました。
          ワタナベのオーナーの方は、帆布製フロントバッグとサドルバッグを装着。
          どこのメーカーか伺ったら自作と聞いてビックリ。
          もっと驚いたのは、ダイナモライトが手製のバッテリーライトだったことです。
          従来のブロックダイナモの中を抜いて電池が入るようにして、丸形のライトをつけてあります。
          スイッチは黒いゴムキャップを押します。言われないと全く分からない素晴らしい仕上がりでした。
           (その場でHPに載せることをお話できませんでした。差し支えがあったらご連絡下さい。)
             
          今回は、リムを買われた方が多いように思えました。
          それと、自転車柄の手ぬぐいを使ってキャップ、サコッシュ、シャツを販売するお店が新鮮でした。
          京都からいらしたそうです。こういうお店がもっと出店してくれたらもっと楽しいのではと思いました。
          私は、風神雷神の絵がプリントされたサコッシュを買いました。愛車のライジンに乗る時にぴったりです。
     

     4月@ 茨城県を走りました。
          渡良瀬遊水地にある「道の駅きたかわべ」に車を置かせてもらい、古河と結城の町並みを見てから
          小山の町を抜けて思川(おもいがわ)沿いを下りながら渡良瀬遊水地に戻る計画です。
          時間があったら遊水地の回りを走りたかったのですが、疲れと強風で断念しました。
          走行距離約60km、日帰り温泉も仮眠室があったので疲れが取れました。

          前回、走行距離が短いと思い小型ショルダーバッグで走ったら肩がこってしまいました。
          片方の肩に負担がかかったためと思います。両肩で背負うザックにするとカメラを出しづらいので
          小型ウエストバッグにカメラと財布を入れて、フロントバッグの上に載せたらとても身が軽くなり快適でした。
          荷物は身につけないで自転車に取り付けるのが良いというセオリー通りでした。
               更新・・・古河・結城・渡良瀬遊水地

     3月  群馬県を走りました。 
          上信越道富岡ICを降り、道の駅甘楽に車を置かせてもらいました。
          信越本線の廃線跡にあるレンガ造りのめがね橋を目標に、いくつか古い町を見ながら走る計画です。
          天候にも恵まれ、非常に楽しめるコースでしたが、日帰り温泉の選択だけは失敗でした。
          温泉がたくさんある地域なので、次回は疲れの取れる日帰り温泉を探そうと思いました。
             更新・・・甘楽町小幡・富岡・めがね橋

     1月A 静岡県・遠州森町を走りました。
          行き帰りの車の時間がかかるので、総走行距離26kmがちょうど良かったです。
          遠くに行ったときはいつも日帰り温泉に入って汗を流し、仮眠してから帰るようにしています。
          今回の日帰り温泉は、お湯はとても良かったのですが仮眠室がないのでソファで眠りました。
          体を伸ばせなかったので疲れが残りました。次回からは休憩室ではなく仮眠室も要確認です。
             更新・・・遠州森町

  ↑ 1月@  明けましておめでとうございます。
  2014    新春輪遊会(サイクルブティック主催)に参加しました。
          毎年参加させていただいてましたが、仕事と風邪でここ2回不参加でした。
          今回の参加者は全部で12台(人)、半分以上がランドナーでした。
          トーエイ数台、BSの名車も数台、サイクルブティックで組んだ新車のランドナーで走り初めの方もいました。
          私は例年クロカンで走っていますが、今回のコース(八王子市内・谷地川・平井川・武蔵五日市・八王子)
          を見てランドナー&フラットペダルにしました。結果的に読みが甘かったようです。
          ぬかるんだ泥道の急登、落ち葉のロマンチックな道に見えてもその下は石ころゴロゴロの上り下り、
          そして山岳サイクリング並みの担ぎ
            
          毎年コースを考えてくださる I 氏のコンセプトを不参加の3年間で忘れていました。
           「晴れていればランドナーで走れて多少の担ぎが入るコース」 
          走った人なら分かる味わい深い表現です。
          とは言いながら皆さんと共に変化のある走りを楽しみながらの1日でした。
          私は小峰峠旧道を越えた地点で皆さんを見送りました。
          皆さん今日はありがとうございました。又来年お会いしましょう。


  2013
  ↓12月A  茨城県を流れる小貝川沿いを走ってきました。
          我が町から車で行くと首都高速を抜けるので、早朝車で出発しました。
          近くの交差点でブレーキを踏むとバリバリと音がして、ブレーキペダルがガクガクしました。
          今シーズン初めてアンチロックブレーキが働きました。
          路面凍結! スピード出して無くて良かったです。
          8時30分に現地の公園に到着。今回も高低差が殆ど無いコース。
          楽しみだった沈下橋を眺めながらのんびりサイクリングを楽しみました。
          コースの路面も良く、人も自転車も少なくて、とても快適なコースでした。
              更新・・・小貝川サイクリング


   12月@  古い鉄道写真のサイト「ローカル私鉄と国鉄」にリンクさせていただきました。
          旧筑波鉄道の列車が走る写真とつくばりんりんロードの写真が対比されているページは興味深いです。
          近いうちにもう一度走りに行ってみたくなりました。我が武蔵五日市からさらに奥に伸びていた岩井線の
          記事もすばらしく、それによるとホーム跡と思っていた現自転車置き場は後から屋根がつけられたそうです。
              更新・・・「ローカル私鉄と国鉄」

   11月A  カメラページに私の使っているデジタルカメラを載せました。
              更新・・・デジタルカメラ

   11月@  ミニベロのチェーンフックのプーリーを黒から金に換えました。
                
          たまにしか使わないので、色も激しく剥げることはありません。
               更新・・・ TOPページ、コースガイドの写真(秋の写真に換えました。)
 

   10月   つくばりんりんロードに行ってきました。途中にある古い町並みが保存されている真壁町にも寄りました。
         このコースでは、サイクリスト同士挨拶を交わすことが多く、また楽しそうに走っている人が多いのが印象的でした。
             更新・・・・つくばりんりんロード  真壁町

    9月   2013東京国体が開幕し、ロードレースが 八王子市→あきる野市→檜原村→奥多摩町 のコースで
         行われました。町内盛り上がりました。
             更新・・・・国体ロードレース
                 武蔵五日市駅前 周回コース折り返し地点 


    8月   普段あまり乗らない23Cツーリング車で走りました。
         この車のタイヤトラブルについて、更新しました。
         ちょっと恥ずかしいのですが、お役に立てるかも知れないと思いました。
             更新・・・・・パンク始末記


    7月A 長距離というよりも、遠いところを走るツーリングに行きました。
         自転車で走った町と島の写真をご紹介します。
         下関・門司長府粭(ハマグリ)島長島

    7月@ 久しぶりのツーリングに行ってきました。
         琵琶湖東岸の町を巡り、びわ湖よし笛ロードを走りました。
         暑い日でしたが、水分補給さえしっかりすれば湖岸を吹く風は心地よく、快適なコースでした。(略図を入れました)
          
         町巡りでは、以前は大小の水路に目を奪われましたが、今回は板壁や板塀の木目の方に目が行きました。
            更新・・・びわ湖よし笛ロード  彦根 近江八幡・五個荘 長浜
  

    5月  ツーリング用ロードレーサーの黒いリアディレーラーをシルバーのデュラエースに変更しました。
         非力な私のワイドレシオに合わせてロングタイプ。デュラエース・ショートタイプ(これが標準)を何とかロング化しようと思い
         お店の方にも相談しましたが無理でした。
         フロントバッグも何とかつけてみました。
             更新・・・ロードレーサー

    4月A 新しい道を友人に教えてもらいました。
         新滝山街道で自転車専用道付き。早速走りに行きました。
         とても走りやすい道です。谷地川と並行しているのでどちらを選んでも楽しめると思います。
         簡単な地図も作ってみました。ヤフー地図にもグーグル地図にもまだ載っていない道です。
         ちょっと気分がいいです。
             更新・・・新滝山街道

  ↑ 4月@ 久しぶりの更新になりました。
  2013   珍品ページにライト一体型速度計を載せました。サイクルブティックで見せていただきました。
              更新・・・・珍品速度計

  2012
  ↓10月A 京王閣で行われた自転車のフリーマーケットに行きました。家からはちょっと遠く、午後に用事があるので電車で出かけました。
         駐輪場にはたくさんの高級ツーリング車。開場直後なのにもう、各お店には人だかりがしています。小諸の「SR堂」さんも出店されていました。
         今日は高価なビンテージパーツの見物だけで終わるかなと思っていたら、掘り出し物がありました。
         シマノXTペダル初期型、私も使っているやつですが200円の値札。
         私の前にいる人が軸を回したりチェックしていて、これは買われてしまうなと思ったら下に置いてくれました。
         私のチェックでは回転が滑らかとは言えないが、問題があるようにも見えなく、私の使っているものよりもプレートの減りは少ないようでした。
         最悪、プレートの予備であっても充分と思い購入しました。
         もう一品はあるようでない短いフック付きゴムひも1本100円を3本購入。
         小型キャリアに雨具をつけたりするときに市販品のゴムひもは長すぎて使いづらいと思っていたところでした。

        
          屋根付きの回廊のようにお店が並んでいるので、ぐるぐる回りながら見るのに最適です。 XTペダルとフック付きゴム紐。


   10月@ 久しぶりのツーリング、本コースガイドで名前が載っているだけの甲武トンネルの写真を撮りながら、相模湖、八王子を回りました。
         お昼は早めに相模湖周辺でとり、おやつに八王子ラーメンを食べる計画です。
         甲武トンネル、楽な道ではないけれどビンディングシューズのおかげで何とか登れました。
         それと年齢から来る衰えで、「早く進もうと思わずに、ペダルを回していれば着く。」という心境になれたことも大きいと思いました。
         530号線沿いでおしゃれなカフェ&レストランを見つけ、地元野菜がたくさん入ったカレーライスを食べました。
         自転車専用のスタンドがあったので、自転車の人も結構来るのだと思いました。
         そのうち駐車場には高そうな白いベンツ、大型のBMWオープン2シータ−、ミニクーパー、名前の分からないイタリア車等
         たくさんの外車がとまり始めました。小さい犬を連れた人も多いです。
         最初からこうだったら、小心者の私ではちょっと入れなかったかも。
         でも値段も普通で、マスターも気さくな方でいい雰囲気のお店でした。友人にも紹介したいと思いました。
         食後、相模湖に向かうために20号線に出ました。今までの道に比べて車が多く、道が狭いところではどぶ板の上を走りました。
         相模湖の湖岸は広くてゆったりしていて休憩しやすかったです。
         昼寝したいところでしたが、まだ大垂水峠が残っているので缶コーヒーをゆっくり飲んだだけで休憩終わり。
         大垂水峠は車が多く、気力体力の余裕がなく、写真を撮る気持ちになりませんでした。
         次回はこういう雰囲気の道の写真にチャレンジしたいと思いました。
         
         八王子ラーメンとは、「醤油スープ、表面を覆う油、刻みタマネギ」を満たすものと八麺会のHPで定義されています。
         私も大好きなラーメンです。この日は元祖と言われるH店に行きました。4時頃でも開いているありがたいお店です。
         若い頃はスープを飲み干しましたが、今は少し残すようにしています。
              更新・・・・甲武トンネル
         

    9月   5月以来全然更新できませんでした。下の7月の分も9月に書きました。
         体調は良かったのですが、身の回りでいろいろなことがあって夏のツーリングも今年は中止しました。
         秋と冬は出かけられそうなので、ツーリング記事をたくさん加えていきたいと思っています。

         あきる野市は来年の東京国体(2013スポーツ祭)の自転車ロードレース会場になっています。
         その予行のレースが9月の休日に行われました。
         八王子をスタートし奥多摩周遊道路を越えて小河内ダムまでのコースです。
         うちの近所もそのために道路が1時間閉鎖されました。近所の爺さん婆さんも大通りに出て観戦。
         30分以上待って、集団があっという間に通り過ぎていっても皆さん満足顔でした。
         レースよりも警備陣の準備の周到さ、当日の手際の良さ、正確さ、が印象的でした。
             
             東京のシンボル ユリカモメのアスリート「ユリート君」のロードレース版です。


    7月   小諸のレトロサイクルショップ「SR堂」に行きました。
         有名メカニシャンのIさんと一緒に行ったので心強かったです。
         Iさんはビンテージサイクルから最新レーサー・MTBまで何でも得意で、クラシックパーツにも精通し、
         レースも山岳コースも走りキャンプもこなす方で、私はいつもいろいろなことを教えてもらってます。
         どうせあの辺に行くのなら少し走りましょうということで、北国街道の宿場をいくつか走ることにしました。
             
          町並みがよく保存された朝の海野宿、この道を普通に地元の車が走っていきます。

          「SR堂」さんのようなお店になるとどんどんパーツの方からやってくるようで、あまり人気のない国産パーツも
          小物もかなりストックされているそうです。珍品パーツもたくさん見せていただきました。
          雑誌に出ていたルネエルスのキャンピングも見ました。印象は優雅と言うよりもゴツイ感じ。
          もちろんきれいな仕上がりですが、キャリアのパイプの太さや溶接のロウの量はエレガントと言うよりも
          実用重視の感じです。
          Iさんとご主人のお話の合間に、私はグランコンペのセンタープルブレーキGC450を買いました。
          ブレーキレバーとセットです。新品同様、あまりの仕上げの美しさに手が出てしまいました。
          今のところ眺めてるだけですが、何とか使って楽しみたいと思っています。
          「SR堂」さんのところに行く時は、今何を必要としているかよく考えてから行く方がいいと思いました。


    5月   へたりかけた小型フロントバッグの中に、自作の箱を入れてみたらシャキッとして見違えるようになりました。
         青空も広がり、気分良く近所を走っていると黒い雲が出てきて雷も鳴り出しました。
         途中で雨が降ってきたら避難できる場所を考えながらのルートで、大急ぎで家に向かいました。
         結局雷雨に捕まり、誰もいない大悲願寺の山門で雨宿りさせてもらいました。
         雷雨の中の山門、黒澤明監督の『羅生門』を思い出しながら、ぼんやりと過ごす時間が楽しかったです。
         雨上がりの道は、泥除けの着いたランドナーが快適でした。やはり旅の自転車はこのタイプが最適と思いました。
              


    4月A 静岡県の潮騒橋と御前崎を走りました。
            ←潮騒橋 
         不思議な雰囲気を持つ魅力的な橋です。
             更新・・・潮騒橋&御前崎


    4月@ 四月は異動の季節です。この4月から職場を異動される方から手ぬぐいを頂きました。
           
         各タイプの自転車の特徴をつかみ、デフォルメもすばらしいです。
         描いた方はかなりの自転車好きか、すごい観察眼の持ち主と思いました。

         更新は、珍品MTB用26インチ・チューブラーリム。
         チューブラーブロックタイヤをリムに接着剤で貼って悪路をガンガン走る、平静な心で走れるものか?
         実際に走った方に感想をお聞きしたいです。
              更新・・・珍品MTB 用26インチ・チューブラーリム&タイヤ 

  ↑ 2月  今年の正月は、サイクルブティック主催・新春輪遊会に仕事の都合で参加できませんでした。
  2012   来年はしっかり準備して参加したいと思っています。
              更新・・・珍品エアゲージセット(英式バルブのキャップにエアゲージをつけたバルブです。)エアゲージセットの解説

  2011
  ↓12月A 私の愛車のバッテリーライトの取り付けは未だに決定版が無く、試行錯誤を続けています。
         今回手に入れたものはライトホルダーですが、仕上げもよく応用の利く形をしているのでご紹介します。
              
         値段も仕上がりの割には安いです。(800円少々)  
         他にもいろいろな色がありました。このカップで乾杯したらお酒もおいしくなりそうな気がします。
               更新・・・・ライトホルダー


   12月@ 珍品パーツ更新しました。「フレンチロック」 なかなかしゃれた感じの名前です。
               更新・・・・珍品パーツ「フレンチロック

   10月  「ツインリンクもてぎ」で行われた Hondaエコマイレッジチャレンジ に行ってきました。
         我が家を朝4時に出発、圏央道→関越→外環道→常磐道 で行きました。
         私の後輩(高3)が、中学生チームのチーフメカニックを務めているので応援です。
         車には、ブレーキやホイール等に自転車のパーツが使われていて興味深いです。
               更新・・・・Hondaエコマイレッジチャレンジ

    9月   夏の四国で愛車を駐車場で倒してしまいました。
         ちょうどそこに縁石があったので、ガードに模様のような形の凹みが!
         裏から手で押しても元には戻りませんでしたが、幸いタイヤには接触していないので走ることはできました。
         帰ってからお店の方に相談したら、ガードを外して裏からこつこつ金槌でたたいて直すしかないとのこと。
         何とかやってみようと決心するまで一月以上かかりました。
         →     
         凹みの線が水平なので、模様に見えるかと思いましたが、ちょっと無理のようです。
         玄関の前のタイルの上に布を乗せて先の丸い金槌でトントンたたきました。
         ちょっと板金屋さん気分でした。
         ガードに細かい模様がついて、何だと思ったら布の凹凸のようでした。そのまま直にたたけば良かったのかも。
         一番いいのは、鉄の金型に乗せてたたくのだそうですが、そんなもの家にあるはずないですよね。
         実際やってみていろいろ勉強になりました。次の機会があれば、もっとうまく直せそうな気がします。


   8月A  古い町並みを探す本をご紹介します。行った町に印を付けるのが楽しみです。
               更新・・・・古い町並みの本

   8月@  今年の夏は、四万十川を走りました。2日間、ほぼ下りの140km。
         すばらしいところでした。天候にも恵まれました。
         日程が1日でも前後にずれたら、すごい夕立にあうか、濁った四万十川を見るところでした。
         四国のように遠いところまで車で行くときは、無理をしないように途中で1泊して、その近くをポタリングすることにしています。
         今回は古い町並みがよさそうな龍野と、野良時計と武家屋敷で知られる安芸に寄り道しました。
         また、帰り道に瀬戸大橋の橋脚の立つ島を走りました。四国に近い与島です。
               更新・・・・四万十川 龍野  安芸  与島

   6月A   サイクルブティックに行くと、店頭に重装備キャンピング車がありました。
          丸石エンペラー 正統派中の正統派でしょうか。
              
          四国から走ってきて、東京でタイヤを探しているうちにサイクルブティックにたどり着いたそうです。
          そういえばこのお店は常連の方に加えて、いろんな人が流れ着いてます。(私もその一人ですが。)
          これから北海道に行き、日本一周を果たして四国に帰る予定だそうです。
          四国の山中を走り込んでるので、フル装備キャンピング車でも苦にならないようです。
          いろんな話を聞いているうちにカメラの話になりました。
          「やはり旅の写真は写りのいいやつで撮りたいよね。カメラは何使ってるの?」私
          「1眼レフです。もう写りがコンパクトとは全然違います。」彼
          一同ビックリ「え〜、この装備で1眼レフを使ってるの? どこに入れるの?」
          「フロントバッグですけど、これでいっぱいの感じです。」彼
          ペンタックスK20Dを持たせてもらいました。
          重い。この自転車を見た後なのでとても重く感じました。
          彼の若さを羨ましく感じた瞬間でした。
          その後、雨の中、キャンプ地に向かっていきました。
          いい旅になることを祈ります。

          今回の珍品は大物です。MTB初期の野心的なフレームです。
              更新・・・・珍品パーツ「FASTRAXGT ・CYCLONE
    

   6月@   久しぶりに珍品パーツ更新しました。
           「bassworm」というMTB初期の、試行錯誤の時代のものです。
          リア変速機のパフォーマンス向上にかける開発者の情熱を感じるパーツです。
              
          詳しくは更新ページをご覧下さい。
              更新・・・・珍品パーツ「bassworm
          

   5月     最近新しいところを走ってないので自転車ネタがないので、時計ネタを少し書きました。
              更新・・・・Simpaticaイベント情報

   4月B   故犬塚勉さんの絵画展を見に行きました。
          超細密な風景画で知られています。私も初めて画集で見た時に緻密な絵に引き込まれました。
          是非本物を見たいと思っていた時に、五日市町の旧家・小机邸で絵画展が3日間開催されるのを知り
          初日にランドナーで出かけました。
          車の人は駅前の駐車場に車を置いて歩くことになっています。
          五日市線のガードをくぐると結構な坂道を登ります。歩道をたくさんの人が歩いていました。
          どうも絵画展に行く人のようでした。皆さん歩きやすい格好をしていました。
          年齢は高めの方達なのにあまり坂道を苦にしていないようです。
          この町に住んだ画家の絵を、素晴らしいロケーションで見られるのは素晴らしいことと思いました。
          犬塚氏の絵はこちらでご覧ください。→犬塚勉絵画展公式ホームページ
          
           ★絵画展を見逃した方へ・・・・・近いうちに都内や関西で絵画展の予定があるそうです。
           ★絵画集(1500円)は武藏五日市駅前「やまねこ亭」でも販売しています。

                小机邸(都指定有形文化財)


   4月A   2月・3月仕事と花粉でほとんど走れませんでした。
          これからはいろいろなところに行こうと思っています。
          通勤に使っているレーサーのオールランダーバーをドロップバーに戻すことにしました。
          いつもお世話になっているサイクルブティックに出かけました。
          ステムは手持ちのクロモリ製ニットーUIを使います。もう製造していませんがとても好きなデザインです。
          このステムはアルミのような鈍い輝きを持っていますが、ダルメッキと言うそうです。
          説明によると何層にもメッキを重ねてあるそうで、通常のクロームメッキより強いそうです。
          バーはノーマルでいいと思っていましたが、ニットーのトライアスロンがお店にありました。
          特にトライアスロン用の設計ではなく、当時トライアスロンがはやっていたのでそれ用に黒っぽくしてあり
          トライアスロンを表す絵が刻印してあります。楽しいデザインと思います。
          バーをはさむ部分がアルミに比べて薄いので、雰囲気が変わります。
            

          
   4月@   学生時代に東北を旅行して田老の町に行ったことがあります。海の堤防の高さにビックリしました。
          かつて津波の大きな被害を受けたので、これから大きな津波が来ても大丈夫なように作られたものでした。   
          その見上げるような堤防を越えて襲ってきた今回の津波の恐ろしさは、想像を超えるものと思います。
          さらに復旧を拒む原発の深刻なトラブルを知ると、なんと申し上げて良いか分かりません。
          何か今の自分にできることを考えていきたいです。
          

   2月       更新・・・・リンク 福生のレストラン ボホム

   ↑1月   明けましておめでとうございます。
   2011   今年の正月もサイクルブティックT主催の新春輪遊会に参加しました。
          コースは、八王子→滝山城趾→秋川沿い→羽村→草花公園→小峰峠→川口川→八王子 です。
          今回のコースはよく知っている道で、あまり高低差がないので気が楽でした。私は小峰公園で分かれました。
          伝統的に様々な路面を走るコース設定なのでガード無し・フラットバー・ワイドギア・やや太めのタイヤ
          がぴったりと思いますが、ブティック店長が700×23C(20Cにも見えました)で石ころ&枯葉の林道を
          走破するのにはビックリです。いろいろなタイプの自転車が混在して走るのも楽しみです。
          一緒に走って下さった皆様ありがとうございました。
             
             草花公園で休憩    右の濃紺のT車は某誌の表紙を飾ったそうです。


  2010
  ↓12月A   GPSをハンドルバーに付けられるようにしました。
          今までの付け方だと、フロントバッグのふたが開けにくいことと路面のショックでガタガタ動いてしまうので
          使いにくかったためです。
          アルミ板を切って、曲げて、削って台を作り、衝撃吸収剤ソルボセインを着けてゴムバンドで装着です。
          バーへの取り付けはミノウラのボトルケージ用のパーツを使いました。
          走っていると結構衝撃があるようですが、ソルボセインのおかげかトラブル無くGPSは機能しています。
                更新・・・GPSの取り付け  ソーラーテールライト  

  12月@   アトリエ&ジュエリー 「Simpatica」 が新しくなりました。
                更新・・・・Simpatica

  11月A   オークションできれいなプーリーが出ていたので手に入れました。青と金の1個ずつ。
          ディレイラーに使うのではなく、チェーンフックのところに使います。
          機能最優先、虚飾廃止のはずの愛車に使うことはどうなのかと自問しました。
          しかし、重さは従来のもの9gから一気に6gに軽量化、さらに極めて僅かながら横風の影響を
          減らす効果も望めます。機能を向上させながらおしゃれも実現できました。
             
          今まで行った西多摩以外のページをまとめました。
                更新・・・もう一度行きたいところ  

  11月@   9月@に載せた異音の出るペダルを分解調整してもらったところ元通りになりました。
          きっとベアリングの玉がつぶれてたりしてるかと思ったら、内部はなんでもなかったそうです。
          さすがシマノ、しかも古い型だからコストダウンなどしていないのでしょう。
          このペダルをランドナーに着けて埼玉県の沈下橋を見に行きました。
          高低差がほとんど無い川沿いコースなのでSPDペダルは不要です。
          とても楽しいコースでした。季節を変えて何度でも行きたいと思いました。
          木造のまま良く保存され、また逆に派手に観光化されることもなく静かなままで残っていたことが感動的です。
          関係者の方々の並々ならぬ努力とセンスがうかがえます。是非このままの姿で保存していただきたいと思います。
                更新・・・・埼玉県の沈下橋巡り

   9月A   娘の自転車の後輪がパンクしたので直すことになりました。
          状況を聞くと駅に向かっていった時、交差点で止まったらいきなりバ〜ンとすごい音がしてタイヤがぺちゃんこになったとか。
          隣にいた人がビックリして見ていたそうです。
          以前私がチューブラータイヤで走っていてガラスのかけらでタイヤが裂けた時もすごい音がしたことを思い出しました。
          休日の朝、実物を見てびっくり。
          タイヤがすり減ってコードが見えています。肉が裂けて骨が見えるように、バラバラになった白い糸が見えていて
          黒いゴムの部分も円周に沿うように裂けていました。
          某ショップで、鍵が掛かったまの自転車を引きずってきたお客さんのタイヤがすり減ってコードが見えていたことも思い出しました。
          ホームセンターに行って同サイズのものを買いました。
          ママチャリには内装変速機が付いていたりスタンドやガードステーなどがまとめて止められているので結構面倒くさいです。
          組み立てる時に順番を間違えないようにデジカメで撮影をしてから分解スタートです。
          ママチャリを直してみて、スポーツ車の整備性はすばらしいと改めて思いました。

              本当の意味でボロボロになったリアタイヤ


   9月@   ランドナーの走りに違和感が・・・。
          左クランクが下に来た時にかすかに異音が出るようになりました。
          それも出る時と出ない時があるからなんだかいやな感じです。
          クランクを外して分解掃除しましたがそれらしいところは見あたりません。
          チェーンの可能性はなさそうで、BBの分解はイヤだなと思ってる時にもしかしたら
          サドルの革のギシギシいう音が足の動きと連動して出るのかもと考えてサドルを取り替えてみても変わりなし。
          ペダルの可能性も最初にちょっとかすめたのですが、手でいじってみても異常なさそうなのでその後ノーチェックでした。
          ペダルを取り替えて走り出したその瞬間にペダルがだめだったんだと分かりました。
          考えてみたらもう20年以上メインで使ってきました。若い頃は重いギアで坂を上ってましたし
          自転車を変えても、SPDペダルを使わない時は全部このXTペダルでした。よく働いてくれました。
          このペダルの次のモデルを持ってますが、両面を踏めるタイプではないので別に探さなくてはと思ってます。

              XTペダル初期型

          とびしま海道を走った時に使った地図をご紹介します。
          地図も、ガイドを兼ねた紀行文も素晴らしいです。
          この地図を眺めていると次の長い休みには宿を予約して行きたくなるでしょう。
                更新・・・・お薦め地図「しまなみ海道・安芸灘とびしま海道


   8月A   8月@の「とびしま街道」は広島県の呉市の近くです。 東京からはとても遠く、車で行くと1日がかりです。
          今の年齢の私にとって、1日で着いても次の日の走りが楽しいとは思えません。
          地図を見ながらちょうどいい中継地点を探しました。 東京と呉の真ん中よりやや呉寄りで、人は少ないが何か面白そうなところ。
          車が混みそうなエリアの先の明石泊にすれば2日目が楽そうでした。
                更新・・・明石稲美町ため池ランド

   8月@   瀬戸内海の、橋で渡れる島を走ってきました。
          メインは、しまなみ海道の西側にある「とびしま海道」です。
          本州本土から5つの島(正確には7つ)が魅力的な橋で繋がっています。
          四国に渡ったり本州側に戻ったりはできなくて、岡村島が終点の往復コースです。
          観光のために造られた橋ではないのでく、自転に対する配慮はされてません。
          しかし、島を巡るという意味では「しまなみ」とは全く異なる魅力を持つコースです。
          さらに地図を眺めていたら、橋で渡れる大芝島、田島・横島を見つけました。
          ガイドブックにはほとんど載っていない小さな島ですが、どれも海岸線に沿った道路が島を一周しています。
          「とびしま」の往復の日程を利用して、のんびり巡ってきました。
          お出かけ前に磨いたヘッドマークの写真も載せました。
                更新・・・とびしま海道大芝島田島・横島  シルバーヘッドマークを磨く

   7月     私のランドナーのヘッドマークでお世話になったジュエリーショップ・シンパティカが移転することになりました。
          新しいアトリエになっても銀製のヘッドマークが欲しい方や、奥様・彼女にジュエリーをお考えの方は是非ご利用下さい。
                更新・・・シンパティカ移転のお知らせ

   4月A   4月末、蕃椒(トウガラシ)まつりを見に行きました。
          場所は秋留台公園と草花公園の中間地点あたりの蕃椒(トウガラシ)地蔵尊です。
          あきる野には有名な「しょうが祭り」が行われる神社がありますが、トウガラシ祭りとはどんなものか興味を掻き立てられます。
          当日はとても天気が良く、近づいていくとお囃子も聞こえてきました。
          しかし、トウガラシの飾りこそ普段より増えているけれど、見物している余所者は私だけのようでした。
          そのうち焼き鳥を焼き始めたけれど、値段表も無いし売る感じではありません。
          何が始まるか分からず、お腹も空いたので一回りしてから又来ることにしました。
          30〜40分後に行ってみるとあまり状況は変わっていないので帰ることにしました。
          この蕃椒(トウガラシ)地蔵尊の雰囲気は好きなので、又来年のお祭りを見に来てみようと思っています。
          その時は何か美味しいものが食べられますように。
                更新・・・蕃椒(トウガラシ)地蔵尊


   4月@   花見サイクリングをしました。遠くへ行ったわけではなく、近所をブラブラしながら桜を探しました。
          秋川沿いも平井川沿いも先週ほど人は多くなく、静かな花見を楽しめました。
          誰も通らないような道なので、道路(歩道)に直に寝ていたら足音が耳のそばで聞こえてビックリ。
          犬を連れたおばさんでしたが、あちらの方がビックリしていたかも。きっと自転車がそばにあったので
          昼寝してると思ってくれたのでしょう。
          これからは檜原の花見が楽しみです。
            秋川の桜

   3月      更新・・・ シンパティカ 春のイベント・カフェ情報

   1月B  今年の1月はなんだか走りが充実した感じです。
         恒例の山猫亭新春林道ツーリングに参加しました。今回は職場の後輩K君と一緒です。
         K君は、スペシャライズドのシラスに乗る20代の若者で、山岳コースは初めてです。
         普段は地元で、なんちゃってロードレーサーをぶち抜いているそうです。
         タイヤは700×28Cのオンロードタイヤなので林道が少し心配でしたが楽しんでもらえました。
         当然上りでは先に行ってもらいました。下りでは私の方が年の功で少し早かったようです。(^_^;)
         台沢林道はまだ工事中でしたが、抜け道が造ってあり直ぐに麓の道に出られました。
            シラスとK氏

   1月A  最近3年間連続して、サイクルブティックT主催の新春遊輪会に参加させていただいてます。
         ショップ常連のI氏が計画を立てて下さいます。コンセプトは、「晴れていればランドナーで走れて多少の担ぎが入るコース」です。
         ところがランドナーで来る方は無し。ほとんどの方はガード無し、フラットバー、ビンディングペダル、オンロード寄りのタイヤです。
         フルサスMTBというのでもありません。「昔からこれで走っているよ。」という最新でもなくビンテージでもない昔風の普通の自転車達です。
         コースは、どうして町中なのにこんなにアップダウンがあるの? と言いたいようなオン&オフ・ハードコースです。
         走り主体なので、景色のいいところで写真を撮る余裕は私にはありませんでした。
         今回おニュー(古い!)のSPDシューズで行ったらドロドロのところで下りて押してしまったのでクリートに泥が詰まってしまいました。
         片面フラットペダルだったので、それからはフラット面で走りました。私にとって檜原の峠を登るよりきつく感じます。
         もう一つのコンセプト「大人の走り」は心地よいです。特に細かい打ち合わせもなく走り始めて、何となく順番が決まり、
         程良い休憩と、それとなく前と後ろを気にかけながらの走行。 来年も是非参加させていただくつもりです。
         一緒に走っていただいた皆さん、ありがとうございました。
             1枚だけ撮った休憩中の写真


  ↑1月@  明けましておめでとうございます。
  2010   正月梅野木峠に行きました。
         どんどん辛くなってくる登りの対策を立てました。
           @ インナー28T→26T に交換。
           A 片面SPD&片面フラットのペダルに交換しました。 ビンディングを外した時も踏めるので快適です。
              シューズの固い底も走りを助けてくれます。
           B 調子の悪い6速フリーを名メカニックの方に直してもらいました。
              自転車はほんの僅かな違和感が、走る気持ちにブレーキをかけていることを知りました。
          おかげでとても楽に登れました。1/17(日)に山猫亭ツーリングでまた梅野木に来るのが楽しみです。
                  更新・・・梅野木峠  
          
        左 見晴らしが良くなった梅野木峠      右 台沢林道は通行止めでしたが、この先は完成しているらしいです。     
              
  2009
  ↓12月 多摩川の支流・谷地川の案内を載せました。
       谷地川は八王子市戸吹町から滝山街道沿いに沿って多摩川に合流する1級河川です。
       秋川・平井川とは兄弟のようですが、雰囲気はかなり異なります。
       距離は短いですが高低差もあまりなく、お薦めのコースです。
              更新・・・谷地川

  11月A 1年ぶりに飯田・天竜峡周辺を走りました。飯田市の方をメインに各地から集まった飯田を愛する人達と一緒です。
       車種は様々、年齢は中年中心(私が高年)。中心のS氏を始め紳士ばかりなので本当に楽しい2日間でした。
       これからもっとたくさんの写真を撮って飯田の魅力をお伝えできたらと思っています。
              更新・・・飯田&天竜峡

  11月@久しぶりに出かけた都会の町、いつもの中古カメラ店を覗きました。
       ジャンクカメラコーナーを見てびっくり。ずっと探していたペンタックスauto110のジャンク品がありました。
       レンズ無しも私の目的にはぴったりです。値段もネット相場に比べると激安でした。
       これで私のペンタプリズムコレクションも、最小のものから、最大のものまで揃い一応の区切りがつきました。
              更新・・・ペンタックスauto110のプリズム 


   9月  キャットアイのLEDポジションライトの電池交換をしました。
       小さな青色のLEDひとつですが夜間の対向車には非常に効果があります。 
           
       腕時計の電池交換も何とかやってるので、こんなもの楽勝と思っていましたが
       ボタン電池の番号を間違えて買ってしまいました。
       お金もさることながら、使える電池を捨てるのもしのびないのでなんとか考えてみました。
                更新・・・電池交換  シンパティカ イベント・カフェ情報

   8月@ 郡上八幡・高山周辺に走りに行きました。1日目は雨だったので郡上八幡は歩いて回りました。
        そのためポスターで見るような水路のある裏道散策はできませんでした。
        2日目は晴れたので高山、古川間を往復しました。山と渓谷社の「東海自転車散歩」で紹介されていたコースで
        とても快適な道でした。
              
             郡上市内の川、大雨のためすごい水量でした。                    古川市内

                更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報  7速レーサーをXTRで9速に

   7月   しまなみ海道を走りました。
        全部の橋を渡ることはできませんでしたが、それに劣らない魅力的な島の旅を味わうことができました。
        夏休みはもう終わったような気分です。
            更新・・・しまなみ海道

   5月A 海沿いを走りたくなり、東海道に行ってきました。
        本サイトでも紹介している「静岡県サイクルツーリングガイド」の中の富士川〜蒲原〜由比〜清水ルートです。
            更新・・・東海道の旅

   5月@  中古カメラ店でミノルタの110フィルム1眼レフを手に入れました。
        110カメラとは思えない機能とつくりです。
        ミノルタカメラがなくなったのが本当に残念に思えます。
        フィルムを入れてますが、なかなか出番がなく1本撮り切れません。
             更新・・・ミノルタ110zoomSLRmarkU

   4月A 休日、八王子まで走り、ラーメンを食べてきました。
        八王子の町はラーメン激戦区だそうで、確かに昔より構えも綺麗でおいしそうな店が増えました。
        八王子行きでいつも使うのは川口川沿いの道ですが、一部はどうしても狭い秋川街道を使うので
        快適とは言えませんでした。地図をじっくり見てもどうもいい道が思いつきません。
        そこでGPSを使ってみました。よく知っているエリアで使っても意味はないと思っていましたが、
        そんなことはありませんでした。裏道に入り、周りの様子を見てどんどん脇道に入り、現在位置と道
        を確認しながら走るのがこんなに楽で楽しいと思ったのは初めてです。知らない町を走る時だけでなく
        よく知っていると思っている町中を走る時もGPSはとても有効でした。トップページの写真の菜の花と
        桜の道もGPSがなかったらきっと走ることのないと思える道でした。
        そうそう、ラーメンの味はどうだったか? つけ麺を食べました。Wスープに酸味と唐辛子の辛みが効いて
        おいしかったですが、なんだか私が行ったことのあるつけ麺は皆同じような味に感じました。きっとおいしい店
        の味はすぐに研究されてしまうのでしょうね。今や昔ながらの醤油ラーメンを食べさせてくれる店は貴重になって
        きてると感じました。

   4月@ この冬は仕事が忙しかったことと花粉のため、ほとんど走れませんでした。
        もう少ししたら、檜原の遅い花見サイクリングを楽しんで綺麗な桜の写真を載せたいと思っています。   
              更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報

   2月   更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報

   1月A 山猫亭主催の林道ツーリングに行きました。
        天気予報は「昼間は晴れ・夕方から雨」ですが、朝空を見上げると黒い雲がいっぱい。
        雨具を着て集合場所・山猫亭に行き、暖かいお茶をいただき、今日のコース地図をもらって出発。
        まず、五日市町内の朝市に寄りました。先着100名限定の甘酒のサービスがありがたかったです。
        これから走るのに重くなるのもどうかなと思いながらも干し柿を買いました。
        とてもおいしかったです。お店の方が薦める小粒の方を買って正解でした。

        瀬音の湯周辺は新しい橋が出来て、自転車にとっても安全で快適になりました。
        新道はしっかりした歩道があり、旧道は車が来ないので静かに走れるというありがたい結果です。
        一部凍結した西青木平橋を渡り、初めての川沿いの小道を走り高度が少し上がると雪がちらつき始めました。
        少し戻り始めると雲が切れて明るくなったので、コースに復帰して林道星竹南沢線を上りました。
        全然ペースが上がりません。正月に行った梅野木峠の方が楽な感じです。
        寒さのせいなのか、今のギア比ではもう上りはだめなのか、いやブロックタイヤにしてビンディングシューズを使えば
        まだいけるはずだ、とかいろいろ考えました。
        一番の原因は天気でした。いつも私が地元の峠に行く時は快晴の時ばかり。
        だから、曇り空を見ただけで今日は早めに切り上げようという気持ちになってしまうのでした。
        梅野木峠はパスして、武蔵増戸の近くのミニ林道・ミカン沢線を初めて走って帰りました。
               西青木平橋



  ↑1月@ あけましておめでとうございます。ご訪問ありがとうございます。
  2009
        正月休み、梅野木峠に登り梅野木林道の南側の林道(台沢林道)を見に行きました。
        数年前から工事が始まっているのですが、なかなか下の道と繋がりません。
        そろそろ完成かなと思っていってみましたが、残念ながら下の写真のようにまだ未通でした。
        工事が完成したら梅野木峠からのとても魅力的なルートが出来るのでとても楽しみです。
              
         

  2008
  ↓12月  3日「いい旅夢気分」でジュエリーショップ・Simpaticaが紹介されました。
        とてもいい感じでした。
        先日、天竜峡に行き、自転車で近所を走ってきました。
        ろくに調べないで行ったので、GPS頼りの行き当たりばったりのコースでした。
        旧街道や飯田市街について教わったので、次はいいとこ取りのコースを走るつもりです。
             更新・・・天竜峡

  11月A 本サイトで紹介しているジュエリーショップ・Simpaticaがテレビ東京12/3放映「いい旅夢気分」で紹介されることになりました。
        いつも見ている番組なのでとても嬉しいです。お時間があったら是非見て下さい。
        もし、パーツ代の余りがでたら彼女にシルバージュエリーでもどうでしょう?

  11月@ 近所に出来た「三内ハウス」に行きました。
        素晴らしいロケーションのカフェ&ギャラリーです。
             更新・・・三内ハウス紹介ページ

        久しぶりに新宿の中古カメラ店に行ったら、ニコンF2フォトミックファインダー(ジャンク)がありました。
        値段もニコンのジャンクにしては格安のようなので手に入れました。それとキヤノンEOS700QDのジャンクボディ
        に不思議な模様の入った2段のミラーが付いていたのでこれもゲット。こちらはただみたいな値段でした。
        フォトミックファインダーの分解は興味深かったです。
             更新・・・ニコンF2フォトミックファインダー

  10月A 家族が買ってきてくれたチリ産のワインを飲みました。おいしかったです。
        ラベルの自転車のシルエットを見て選んだと言うのですが、よく見ると無骨な実用車。
        裏の説明によると農夫が農場へ通うための自転車だそうです。
        そう言われてみると、ロードレーサーのシルエットよりもこちらの方がこのワインにあっているような気がしてきました。
        かなり精密な絵です。
          

  10月@ 「自転車依存症」の白鳥和也氏のホームページです。
        まだ工事中のページが多いですが、公開が待ち遠しい内容でいっぱいです。
             更新・・・リンク 「素晴らしき自転車の旅」

   9月A 秋、お祭りの季節です。
        某ショップで、あるお祭りを見てきました。
        あまり綺麗とは言えない段ボール箱のふたになんと「イデアルまつり」の表記。
        そして中を見せていただくと、中古のイデアル4つ+新古品1つがあり、シールは擦れがありながらもすべて残っています。
        1枚革ではなく、プラスチックベースの革張りです。
        そして、驚くべきはその価格です。41326円(良4 い1 さ3 ドゥ2 る6)エスプリが効いてます。
        気に入った!と言って買いたいところですが、甲斐性のない私には手が出ませんでした。
        私に出来たことは、その日に買ったブルックス・チームプロの空き箱を、来たるべき「ブルックス祭り」のために
        お店に置いてくることだけでした。
             更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報 

   9月@ 勤務先で自転車を室内保管できる場所を見つけたので、しばらくランドナーで通いました。
        最初の1週間は気分が良かったのですが、やはり長距離を走る自転車なので仕事の往復に短時間乗るのは
        つまらなく思えてきました。現在は23Cをつけたオールランダーバーのレーサーで通っています。
        スピナジーホイールrevXにしているので乗り心地も良く非常に快適に走っています。
        ランドナーよりもレーサーの方がすごい自転車に見えるようで、室内保管の理解者が増えた気がします。
        シングルギアは、大学生の甥にあげました。保管場所に困ったことと、シングルギアで走る場所が今の私にはないからです。

        近所のお祭りに行き、夜景を撮ってみました。
        手ぶれ防止機能の効果は素晴らしく、山車や人はぶれてますが左下の愛車はなんとか撮れています。
        シャッタースピードは1/5秒でした。今度はしっかり準備して夜のお祭りを撮ってみようと思います。
              
               

   8月   更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報   GPSを使い始めました。

   7月   青梅に車の点検に行き、待ち時間に近所を走ることを数年続けています。
        いつも寄るところは青梅の古民家・吉野家です。
        初めて寄った時は冬の日に囲炉裏の火が外から見えて引き込まれるように中に入りました。
        市の係の方から入れていただいたお茶がとてもおいしかったです。
        今回は夏ですが、風が吹き抜ける部屋に上がって寝ころんでいると、田舎の家に帰ったようです。
        青梅街道に面しているので、うるさい反面、街道を行く自転車やバイクを眺められるので結構楽しめます。(無料です。)

           

        


   6月   山と渓谷社「埼玉・千葉自転車散歩」をガイドに、東松山・熊谷周辺を走りました。
        地獄沼周辺では道を探しながら走りました。状況によってはGPSより1/25000の方が頼りになります。
             更新・・・東松山・熊谷の旅  お薦め本2冊追加しました

   5月A 勤務先で輪行袋にしまうミニベロ通勤は、やはり現実的ではありませんでした。
        朝夕の分解組み立てが面倒くさくなってきました。
        我が家で錆び付き始めていたママチャリを磨いて整備して数日通いましたが、
        サイズが合ってないので疲れてしょうがありませんでした。
        もう日向の駐輪場で多少傷んでもいいから、なんちゃってピストで通うことにしました。
        シングルギアは慣れましたが、効きの悪いブレーキはシマノ506サイドプルに交換しました。
        新しいサイドプルブレーキの利きは素晴らしいです。レバーも古いけど600エアロに換えてバーテープもカーボンクッション
        とかいうミシュラン製にして気分新たになりました。

   5月@ あきる野市に住むTさんから初めてメールをいただき、東秋留橋〜東秋川橋の遊歩道が走れるようになったとのことで
        連休最後の日に様子を見に行きました。一カ所、台風で崩壊したところとは別のところが工事中でしたが、
        復旧した道はとても綺麗で走りやすかったです。
             更新・・・秋川ロード, 秋川台風の跡 写真追加

   4月B  山と渓谷社「埼玉・千葉自転車散歩」をガイドに、深谷周辺を走りました。
         短い距離でしたが変化に富んだとても楽しい旅になりました。
         今回新兵器ハンディGPS・ガーミン60CSXを使いました。素晴らしい性能で車のGPSとしても充分使えます。
         近いうちに詳しいレポートを載せますので見て下さい。
             更新・・・深谷の旅

   4月A  4月から近所に転勤になったので、慣れたら自転車で通うことにしました。
         しかし、職場に屋根付きの駐輪場はなく適当な倉庫も無いので、ばらして輪行袋に入れて部屋の隅っこに置くことにしました。
         休日にミニベロに輪行袋を付けて近所を走り、輪行袋に詰める練習をしました。
         ペダルも外さずに袋に入るので短時間で分解と組み立てが出来ました。
         ついでに秋川の工事箇所も見てきましたが、東秋留橋〜東秋川橋間はまだ時間がかかりそうです。
             更新・・・秋川の工事の写真入れ替えました。

   4月@  東京文学歴史散歩ガイドの載った知人のサイト《M@T’s Cafe》をリンクしました。
         都内サイクリングのコース作りの参考になります。
          New リンク M@T’s Cafe   更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報

   3月  久しぶりに、秋川ロードを走りました。
        台風で道が消失した東秋留橋〜東秋川橋間は、川の流れを大きく変えて復旧工事中でした。
        3月末が終了予定だそうです。完成したら以前より走りやすくなりそうで楽しみです。
            更新・・・秋川・台風の跡

   2月  房総半島の小さな漁港周辺を走りました。とても気持ちのいいところでした。
        帰ってから調べたら、近所に釣り人の泊まる料理のおいしい民宿があるようなので今度ゆっくり泊まりがけで来ようと思いました。
           

        バルブアダプターをいくつか手に入れたのでご紹介します。
        これがあるとパンクした時に、普通のスタンド式のポンプを借りて高圧の空気を入れることが出来ます。
              更新・・・バルブアダプター3種 

   1月A 山猫亭主催の「五日市日の出林道ツーリング」に参加しました。
        集合地点に行き、地図をもらい自分のペースで走ります。
        出来るだけ地元のお店を利用することが条件です。
        出発地点に行くと、フルサス・ブロックタイヤ・きちんとした装備の方達ばかりでした。
        私の愛車は、クロモリフレーム・700×32Cのオンロードタイヤでノーマルペダル。
        行動食をたくさん持って、休み休み景色を楽しみながら走る方針でした。
        今回のコースは星竹林道、焼岩林道、梅野木林道の3本立てで、もちろん全部走るつもりでしたが
        梅野木峠でお昼をゆっくり食べるため焼き岩林道はカットしました。道もかなり荒れていると言うことでしたし・・・。
        梅野木林道は私のようなノーサス・オンロードタイヤでも楽しめますし、もっと気楽な感じで多くの方が走りに来て
        くれたらいいのにと思いました。 
                山猫亭イベント 更新・・・ソーラーウォッチ1品追加

  ↑1月@ あけましておめでとうございます。
  2008  今年もよろしくお願いいたします。
        前から考えていた、五日市町内巡りとして三名坂のページを作りました。
        遠くから来た方に五日市町内の走りを楽しんでもらえたらと思います。

        台湾製の傾斜計を手に入れました。かなり古そうです。
        よく分かりませんが、MTB初期の頃のパーツらしいです。
        ゆったりした針の動きに癒されるようです。
           更新・・・五日市三名坂巡り ,珍品 傾斜計

 2007
 ↓12月A 更新・・・珍品 Straddle Rod,便利な用品Cap-on-Cap


  12月@ 押入にあったサザビーのカメラバッグを綺麗にランドナーのフロントに付けることが出来ました。
        ニットーの「便利ホルダー」は本当に便利でした。
        今までの小型フロントバッグは何とかしてサドルバッグにしたいと思ってます。
           更新・・・カメラバッグがしゃれたフロントバッグに

  11月A 更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報

  11月@ 福生南公園は、当分の間閉鎖される模様です。
        福生市からも大通りを使って迂回して欲しい通知が関係者に流されているそうです。
        サイクルブティックTで今度はなんと6速クランクを見せていただきました。
        しゃれとは思えないリアリティを感じました。ちょっと前までは10速スプロケットなど想像できなかったし、
        シマノのインデックスチェンジだって最初はお子様向けでした。
        もし実現したら 6×10→60段変速が可能です。もう無段変速も間近のような気がします。
          更新・・・珍品6速クランク

         
        もう一つ珍品「デュラエース ウォッチ」も見せていただきました。
        デュラエース25周年記念セットについていたものです。セイコーキネティックダイバーウォッチですね。
        クォーツの精度、200m防水、フル充電6ヶ月駆動、視認性抜群でセットに恥じない時計だと思いました。
             
  10月   台風のため通行できなかった東秋留橋の下が通行可能になりました。
        陥没したところは大きめの砂利で埋めてあるので細いタイヤではきついかもしれません。
        東秋留橋〜東秋川橋間の道が流された箇所は原始時代のような橋と踏み跡が出来ていました。
        もちろん自転車の通行は危険ですから他の道に回って下さい。
           更新・・・秋川・台風の跡   リンク・・・自転車大好きマップ
 
   9月A 旧甲州道、犬目宿と野田尻宿周辺を走りました。
        中山道などの有名な宿場とは違い、とても静かでただ通り過ぎるのを楽しむ感じでした。
        山の上の方にある町なので、走っている途中の景色はとてもよかったです。
        
        久しぶりにソーラーウォッチのページを更新しました。
           更新・・・ソーラーウォッチ

   9月@ 台風の過ぎた休日、秋川と平井川沿いを走りました。(五日市〜多摩川間)
        秋川ロードは川に近いところを走る道が2カ所崩れていました。
        平井川沿いはほとんど無傷で、いつもより水量は多かったですが少し濁っている程度でした。
        いつも会うカワセミ君も綺麗な青い翼を広げて元気に飛んでいました。
        台風で魚が捕れなくてお腹が空いているのかもしれません。
           更新・・・秋川・台風の跡


   8月A 静岡県富士川の支流、芝川周辺を走りました。
          更新・・・芝川水力発電所巡り 


   8月@ サイクルブティックTで、コッタード4速クランク「スギノ・ホワード」を見せていただきました。
        フォワードじゃなくて「ホワード」ですね。
        歳はとってるけどこの世界新参者の私は、現物を見せていただくまで存在すら知りませんでした。
        良く考えてみると、今の時代にあっても不思議ではないように思えてきます。
        個人的には正攻法のアプローチだと思うので、珍品コーナーに入れていいものか迷いましたが、
        珍しいことは間違いないのでご紹介します。
           更新・・・珍品スギノ・ホワード   シンパティカ イベント・カフェ情報追加

   6月A 養沢川の道を走りました。交通量が少なく静かでとても好きなコースですが、サイトで未紹介でした。
        舗装が切れるところまでにしようと思いましたが、天気が良くて時間もあったので林道終点まで行きました。
           更新・・・養沢川  五日市・十里木間の道の写真更新

   6月@ 休日にショップでパーツを漁っている時に Un Saddle を付けた自転車を見た時は驚きました。
        新しい女性用サドルかと思えるようなサドルの前半分をカットした形。さらによく見ると中心線から左にねじれています。
        聞いてみると、お尻の痛みを解消する左右可動式の最新サドルでした。
        面白いことにこのアイデアの原型はかなり前のパーツ Anti Red Ass に見られることです。
        「太陽の下に新しいものは何もない。」でしょうか。
           更新・・・珍品パーツ ARA Seat System と Un Saddle

   5月A    更新・・・シンパティカ イベント・カフェ情報追加   装備紹介 ライト追加
 
   5月@ お隣の神奈川県・山梨県に走りに行きました。
        五日市から高尾→城山湖→津久井湖→相模湖→上野原→甲武トンネル→五日市 のルートです。
        何度も何度も登ったり下ったりの繰り返しでした。走行距離は85km、累積高度差はカシオトリプルセンサー故障につき不明。
        今回の愛車は、人様からはスポルティーフと呼ばれることが多いランドナーです。
        タイヤをオープンサイドの28Cに換えたので山岳コースでも軽快な走りを楽しめました。
        ビックリしたことは、高尾ですれ違った有名なNレーシングチームと上野原でもすれ違ったことでした。
        私はのんびり周遊コースですが、彼らは山岳コースを周回しているのかと思えました。
        噂では、脱落者は容赦なく置いていかれるとか。

   4月  「なんちゃってピスト」をもっと見栄え良くするためにチェーンをHGに換えたら、スプロケットも換えることになりBMX用に
        交換してもらいました。結局フレームとリム以外はすべて交換したことになりました。
        じっくり眺めると、余計な物のないシンプルな美しさを再認識しました。
        フロントのデュラエースAXセンタープルエアロブレーキの効きの悪さは前後ブレーキをきちんとかける技術?で補うことにしました。
            更新・・・シンパティカ作品写真   車歴

   3月  久しぶりの更新になりました。
        知り合いから、「なんちゃってピスト」をいただき少しかっこよくしましたので見て下さい。
        フリー付きですが、五日市町内を楽しく走れるとは思えません。
        西多摩をシングルギアで走れるのは競輪選手だけでしょう。
        私の使い道は仕事場に置いておき、お昼をちょっと離れたところに食べに行くというものです。
        もちろん坂なんてほとんど無い町なので安心です。
        サドル盗難防止用品POSTMASTERを紹介します。 
            更新・・・シングルギア車  珍品POSTMASTER追加

   1月B 山猫亭主催「第1回秋川渓谷サイクルツーリング」に参加しました。
        参加費無料で、地元のお店で食事したり買い物をしたりするのが条件で、
        特に開会式のようなものもなく、自分のペースで走ります。
        コースは、星竹・南沢林道、焼岩林道、梅野木林道の3本を巡るものです。
        渓谷を走るというよりも山岳コースで、私は初めて走る焼岩林道と、お馴染みの梅野木林道を走ることにしました。
        焼岩林道は、未舗装で雪も少しありそうだったけど700×32Cのオンロードタイヤで行きました。
        石ころの多いところやぬかるんだところの登りはきつかったですが、登りきることができました。
        雪の上は慎重に押し歩きです。
        高度が上がってくると隣の山に梅野木林道のガードレールが見えて、「あそこに行くには一度下りてまた同じように
        上らなければならない。」などと考えると上るのが一段と辛くなってきます。
        下りで合流する林道不動沢線(平井川源流)は、舗装されてますがすごい傾斜で、上りも下りも大変な道です。
        焼岩林道は未舗装で坂も結構辛いけど距離が短く、ピーク間近に日当たりのいい休憩所があったり、
        湧き水があったり楽しめるコースでした。
            更新・・・コースガイドに焼岩林道追加  五日市駅周辺地図に焼岩林道追加   シンパティカ陶雛展
        
   1月A 更新・・・珍品パーツのページを独立させました。今回は、シマノのジャストシートを追加しました。
 
 ↑1月@ あけましておめでとうございます。
 2007  正月休みも後少しとなった休日、久しぶりに風張峠に向かいました。
       コンロを持って、暖かいスープとコーヒーを楽しめるようにボトルは2本、ザックは結構重くなりました。
       きつい峠はやはり身軽な細身のタイヤのレーサーにザックが楽です。
       私の愛車は足回りはレーサーですが、ポジションはランドナー風でフロントには26Tがついているおじさん仕様です。
       下りのブレーキ操作を楽にするためにオールランダーバー+アシストバーにしています。
       朝、雲一つ無い青空なのにものすごい風が吹いていてちょっと様子を見ている内にお昼前になり不安な出発。
       北秋川ルートに入ってもずっと向かい風、ずいぶん埃が多くなってきたと思ったら雪が舞っていました。
       空も曇ってきて帰りたい気分になってきたけれど、倉掛尾根の登り口についたら晴れ間が出てきたので
       おにぎりを食べて元気を取り戻しました。
       ありがたいことに最も急な登りで追い風になり、ジグザグ走行で周遊道路間近まで上ると路面が白くなってきました。
       何日か前に降った雪でした。一度溶けてから凍ったようで犬の足跡だけがくっきり残っていました。
       滑らないように犬の足跡をたどって慎重に歩きました。一面アイスバーンのところは崖の下の僅かに溶けた雪の上を歩きました。
       やっと周遊道路合流地点に到着、路面は雪かきしてありましたが日陰では所々溶けた水が凍っていてとても恐ろしい状態なので
       奥多摩湖を見るのはあきらめて、南側に向かって下り始めました。
       途中の浅間尾根駐車場でお湯を沸かすつもりでしたが、ザックやボトルも転がってしまうほどのものすごい風で
       おにぎりを立ったままかじって休憩終わり。
       日が陰ってきたので都民の森駐車場で缶コーヒーを飲んで直ぐに下りました。
       3時過ぎなので渓谷沿いの道はずっと日陰で寒かったけれど、路面の凍結の心配はないのでのんびり帰りました。
       後ろから来た車もみんなゆっくり抜いてくれるし、峠ですれ違った自転車の人とは友好的に挨拶できたし、気分のいい1日でした。
          更新・・・写真追加奥多摩周遊道路・倉掛尾根   シンパティカシルバージュエリー展


  2006
  ↓
  12月     更新・・・新リンク自転車文学研究室  お薦め本追加「自転車依存症」  シンパティカ冬の音色展

  11月  車の点検があり、青梅に出かけた。
        点検が終わるまで近所を自転車で走るために後部座席にはランドナーを積んだ。
        天気予報は午後から雨なので、あまり遠くへは行かれないのでゆっくりゆっくり景色を見ながら裏道を走った。
        ふらふら街道に出ると「旧吉野家住宅」があった。幕末期の民家が青梅市に寄贈されて公開されているものだ。
        ちょっと寄ってみようか迷いながら中を覗いてみたら、囲炉裏で薪が燃えていて黒いやかんが吊されていた。
        その火に誘われるように中に入り、囲炉裏端に腰掛けて係の方にいろいろお話を伺った。小さな旅の気分だ。
        囲炉裏を写すカメラを持ってこなかったことが悔やまれる。
        今度はもっと寒い日に囲炉裏の写真を撮りに来ようと思った。

  10月  前後輪ブレーキ同時作動装置の内部を見てみました。幸いカメラのようにバラバラにしてしまうことなく元に戻せました。
        内部の構造は想像以上にシンプルでした。
           更新・・・前後輪ブレーキ同時作動装置の内部メカ

   9月A コース情報が更新できない状況が続き、すみませんでした
        8月に腰痛になり、しばらく自転車に乗れませんでしたがなんとか走れるようになりました。
        久しぶりに秋川沿いを走ったら、東秋留橋の橋脚が完成して遊歩道がもとのようになっていました。
        これから橋桁をどう載せるかによってまた通れなくなりそうですが、今のところは快適に走れます。
        左右どちらのレバーを引いても、前後輪同時にブレーキをかけられる装置を手に入れました。
        シティサイクル用で、かなり古いモノのようです。
           更新・・・シンパティカ 秋のカフェ  珍品「前後輪ブレーキ同時作動装置」  コース写真東秋留橋等追加

   9月@ マミヤRB67のペンタプリズムのジャンク品を手に入れた。外側の部品は欠けてるが内部のプリズムは無傷だ。
        大きくてすごい迫力だ。ペンタックス67よりずっと大きい。
        フィルムがレボルビングバックなので、プリズムの大きさは6×7ではなくて7×7の大きさになるためだ。
        もしかしたら世界最大のペンタプリズムかもしれない。
           更新・・・RB67のプリズムの写真追加

   8月   ちょっと古いアメリカ製のパーツ LIMBO SPIDER を手に入れたので紹介します。
           更新・・・LIMBO SPIDER

   7月A 大和路・山の辺の道を走った。
           更新・・・「山の辺の道」、新リンクスポーツでストレス解消


   7月@ 西多摩新聞で、本サイトを紹介していただいた。
        新聞に載るのは初めてなので紙面を見るまでドキドキした。
        記事を見た高校の同窓生からメールをもらったのは嬉しかった。
            

   6月B ジュエリーショップ 「シンパティカ」 のシルバージュエリー展の案内を入れました。
        STICK-FACEの紹介写真を珍品に追加。
           更新・・・シンパティカ  STICK-FACE


   6月A 自転車用のベルを探しに出かけた。
        いつものサイクルブティックに行くと、いろいろなベルを出してくれた。
        普通の白いアルミのベルにしようかと思ったが、音を聞いてみると真鍮製のベルの音がとても良く響いたので
        ランドナー用に購入。金色がちょっと違和感があるような気もするが機能最優先の考えでいくことにした。
        次に木製のベルを見せられた。結構いろいろな雑誌で紹介されたらしいが私は知らなかった。
        音はまさに木魚。木目がランドナーに似合うかもと思ったが、この木魚のポクポクという音を聞いた人が
        どんな反応をするかを想像すると自転車に付ける勇気はなかった。
        さらに、バーエンドベルが出てきた。風鈴のような音が素晴らしいがフラットバーに付けると倒れた時最初に壊れてしまうのが欠点だ。
        アシストバーの先端に取り付ければその点は大丈夫だが・・・。
        ハンバーガー型ベルは子供の自転車用に購入したが、付けてあげる前に子供が大きくなってしまった。

        ベルが一段落したら、シートポストポンプを見せてもらった。ポンプをシートチューブに内蔵するなんてものじゃなく、
        シートポストそのものをポンプにしてしまうという、日本人の発想を遙かに超えたアメリカンだ。
        必要になったら、サドルは当然付けたままフレームから抜き、そのまま使う。
        詳しくは更新ページを見て下さい。
           更新・・・珍品 変わったベル  シートポストポンプ

   6月@ ジュエリーショップ 「シンパティカ」 のサマーコレクションの案内を入れました。
           更新・・・シンパティカ

   5月A 北秋川の最深部と南秋川の数馬を結ぶ入間・白岩林道を走った。
        北側の3分の1は荒れたダートでオンロードタイヤではつらい。
        しかし静かな点は素晴らしい。高度を上げていくと北秋川を挟んだ対岸の山の上の集落が見えてくる。
        道は所々崩れていて、林道工事の苦労が偲ばれる。
        ピーク前から舗装路になりとても快適。ピークは展望が開けるでもなく通り過ぎてしまう。
        車やバイクの音が聞こえてくると檜原街道が近いことが分かる。
           更新・・・入間・白岩林道  コースガイド「峠」入間・白岩林道追加        

   5月@ 東秋留橋はまだ工事中だが、橋の下が通れるようになっていた。
        工事の状況によって通れたり通れなかったりするような感じだ。
           更新・・・東秋留橋迂回路地図  秋川ロード東秋留橋写真変更  五日市町内写真追加

   4月A 山猫亭主催、林道開通記念ツーリングに参加した。
        降水確率が70%から30%に変わり、雲も切れてきているので急いで準備して出発した。
        食料を買い終えて走り始めると雨がぱらついてきてウインドブレーカーに当たる音が嫌な感じだ。
        山の上で雨にあったらつらいので、急いで家に帰りゴアテックスの雨具に着替えた。
        受付終了10:00ぎりぎりにスタート地点の肝要の里に到着。
        山猫亭のマスターと数人のMTBの方がいた。皆さん極太ブロックタイヤにフルサス、ディスクブレーキ付き。
        当然ヘルメットもしっかり装着。私といえばリジッドのクロモリフレームに700×28Cのオンロードタイヤ、
        カンティブレーキに皮サドル、格好はノーヘル、綿パン、クリップなしノーマルペダル、あまりの雰囲気の違い。
        フルチューンのランエボやインプレッサが集まっているところに、4駆の軽で乗り付けたような感じか。
        私と同じような人は、天気予報を見て参加を取りやめたような感じだ。
        多くの方は焼岩林道(本サイト未紹介)を回ってから梅の木を走るようだが、私は直接梅の木峠へ。
        梅の木に来るのは冬が多いので春の景色は新鮮だ。
        峠に着くと何人かのMTBの方と会った。皆さん山猫亭のツーリングの参加者だ。
        林道を下り始めると結構な崖が続く。山の中に道を造るのは本当に大変な事だと思った。
        垂直に切り立った崖が崩れないように何かコーティングされていた。近づいて触ってみると柔らかい。
        隙間から植物が根を張れるようにしてあるのだろうか。
        途中の景色は結構楽しめた。晴れた日にまた写真を取りに来よう。

        珍品と言っては申し訳ないけれど、シマノエアロブレーキの写真を入れました。         
            更新・・・梅の木林道  梅の木峠写真追加  五日市周辺地図改訂  シマノデュラエースax


   4月@ 壊れてしまっていたクロカン用のミニポンプを、サイクルブティックTで手に入れた。
        直ぐ壊れそうなやつなので2本買っておいた。今のポンプに比べると品質が悪いが愛車のペグを生かすために使うことにしている。
        このサイズはこれからもあまり買いに来る人はいないだろうと思う。
        他に何か面白いものはないか探しているうちに、デュラエースaxエアロセンタープルブレーキを見てしまった。
        世に出て直ぐにサイドプルに駆逐されてしまった型だ。カンパもこれを真似したとかいう話もある。
        汚れている中古品だがレバーと共に買ってしまった。
        私はこの種の野心作につい手が出てしまう。特に金属やガラスで出来たきらきら光るものに弱い。
        3月にも、ミノルタ110ズームSLRを中古店で買ってしまった。110フィルムを使うズームレンズ付き1眼レフカメラで
        ペンタックス110よりもずっと大きいやつだ。
        現行品の頃も知っていたけど、当時は他に欲しいものがいっぱいで記憶に残っていただけだった。
        世間の人が忘れた頃に、私の心も財布も追いついて自分の手にして楽しめるようになってきた。
            更新・・・ミニポンプの写真追加 

   3月B 「京都、大原、三千院 恋に疲れた女が一人・・・」 もいなくて、私と愛車を迎えてくれたのは黒い雷雲だった。
        京都サイクリング2日目、人混みを避け大原から山沿いの道を静かに走ろうと思ったが、大原に着く頃は空が真っ黒に。
        一応雨具の上着は持ってるが、ランドナーをあまり濡らしたくないので途中の宿の軒下で雨宿り。
        雷雲が通りすぎるのを缶コーヒーを飲みながら待ち、周りの景色を楽しむことにした。
        30分ほどで雨が上がり、三千院界隈の濡れた路面は風情が増したが、雷雲はまだ完全に去ってないので一回りして帰ることに。
        帰り道は下りなので快適な走り。雨で濡れた道で泥よけ付きのランドナーのありがたさを痛感した。
        途中の蕎麦処に寄ろうと思ったが、自転車を濡らさない駐輪場がないので通過。
        結局かなり町に近づいた喫茶店で食事をし、新聞を見始めたらまた雨が降ってきた。
        今度はさっきよりもっと本格的な雷と雨。自転車を安全な場所に移してから、新聞と週刊誌を読んで時間をつぶして90分。
        店を出る頃は暗くなり始めていた。小型の点滅式のポジションライトが効果的で車や自転車がみんな注意してくれた。
            更新・・・装備ウエストバッグ追加  自転車の購入を考えている方に追加


   3月A ちょっと古い型のアルテグラ・ダブルピボットブレーキを安く手に入れたので、レーサーのブレーキを取り替えた。
        ダブルピボットは昔のサイドプルより複雑になるので重くなるのかと思っていたら10gも軽くなっているので驚いた。
        さすがシマノで新しいものは確実に進化していることを実感した。もっと早く変えておけば良かった。
        サイドプルブレーキはダイレクトに効くのでとても好きだ。
            更新・・・新旧サイドプルブレーキ  携帯ツール追加    リンク追加 伊奈石の会 
        

   3月@ セライタリアのターボ・ゲルサドルはなかなか乗り心地がいいが、ビニールのような生地が張ってあるので
        蒸れるのが欠点だった。セライタリアのスウェードを張った古いサドルがあったのでその皮を使って
        ゲルサドルの張り替えにチャレンジした。
        皮を破らないように慎重にはがし、古い接着剤の跡をきれいにした。
        同じメーカーでプラスチックのベースが同じなのできれいに貼れた。
        実際に乗ってみると、なかなか快適だ。
            更新・・・サドルの張り替え 
        

   2月  多摩川サイクリングロードを立川から拝島まで走った。
        立日橋と中央線鉄橋の間の堤防で日向ぼっこをしながらお酒の入ったチョコレートを食べた。
        遠くに特急列車が通るのを見たり、聞き慣れない音をたてながらゆっくり走るモノレールを見たり、
        いろいろなサイクリストを眺めたりしていると時間を忘れそうだった。
        多くのレーサーがとばしている多摩川から秋川に来ると、のんびりした感じでホッとした。
        東秋留橋が工事中と聞いて来てみたが、結構大がかりなものだった。H20年8月に完成予定だそうだ。
        結構工事期間が長いので迂回路の地図を作りました。
             更新・・・東秋留橋迂回路 秋川ロード橋の工事の写真追加
         

   1月B コニカミノルタがカメラから全面撤退するそうだ。
        ニコンが銀塩写真から一部を残して撤退するニュースよりも私には衝撃だった。
        ミノルタカメラはライツミノルタCL、TC-1の2台を持っているが、どちらのレンズの描写も素晴らしい。
        これをデジタルで発展させた小型カメラが出るのを待っていたがもう叶わぬ夢となってしまった。
        ミノルタの1眼レフには縁がなかったが、小型カメラは本当に好きだったので寂しい気持ちでいっぱいだ。
        ソニーに引き継ぐそうだがソニーブランドになったら私は買う気はしない。
        もしミノルタの名前でニューカメラを出してくれたらソニーファンになるんだけどな。

   1月A 暖かい1日だった。日陰の裏道を走っても全然寒くない。
        新しい小型ポットに入れたお湯もあまり有り難みがないほどだ。
        近所の今まで通ったことのない細い道をいろいろ走った。ランドナーなので濡れた道も気にならない。
        平井川の支流沿いの道を上っていくとどんどん細くなり、完全な山道になった。
        工事の人に聞いたら、ここから先は自転車の人がよく走りに来るところでいずれは舗装路に出ると教えてくれた。
        なんとか行けそうなので押しを覚悟して進んだが、泥よけには枯れ葉が詰まるし、ペダルのストラップも邪魔になるばかり。
        昔、山の中の道を押したり担いだりして走ったことを思い出した。
        だんだん雲が多くなり薄暗くなった山道は気持ちが良くない。特に登山者に全然会わないような道はなおさらだ。
        MTBに乗った人と1度すれ違ったがあちらもビックリしたようだった。
        舗装路に出る直前は崖の上のようなところを通るので緊張したが無事走破。
        今度はちゃんと準備してもう少し楽しく走れるようにしよう。
            更新・・・秋川(写真追加)、武蔵五日市〜引田橋地図の中に写真リンク、コースガイド(写真交換、時々変えてます)

 ↑1月@ 武蔵五日市駅の近くの林道を2本ガイドに入れました。
 2006   一つは、舗装のホオバ沢林道で距離は短いけれど西多摩の峠の気分は充分味わえます。
        もう一つは、未舗装の南沢林道です。今まで舗装路メインできましたが、この道は五日市〜十里木間の
        裏道(舗装)と組み合わせると非常に魅力的なルートになります。

        自転車の物置を整理していたら、ニットーのメーターホルダー(正式名忘れ)が2つあったことを思い出した。
        ハンドルに何かの理由でメーターやライトがつけられない時に便利なやつだ。
        これを使ってランドナーの小型フロントバッグを荷台に載る形にした。デザイン的にかなり落ち着いた感じになった。
        機能的にはバッグが浮かんでいてもなんでもないが、せっかくのフロントキャリアが無駄になっているのは
        心苦しかったのでとても気分が良くなった。
            更新・・・五日市周辺地図(新)コースガイド追加(ホオバ沢林道、南沢林道),ランドナー小型バッグ写真追加

 2005
 ↓12月A 秋川ロードを走ってきて山田大橋あたりで迷ってしまう人が多いらしい。
        なんとか地図とガイドを作ってみました。
        最近舗装林道が延びていて、いいサイクリングコースが増えそうです。
        走れるようになったら出来るだけ早く紹介したいと思います。
            更新・・・・武蔵五日市〜引田橋地図  秋留台写真追加

  12月@ 利根川1泊ツーリングに行った。
        早朝車にランドナーを積み、ガラガラの首都高を抜けて潮来に到着。
        宿に車を置き、利根川沿いを銚子を目指して走った。
        曇っていたのですごく寒い。初めてニットキャップを被って走ったら暖かくて快適だった。
        川沿いの道はいいけど、街道は狭くて車が多くて走りにくかった。
        銚子でいわし定食を食べて佐原に戻った。灯台や銚子電鉄を見る時間は無かった。次回に取っておこう。
        佐原の町はとてもいいと聞いていたが、夕方暗くなってきたのでもう町並みを楽しむ余裕はなくなっていた。
        駅前の交番に観光センターの場所を聞きにいったら、怖い顔で教えてくれた。
        もしかして黒いナイロンのウインドブレーカーと黒っぽいニットキャップが映画のテロリストのように見えたのなら光栄だ。
        宿までテールライトとヘッドライトを点滅にして走ったら、車が大きくよけて走ってくれたので走りやすかった。
        次の日は快晴、潮来周辺をブラブラしてから帰った。 

  11月A 梅の木峠から新しい道が出来ていると言う噂を聞き見に行った。
        まだ、工事にかかったばかりだった。梅の木峠から日の出町の方に向かって進んでいるようだ。
        この道が完成して舗装されたら手頃な周遊コースになるだろう。楽しみだ。
        今日は未舗装路を走るかもしれないので、700×35Cの太いタイヤで来たので登りがしんどかった。
        しかし、ここへ来る時は雪が積もっている時ばかりだったのでとても新鮮だった。
        峠から青梅方面は通行止めだった。
             更新・・・・梅の木峠写真追加
        

  11月@ やっと、ランドナーのライトの場所が落ち着いた。
        今までのキャリアの横につり下げる方法は取り外しに難があり、他の自転車に着ける時は結構手間がかかった。
        それに走行中に取り付け金具(自作)はカチャカチャと音をたてて不愉快だった。
        マグライトはうまく着けられたが、照度が不足することと走行中電池がカタカタ音を立ててこれまた不愉快だった。
        あれこれ考えて、ドロップバーの内側にミノウラのライトホルダーを着けてみたらすべての問題が解決した。
        使わない時は直ぐはずせて、フロントバッグとも干渉しないし、我ながらいいアイデアだと思った。
             更新・・・・ランドナー細部写真追加   

   
  10月   ミニベロを大幅に改造した。
        古いデュラエースハブ5速をアルテグラ7速に変更し、リムもアラヤの細いやつに変更。
        タイヤもスリックに近いので走りが軽快になった。
        シフトレバーをヘッドチューブにつけて輪行をしやすくしようと思ったが、オリジナルに近いままにしたくなり
        ワイヤーが外しやすくなるようなアウター止めにしてもらって、手元のチェンジのままにした。
        フロントディレーラー直付け台座も変更してシュパーブプロをつけた。
        このシュパーブプロを買った時、店長さんが「この値段で売るやつじゃないんだけどね。」と言っていたことを思い出す。
        死蔵しないでちゃんと使うことが出来て良かった。
        フレームも塗り替えになるので新しい色にした。
        前から欲しかったブリティッシュグリーンのフレーム。
        仕上がりを見ると、どうも明るいような気がする。私のイメージでは、F1ロータスフォードやルマンを走ったジャガーDタイプ
        の色だからもっと暗い感じになると思っていた。しかし見慣れてくるとなかなかいい色に見えてくるから不思議だ。

        某店で手に入れた珍品・パンク発見器をご紹介。装備のページの下の方にあります。
             更新・・・・ミニベロ  装備のページ珍品追加

   9月   かなり前に手に入れた測量用の反射プリズムをボディから取り出した。
         なかなか分解できなくて埃を被っていたやつだ。
         専用工具の無い辛さと言うか気楽さと言うか、最後はミニドリルを使って留め具を削り取った。
         ペンタプリズムを初めて手にした時のような感動だ。
         中古カメラ店のジャンクコーナーで入手したものだが、結構高価なもののようだ。
             更新・・・ペンタプリズムページに測量用プリズム追加 

   8月A  「お薦め本」に、白鳥和也氏の新刊「スローサイクリング」を紹介させてもらった。
             更新・・・お薦め本追加、写真の入れ替え

   8月@  カメラページを少し整理して、更新もしました。
         ついにミノルタTC−1が製造中止になったらしい。
         これで私の所有するカメラは現行品がなくなった。
         ライツミノルタが製造中止になった時は、あわててお金をかき集めて買いに行ったことを思いだした。
         もし今だったらTC−1を買いに走っただろうか?
         
         ついに67判のプリズムを手にした。ペンタックス67用なので35mm用のものをそのまま大きくした形だ。
         すごく大きくて重い。さすがに気泡など全然ない。セミ判に続いて67判のプリズムを手に入れたら次は
         110用のペンタプリズムが欲しくなってきた。
         しかしまともに動くペンタックスAUTO110をばらすのはしのびないのでジャンク品を探さねばならない。
         気長に探すことにしよう。
             更新・・・67のプリズム コニカ110カメラ

   7月B  新車とニューバッグの初ツーリングは、前から行ってみたかった琵琶湖東岸2泊のショートツーリング。
         今回は、ランドナーの輪行と荷物に不安があったのでカーサイクリングにした。
         朝3時に家を出発し、8時頃長浜の道の駅に到着。
         何かイベントの準備をしていて、車を置いていいかちょっと不安になったが何も言われなかったのでそのまま
         道路から見える位置に駐車した。
         湖岸沿いのサイクリングロードを北上して余呉湖を目指す。
         大型のフロントバッグを着けた走行は久しぶりだ。考えてみたら30年ぶり位かな。
         フロントバッグの上に着けた地図を見ながら走る楽しさも懐かしい。
         身につけた荷物は小型ウエストバッグとベルトに着けたミノルタTC1だけなので、
         背中が汗で濡れることはないし、肩は凝らないし快適だ。
         余呉湖は静かでいいところだった。自転車で巡るのにぴったり。
         余呉湖の後は今回のメインである湖北の町をぶらぶらし、水路のある風景を楽しみながら長浜に帰り
         彦根のビジネスホテルに泊まった。
         次の日は、朝彦根の町を走った後近江八幡に移動。
         宿泊予定の宿に車を置いて直ぐに「よし笛ロード」に出発。
         最初は平凡な道だと思ったが、だんだん琵琶湖の魅力を味わえるよく考えられたコースだと分かってきた。
         このような景色や雰囲気を楽しみながら走るには、ほどよいスピードで走れて乗り心地の良いツーリング車
         が一番だと思った。
         途中で夕立に遭い、雨宿りをした後直ぐに雨上がりの道を走り始められる泥よけのありがたさも実感した。
         能登川まで全コースを走った後は、五個荘の金堂・商人屋敷街を見に行った。
         暑いためか、ちょっと行きにくいところのためか観光客がいないのが良かったが、記念写真のシャッターを
         頼めなかったので自分の写った写真は撮れなかった。
         今回猛暑の中を楽しんで走れたのは新しい自転車のおかげもあるが、一番はコースに標高差がほとんどなかったことだろう。

   7月A  フロントバッグを作ってもらったグーワタナベさんから連絡があった。
         オーダー鞄のお店を探して大阪の毎日放送の「ちちんぷいぷい」という番組が取材に来て、
         私のフロントバッグを見てお客の一人として番組に出したいとのことだった。
         初めてのテレビ出演、汗がだらだら出てくるし、視線を何処に向ければいいのか分からなくえらく緊張した。
         もう一人来ていたお客さんは落ち着いてカメラの前で話していた。
         後から送っていただいたビデオを見るととてもにやけていて、それがとても嬉しそうに見えたとか言われたが、
         関東地方で放送されなくて良かったと思った。

   7月@  フロントバッグが出来上がった。
         段ボールとガムテープで箱を作り、実際にキャリアに載せて削ったり繋げたりした。
         ドロップバーの上部をしっかり掴めるようにして、取り外しも楽にするやり方を考えて
         ニットーのホルダーを使うことにした。
         非常に満足できる仕上がりで、お揃いのリアバッグも欲しくなった。
             更新・・・フロントバッグページ追加  グーワタナベリンク

   6月A  久しぶりに鋸山林道を走った。
         今日はレーサー改造の山岳仕様、軽い車体、細いタイヤ,低いギア比のおかげできつい上りを何とか走りきった。
         昼ちょっと前に出たので、3時過ぎに下り始めた。午前中はなんでもないのに山の夕方は怖い。
         暗い道が続くと、考えたくない怖い話がどんどん頭の中に浮かんでくる。
             更新・・・鋸山林道写真・文追加

   6月@  ランドナーのライトは最初からバッテリーライトに決めていた。
         単3×2のマグライトで十分だと思っていたが、実際に夜走ってみると心許ないことが分かった。
         お店の人に聞いたら最近のLEDライトの進歩はすごいらしい。
         推薦してくれたパナソニックの単3×4のLEDライトは路面を四角形にきれいに照らすので、これに決めた。
         問題は装着方法だ。付属品はハンドルバーの上に載せるタイプだががたつきがあり、さらに
         フロントキャリアの横に棒を突き出すように付けるとごちゃごちゃしてしまうので自作することにした。
         ライトのボディを金属バンドで挟んで上から吊る。クランク型の金具をやっと見つけて何とか付けられた。
         次はワンタッチで取り外せてしかもがたつかないやり方を考えてみることにしよう。
             更新・・・ライトの取り付け写真あきる野インターの写真追加  お勧め自転車本 素晴らしき自転車の旅


   5月B  超小型110カメラを手に入れた。
         新品1000円弱。
         キーホルダーに付いた小さいプラスチックの箱に巧妙に110フィルムを装着する。
         雑貨屋で売っているそうで、後輩に買ってきてもらった。
         どんなカメラでも新しいやつを持って撮影に出かけるときはウキウキしてくるものだ。
         撮影の結果は、まあこのフィルムサイズでこの値段なら仕方ないレベル。
         しかしこのカメラはいじっているだけでとても楽しくなってくる。
         どこかのメーカーでこれをそのまま金属で精密に作ってくれないかと思った。
             更新・・・・キーホルダー110カメラ

   5月A  午前中小雨、午後快晴の自転車日和。
         雨で締まった土の道が心地よい。秋川ロードの写真を数枚更新した。
         キヤノンF1のジャンクプリズムを手に入れた。
         ペンタカバーの表面が再塗装してあるがボロボロなので遠慮無くばらしてプリズムを取り出した。
         お店の人は「何で買うのだろう」という顔をしていたが、「中のプリズムが欲しいから」と言ったら納得していた。
             更新・・・・秋川ロードペンタプリズム更新

   5月@  大きさの違うボトルを付けられるホルダーを手に入れた。
         小さいペットボトルや缶の飲み物も、燃料ボトルも付けられるのでとても便利だ。
         樹脂製だから耐久性がちょっと気になるが、作りは結構ごついので大丈夫だろう。
                          
   4月   杉花粉はほぼ治まったようで、マスクなしで走っても平気だった。
         今日はアップダウンの無い川沿いの道をランドナーで走った。
         まともに自転車で走るのは2ヶ月ぶりくらいだろうか。
         小型フロントバッグがうまく付いたので、なんだかうきうきしてくる感じだ。
         コンビニで買ったおやつと飲み物を入れて走り始めると、
         子供の頃サイクリング車にフロントバッグを付けて走っていた頃を思い出す。
         初めは荷台に載せて固定しようかと思ったが、荷台に固定するベルトが付いてないので、
         ハンドルに固定した。キャリアの背もたれを90度に立ててもらったのでバッグがお辞儀しないでよかった。
         お店の人のアドバイスのおかげだ。
         普段はこのバッグで走り、遠出の時は大きめのフロントバッグ(注文済み)とリアキャリア使用。
         買い物自転車のようにフックを付けておいたので当面はゴムバンドでぐるぐる固定。
         後ろのバッグのことはこれから研究することにしよう。
         赤いコカコーラのアルミボトルの色が気になってきた。
         機能的には気に入っているので塗り替えるか、赤い色を落として地肌の色にするかしよう。


   3月   今年の花粉の量はものすごく、車に積もる花粉の量が例年よりずっと多かった。
         当然自転車にも乗れない日々が続いている。
         自転車ネタではランドナーのフロントバッグを作ってもらうための型紙を作ったくらいだ。
         久しぶりに中古カメラ店でいいジャンク品に出会った。
         ゼンザブロニカETR用のプリズムファインダーだ。
         ばらしたらプリズムは無傷で、大きくて複雑な形の掘り出し物だった。
            更新・・・・たまり場(多摩川サイクリング情報マップ)  ブロニカのプリズム  あきる野マップ修正

    2月B やっと、700Cランドナーが家に来た。
         曇り空で寒かったが広徳寺をバックに写真を撮った。
            更新・・・・・700Cランドナー

    2月A やっと、700Cランドナーが出来上がった。
         フレームの仕上げも今度は満足できるものだった。
         受け取りは来週の予定なので、写真だけ撮って帰った。
            更新・・・・・ヘッドマーク作製記

    2月      更新・・・・・サイクリングウォッチ
             

    1月A ランドナーのフレームがやっと出来上がった。
         ラグ、フォーク、分割リアキャリアはきれいに仕上がっているのに塗装が雑なのにはがっかり。
         注文通りじゃない工作箇所がいくつかあったのでやり直してもらうことになり、
         塗装もやり直しになるので一安心。
               更新・・・梅の木峠  Simpatica ウィンターコレクション  

  ↑1月@ 国立に用があったので自転車で行った。
  2005   秋川と平井川沿いの道は所々ぬかるんでいたので、700x36Cのクロカンで正解。
         拝島からは旧五日市鉄道廃線跡を立川まで走った。
         いろいろな本やサイトで紹介されているが、実際に走ってみると非常にわかりにくい道だ。
         それだけにじっくり地図を見ながらオリエンテーリングのように走ればかなり楽しめる。
         私も地図を見ながら何度も行ったり来たりして途中の駅跡や表示板を見つけたときは感動した。
         ほとんどが住宅街の中の道で、お子さんと走っても楽しい道です。

            大神駅跡
         

  2004
  ↓12月B  年末、突然の大雪。
          檜原の方へ愛車で雪景色を見に行った。
          我が家の愛車は、雪の温泉に行くために買ったフルタイム4WD+スタッドレスなので
          私の下手な運転でも雪道を不安無く走ってくれる。
          しかし出発したのが夕方であり、雪はどんどん降り続くので本宿で引き返すことにした。
          五日市町内に入り、ほっとして歩道を見ると駅に向かって自転車を押している人がいた。
          よく見るとリアにはサイドバッグが2つ、キャリアには巻いたマットも付いて、フロントバッグもある。
          マウンテンバイクのホイールは雪で白いディスクホイールのようだ。
          きっと新年をどこかでキャンプして迎える予定だったに違いない。
          この雪じゃ撤退やむなしですよね。来年はきっと晴れますよ。

   12月A  20000アクセス達成、訪問して下さった皆さん、ありがとうございました。
          700Cランドナーは1月には完成しそうです。
          受け取ったらすぐ更新しますから見てね。
                更新・・・カメラページにレチナUa追加

   12月@  秋川丘陵を走ってから、八王子の滝山城趾に行った。
          丘陵は未舗装だが走りやすい道で、枯れ葉が積もっていてとてもいい感じだった。
          自転車でガサガサ走りすぎるのがもったいないようで、押しながらゆっくり歩いた。
          自転車で走っていると降りて歩くのが面倒くさいような気になるものだが、歩いた方が楽しい道は
          降りて歩くべきだ、と最近考えられるようになってきた。
          滝山城趾も静かでいいところだ。引橋という木造の橋もよかった。
          八王子城址にも木造の素晴らしい橋が架かっていたのを思い出す。
          どちらも城そのものはもうないが雰囲気はとてもよく、今度は弁当とお茶の用意をしていこうと思う。

               
               枯れ葉の道                             滝山城趾・引橋


   10月   風張峠は、檜原街道の本宿を左折して南秋川の道をひたすら登りだが、檜原街道は長くて
          休日は車も多いので、あまり好きな道ではなかった。
          しかし、秋川サイクリングガイドを名乗っているのに風張峠の写真がないのは格好悪いとずっと思っていた。
          最近、北秋川の奥から風張り峠までの林道が舗装されたことを「やまねこ亭」のマスター
          から教えていただいたので、数年ぶりに奥多摩周遊道路・風張峠に行った。
          今日は峠で暖かいものを飲めるようにコンロも持った。
          もう10月末、指切りグローブではつらい季節になった。
          登りで汗が出ても下りではすぐ冷えるのでウインドブレーカーは脱いだり来たりだ。
          きつい坂をジグザグに走っても登れなくて、こんなに体力が落ちたのかと思ったら
          まだギアが2枚残っていた。体力じゃなくて頭の方がぼけてきているのか?
          やっと周遊道路に出て、浅間尾根駐車場の四阿で温かいスープを飲みながら弁当を食べようと思ったら
          先客がいた。椅子を空けてくれたけど、遠慮して駐車場の車輪止めで食べた。
          暖かいビタミンレモンを作って飲んだがとてもうまかった。自販機でも温かい飲み物があるが
          温度が低いからあまりうまくない。これからはコンロは必需品だ。
          駐車場にピカピカの車の一団がやってきた。赤や黒のアルファロメオだ。とてもかっこいい。
          ドライバーはみんな若い。服装は地味だが、有り金全部車につぎ込んでるような貧乏くささはなく
          マナーも悪くない、いい感じの奴らだった。
          願わくば、アルファに似合う華奢な靴を履いた美女が彼らの隣に座らんことを!

          帰り道余裕があったら甲武トンネルの写真を撮ろうと思ったが、昨日土砂崩れがあったそうで通行止めだった。
          数日で開通できるらしい。
               更新・・・奥多摩周遊道路・風張峠  檜原地図更新
                    

    9月   連休を利用して、男鹿半島を走りに行った。
          ロードレーサーのドロップバーをオールランダーバーに代えたやつで輪行した。
          天気予報では雨の確率50%だったが、行ってみたら3日間降られずにすんでラッキーだった。
          1日目は男鹿駅から門前の漁師の宿まで少しだけ走った。
          時間に余裕があったので次の日に走るコースを少し走ってみた。
          海岸からいきなり急登だ。10%を越える勾配が続く。まるで檜原の1000m級の峠のようだ。
          しかし断崖からの眺めは素晴らしい。
          車でもバイクでもこの景色を味わうには速すぎる。自転車の速度がちょうどいい。
          夜、救急車が何台も走り、レスキュー隊が来たりしていた。
          宿の人に聞いたら、時々崖から車が落ちるそうだ。
          照明のないワインディングを飛ばして、ガードを飛び越えたら100m以上のダイビングだ。
          恐ろしい。恐ろしい。
          2日目、宿から入道崎を目指した。雨の心配はなさそうな空模様で一安心。
          昨日の事故現場らしいところから救急車がサイレンを鳴らして走り去った。
          そしてレンジャーらしい人が崖をロープで降りていくところだった。
          昨日の事故がまだ片が付いてなかったようだ。
          走り始めると強い風が吹いていたが、登りの追い風だったのでとても楽。
          きついアップダウンが続いたが、入道崎手前は緩い下りが長く続いて快適だった。
          入道崎でウニ丼を食べようかと思っていたが、昼にはまだ早いのでジュースを飲んだだけで出発。
          途中で地図にない「なまはげライン」という道が出来ていた。車が少ないのでこの道を走ることにした。
          眺めのいい高さ354mの寒風山に登って、今回の旅の締めにしようと思ったが「もう登りはたくさん」
          と体中が言うので男鹿駅に向かった。
         
          今年はいろいろな計画が雨でつぶれることが多かったので楽しい旅だった。

    8月A  この夏のツーリングは全部雨がらみになってしまった。
          しかもランドナーの完成は遅れるばかり。
          気分を変えるために、ロードレーサーをフラットバーに変えてパスハンター仕様にしてみた。
          愛車のクロカンは頑丈だが重いので、峠の登りがどんどん辛くなってきたこともある。
          登りを楽にするためには、
            @車重を軽くする。
            Aタイヤを細くする。
            Bフレームの剛性を高める。
          レーサーを使えばこの3点を一気にクリアできる。ギア比はすでに解決済み。
          フラットバーは今ひとつポジションが決まらなくて、試しに昔使っていたオールランダーバー
          を使ってみたらバッチリ、手に入れたばかりのアシストバーもジャストフィット。
          ステムは、ランドナー用のステムと一緒に買ってしまった110mmに変更。
          アップダウンの多いあきる野周辺を走ってみると、700×23Cタイヤはいい路面では最高の走りだが
          荒れた路面では気を遣わなければならないので、必ずしも楽だとは言えない。
          峠によっては、下りで景色を楽しみながら降りてくることも難しいだろう。
          結局、峠の登りと下りの楽しみ方を考えてどちらかを選ぶようだ。
              更新・・・私の愛車少し写真追加

    8月@  しまなみ海道に行った。自転車は無し。
          早いうちから宿を取っていたため、ちょうど台風が通過した後にぶつかってしまい降水確率は50%。
          3泊分の荷物と雨具を詰めたザックは結構重く、雨の中の輪行も気が重くて結局下見旅行になった。
          久しぶりの新幹線とバスの旅はとても新鮮で、しまなみの各島の様子もよく分った。
          今度ランドナーで来るときは、本州から四国に一気に渡らないでいろいろな島に泊まりながら
          ゆっくり瀬戸内海を味わおうと思った。

    7月B  7月末に木曽に行った。
          輪行で塩尻まで行って、途中1泊して名古屋まで行こうと思ったが台風がきているので車で行った。
          1日目は雨だったが2日目は素晴らしい青空。
          妻籠に車を置いて、妻籠・馬篭間の往復だけにした。
          ゆっくり宿場街を楽しみながら旧街道を走る。
          馬籠峠の登りは楽ではなかったが、檜原の峠をホームにしている私が音をあげる訳にはいかない。
          登りの途中から黒い雲が出てきて、少し雨がぱらついてきた。
          路面が濡れない程度の降りなのでとても快適だ。なんだか一流のマラソンランナーになったような気分だ。
          峠の小屋に着いたらちょうどザアザア降りになってきた。
          直ぐ止みそうな雨なので、しばらく雨宿りした。
          今日はレーサーなので泥よけ無しだから、雨がやんでも直ぐに走る気はしない。
          ランドナーが欲しくなったのも雨上がりにどんどん走れるからだ。
          暑い日が続いたので、雨が上がると路面は直ぐに乾いた。
          馬篭までは一気に下りだが、帰りに同じ道を上らなければならないからあまり嬉しくない。
          急な坂道の馬篭宿は結構な人出だった。カミサンと娘に櫛を買った。
          馬篭から西はもう殆ど下りばかりのようで、また同じ道を戻るのは芸がないなと思った。
          カーサイクリングは荷物の点で楽だけど、この「戻る」が必ず付いて回ることが欠点だ。

    7月A  夏のツーリングにランドナーが間に合わないので、レーサーに大きめのサドルバッグを付けてみた。
          サドルバッグサポーターが重さで下がってくるので、自作金具を付けて補強した。
          バッグに着替えを入れてその上に輪行袋を付けて走ってみたら、なんだか軽快さが無くなって
          つまらないのでザックで行くことにした。背中が濡れるのは我慢。
             更新・・・自転車と装備について ペダル追加

    7月@  この日記に書いてあった、コースの話を各ガイドページの方に移し替えた。
          写真だけのページが少しガイドらしくなりました。

         後輩のジュエリーショップ「Simpatica」の紹介ページを載せた。
          秋川・平井川サイクリングに何の関係があるのかとお思いかもしれませんが、
          今完成を待つ700Cランドナーの銀製ヘッドマーク作りのご指導を受けました。 
          多摩御陵近くを通るときは、是非寄ってみて下さい。
          テラスでおいしい紅茶を飲みながら、「たまにはパーツ代の余りでかみさんに買ってやろうかな」
          と思うだけでも罪滅ぼしになるのでは?
             更新・・・Simpatica
          

    6月       更新・・・鋸山林道
          
    5月   4月末に、ツーリング車をオーダーした。
         夏休みには間に合わせてくれることになっているが、ちょっと不安だ。
         輪行のしやすさ、整備性を重視して内蔵工作はしない。
         その代わりキャリアはフロント・リア共に好みの形に作ってもらうことにした。
         ホイールは700C、ブレーキと駆動系はシマノ、走りに直接影響しないところは少し古いパーツにした。
         ヘッドマークは後輩のジュエリーデザイナーに作ってもらおうとしたら、かなり高額になりそうなので
         がんばって自作する事にした。今、後輩のジュエリーショップの彫金教室に通い始めたところだ。
         ツーリング車ができあがったら、ヘッドマーク制作過程と共に公開しますのでみてね。(7月か8月頃)

    4月   ミニベロの泥除けをやっと付けることが出来た。
         細かいところで手間がかかったが、楽しめていろいろ勉強も出来た。
         ミニベロは泥除けを付けた方がデザイン的に落ち着くようだ。
             更新・・・ミニベロ・パーツ等写真変更  

    2月     更新・・・五日市周辺写真追加、カメラページローライ35追加、広徳寺パノラマ写真変更

    1月B ミノルタSRT101のジャンクを見つけた。今度はレンズ付きで前と同じ値段。
         以前ジャンクの101をばらした時、露出情報を伝えるナイロンコードをはずしてしまい元に戻せなくなったので
         今回は慎重にカバーをはずした。
         レンズの絞り値、シャッター速度、フィルム感度の情報がナイロンコードを用いてメーターに伝えられるようになっている。
         ゼロ戦を作った日本らしいやり方だと思った。
             更新・・・SRT101

    1月A カメラの分解・修理・再生サイト「齋藤秘密研究所」にリンクさせていただいた。
         私のようなただバラバラにするレベルとは別次元の世界だ。 
         ガス給湯器、車のヘッドランプまで直してしまうのにはビックリ。
            更新・・・リンクページ「齋藤秘密研究所」追加、カメラページ「35mm1眼レフ」追加、お薦め本「多摩川散策絵図

  ↑1月@    更新・・・五日市線の駅 
  2004

  2003
  ↓12月  クロカンのフレームに、自作ヘッドマークを付けた。
         印刷シールなので色あせたりしたら直ぐ張り替えられるので安心。

   11月A    更新・・・羽村の堰の先  平井川写真追加

   11月@ 雨の休日の午後、久しぶりにカメラの分解をした。今日はレンズだ。
         ちょっと長めのマクロレンズなので、ネジが結構目に入り分解はスムーズに進んだ。
         以前に分解をあきらめたレンズに比べてとてもやりやすい。
         ヘリコイドのグリスの匂いで、中学の技術の授業を思い出した。
         レンズが曇っていて、カビでもうだめだと思いながらクリーナーで拭くと結構きれいになった。
         ミノックス35の動かないやつをもらった。触っているだけでも楽しいカメラだ。
         次はローライ35を手に入れたいものだ。
             更新・・・レンズの分解  カメラページにミノックス35GL追加

   10月A クロカンのホイールが老朽化のためか調子が悪いので、スピナジーホイールに履き替えた。
         元々振動吸収性の良いスピナジーに太めの35Cと使い込んだブルックス1枚革の組み合わせなので
         素晴らしい乗り心地になった。
         そのおかげで、北秋川ルートを快適に走ることができた。
         しかし、いつも人も車も極端に少ない道を選んで走っているので、檜原街道で車に抜かれるのがとても怖かった。
         檜原街道は交通量が少ないのにこれでは、遠くにツーリングに行って街道を走ることができるか心配になってきた。
             更新・・・・檜原街道北秋川五日市裏道         

   10月@ 白のクロカンをオーバーホールにだし、色をメタリックグリーンに塗り替えた。
         近所を走るとコスモスがいろいろなところに咲いていた。
          
         一番楽しいのが、サマーランド前の道だ。両側にコスモスが咲き、かき分けながら進むところもある。
         コスモスは花のきれいさに合わず丈夫な茎で、当たるところが痛いくらいだ。
         この道は勝手にコスモス・ロードと名付けよう。 
            更新・・・・コースガイドと、秋留台にコスモスの道の写真(小)

    9月A 10000アクセスで開設2周年を迎えることができました。
         来て下さった皆さんありがとうございました。

    9月@   更新・・・・平井川源流  
        
    8月A 今年の夏のツーリングは、静岡に行った。
        このサイトで紹介させてもらった「静岡県サイクルツーリングガイド」を隅々まで読んで
        秋葉街道と浜名湖一週の2コースを選んだ。 
        ガイドに偽りはなかった。特に気田川沿いの道は最高のサイクリングロードだった。
        増水した川の水は濁り、遠くの景色はかすんでいて、ダンプには後方からギリギリで
        2回抜かれたけど、それでも素晴らしい道だった。是非秋に来たい!
        フロントを3速化したレーサーで行ったが、今回は3速は不要だった。
        しかし、3速化は保険のような物で、初めての道を全く不安無く走れたのもこれのおかげだ。
        浜名湖でカレーを食べたカフェのマスターと自転車の話を楽しくできて、後の足取りも軽くなった。
        
         ハード面の反省
            良かった点    ・絹の5本指ソックスを初めて使ったが非常に快適。お薦め。
                        ホームセンターなどで、綿と同じ値段で買える。
                       ・ガードレールにも固定できる超軽量3脚(50g)が役に立った。
                       ・ザックを使わなかったので、背中が濡れずに快適だった。
            悪かった点    ・せっかく買った大型サドルバッグがうまく付かなかった。
                       ・フロントバッグが無いのでマップケースの必要性を感じた。
                       ・サドルが合わなかった。やはり革サドルが1番のようだ。

    8月@ 久しぶりに七曲がり峠に行ったら、新道はピークの狭い部分を残して完成していた。
        短いけれど遊歩道になった旧道を走ってみた。
        入り口はきれいなので期待した進んだら、陰の所はゴミがいっぱいあってがっかり。 
        でも新道の下りは眺めが良く走りやすい、いい道だ。
    
    7月B   更新・・・・リンクページに「お薦め自転車本」を載せた。

    7月A やまねこ亭リニューアルライブに行った。
         ラテンバンド「メルカディート」の演奏だ。狭い店内なので、マイク・スピーカー無し。
         それがとてもいい感じだ。スペインの小さな町のBARにいるような気分になった。
         これで美味しい赤ワインがあればもっと良かった。
         
    7月@ 不動滝と白岩の滝の写真を撮り直しに行ってきた。
         前のは晴れた日に撮ったので、コントラストが強すぎて滝の感じが出ていなかった。
         今日は雨のあとで水量も多く、曇り空なので結構いい感じに撮れたと思う。
           更新・・・・滝の写真入れ替え

    6月A 梅雨の合間のサイクリング日和。
         先ず、ミニベロのブレーキシューを交換したので調子を見るために近所を一回りしてから
         ロードのフロントトリプルがちゃんと機能するか走ってみた。
         近所に峠があるので試験にはちょうどいい。走り出すと細いタイヤのおかげでとても軽い。
         39Tで余裕で登れるのでまだ26Tは不要だったかなと思い始めたが、ちょっと長い坂で苦しくなって
         26Tに落としてみたら信じられないような軽さだった。事前の計算では26Tの時の4枚分が39Tに
         上乗せされた形になっている。心理的にも体力的にも余裕十分だ。
         機能面では、ダブル用Fメカではちょっとスムーズさに問題があるが工夫で何とかすることにした。
                             
    6月@ ロードレーサーに最近あまり乗っていない。
         最大の理由は、ギア比がきつく感じるようになってきたからだと気づいた。
         フロント52Tだと使えないギアが何枚もある。インナーも39Tじゃ今の私に余裕はない。
         ということでフロント3速化に向けて八王子のサイクルブティックTに相談に行った。
         小遣いに余裕があった頃に作ったため、分不相応にデュラエースなんぞを付けているので
         先ずその線で考えると、クランクを変えるのは当然として、F・Rメカともに変更、BBも変更が
         必要だそうだ。今の私にはとんでもない金額になってしまう。
         それに現行部品が沢山余ってしまうのもなんだかスッキリしない。
         そのうち、ブティックのご主人が世田谷のH自転車商会に、Wのインナーに小さいギアを付ける
         アダプターがあることを教えてくれた。

         休みを待ってH商会に出かけた。懐かしい玉電も最新型となっていた。お店に着いた時間には他にお客さんが
         いなかったのでいろいろなお話を伺うことができた。幸い求めるアダプターも在庫があったので一安心。
         どんどん欲しいものが出てきたが、なんとかこらえてフロントギア(この世界ではチェーンホイール)を
         5枚(49T,39Tアダプター,32T,26T,バイオペース28T)とキーホルダーで抑えた。
         楽しい時を過ごし、品物をバッグに入れて駅に向かっていたらご主人が自転車で追ってきて、
         代金を払ってなかったことに気が付いた。Rディレーラーまでサービスしてもらっておいてとても恥ずかしかった。
         ご主人も奥さんに「お金をもらってないんじゃないの。」と言われて気が付いたらしい。ご迷惑かけてすみませんでした。
       
         最初26Tはいらないと思ったが用心のため買っておいて良かった。
         32Tではやはりフレームにこすってしまうことが分かったからだ。
         Fメカは今までの2速対応でなんとかしのげるが、ショートのRメカはさすがにだめだった。
         ちょうどリサイクルショップで格安で手に入れておいたサンツアーXCプロがあったのでこれに変えてみたらジャストフィット。
         インデックスはなかなか調子が出ないのでフリクションでいくことにした。静かなチェンジでかえって気分がいい。
         これで山梨のきつい峠も走れそうな気がしてきた。早く梅雨明けの休日が来て欲しい。
         今回は、クランクがうまく扱えなくてやまねこ亭に駆け込んだり、いろいろな方に教えを請い、助けていただいた。
         この歳でいろいろ学べるのは本当に嬉しいことだと実感した。
            更新・・・・愛車のページ、トリプル写真追加携帯ツール      

    5月   最近、滝ハンティングが続いているが今日は不発だった。
         盆堀林道近くにあるはずの滝を見つけることが出来なかった。
         山菜取りの地元のお爺さんも聞いたことがないらしい。地図には確かにあるのに・・。 
         しかし、盆堀林道はすごくいい道だった。舗装が新しいので登りも下りも快適。
         ここのところ、きついコースを楽しんで登れなかったけど今日は楽しんで登れた。
         ダウンヒルもどちらから登っても楽しめるので、お薦めコースだ。
            更新・・・地図更新、愛車のページ写真追加、盆堀林道

    4月A 白岩の滝の写真を取りに行った。今日も滝に向かう道はきついが前回よりは楽だった。
         帰りがけに新しく舗装された林道があったので走ってみた。かなりきつい登りだ。
         舗装が切れたところで、いい口実が出来たので引き返すことにした。
         同じ道を下るとこんな坂を上ったのかと感心し、ブレーキをかけっぱなしで爽快感は無し。
         だんだんブレーキの音も変わってきて、ブレーキのゴムが溶けそうに思えるくらいだ。
         しかし、さすがにシマノのブレーキ。古いカンチでも新しいシューだから不安を感じない。

    4月@    更新・・・・滝の写真岩井駅跡あきる野地図改訂自転車と装備について 
 
    3月   久しぶりに、花粉が舞う中を走った。
          マスクとゴーグルを付けるとヘルメットをかぶってバイクに乗っているような気分になる。
          最近はマスクを付けた人がいっぱい歩いているので、あまり怪しく見えないので助かる。
          前から楽しみにしている七曲峠の新道完成はまだ大分先のようだ。
          サマーランドのそばにある六枚屏風岩の写真を追加した。少し曇っているので暗い感じなので
          天気のいい日に撮り直ししようと思う。
    
  ↑1月      更新・・・・東光院、広徳寺、阿伎留神社、きりんかん 写真入れ替え・追加
  2003            おおぷなあ(新ページ) 

  2002
  ↓12月   秋川ファーマーズセンターを作ったStructural Design Group のページにリンクさせていただいた。
         畑の中のシュールな建物が、より興味深くなってきた。
           更新・・・・リンクページ(SDG)

   11月A 拝島の本格ネパール・インド料理店「ネパールキッチン」のHPは、まだ時間がかかりそうなので
         私が勝手ながら、案内ページを作らせてもらった。
         料理は本当に美味しい。拝島で時間があったら是非寄ってみてね。
         アクセサリーをおみやげにすれば、家に残してきたカミサンや娘さんも喜んでくれると思います。
         我が家は目玉の付いたTシャツを家族で着てます。
           更新・・・・ネパールキッチン 玉川上水 「自転車と装備」追加

   11月@ 借り物のクールピクス5000を持って近所を走った。広角28mm相当のレンズはとても使いやすい。
         今までコンバーターをいちいちつけていた手間が省けるから荷物も減らせる。バッテリーもスペア1本
         持てば1日撮れる。欲しい! しかし、私の使い方では500万画素は不要だしまだ高い。今使っている
         990をサブに押しやるほどのものではなさそうだ。型落ちで安くなるまで待つことにしよう。
          更新・・・・5枚写真追加(小峰峠、秋川、秋留台、食事処)  

   10月B サマーランドの裏から多摩川の日野付近まで、谷地川が流れている。川沿いの道があるような感じなので
         上川霊園の上の山道から行ってみた。久しぶりのオフロード、前夜の雨、セミスリックタイヤ、ノーサス、
         楽なわけがないが結構楽しめた。途中道を間違えて秋川の方に出てしまい今日はここまでにした。
         帰ってから、1万分の1の地図をよく見たら上流の風情のあるところは道無し、下流は護岸工事済みのようだ。
         そのうちもう1回行ってみよう。
         
   10月A 最近、いいジャンクカメラにめぐり会えている。
         コンパクトカメラにはいろいろな工夫が込められていて楽しい。
         珍しくニコンFのジャンク品を2つ見かけた。しかし、プリズムが無いどころか裏蓋底蓋は無いわ、
         巻き上げレバーが無いわ、シャッターダイヤルが無いわ、しかも2万とかの値が付いている。
         誰が買うんだろう? そして別のコーナーを見たら、レバーとかダイヤルに結構な値が付いていた。
         ニコンパーツコレクターとかがいるんだろうか?
          更新・・・・カメラページ追加

   10月@ 平井川の下流の方に新しい橋が2本出来ていた。
         まだ通行不可だが、機能本位というか経済性重視というのかつまらないデザインの橋だ。
         他の橋は結構いろいろな形があって楽しいのにちょっと残念。
         七曲峠はまだ工事中だった。正月には完成するだろうか。
         カメラページを少し更新した。クールピクス990がまた故障して修理中で、借りてきたイクシー
         は接写機能が弱いので分解した部品のアップ写真がまだ撮れないでいる。
         そのため、新しく手に入れたミノルタ・ベクティス25の分解も滞っている。裏蓋を空けた瞬間、1眼レフ
         とまるで違う雰囲気でとても楽しみだ。アスフェリカルレンズが付いているので早く取り出したい。
          更新・・・・カメラページ ペンタックスの分解写真追加

    9月  開設して1年、カメラのページを全然更新できないでいる。
         ミノルタSRT101は分解途中で、ボディ内部に張られていたナイロンコードが外れてしまって、
         投げ出すような状態になってしまった。このカメラは、内部でいろいろな情報を伝えるのにナイロンの
         糸を使っていて、それを知らずに分解していったので滑車から糸が外れてしまったのだ。
         軽いし、場所もとらないし、本当に巧妙な設計だと思った。調整は大変だろうけどなんとか動きが
         分かるように再現したいと思う。
         オリンパスペンFTは中のプリズムが欲しいけど、オーバーホールすれば動きそうなので私の手に
         掛かって分解するにはもったいないと思えてきた。
         今度ミノックス35をもらえることになった。ただ「電池漏れがあるので直らないかも」との注釈付き。
         どうなるか分からないが、とても楽しみだ。
         
    8月A ログハウスの「きりんかん」、大久野郵便局、旧郵便局舎をそのままギャラリーにした「おおぷなあ」
         などが並ぶ通りは、ログハウス通りと呼ばれているそうだ。1本裏の道には「ひので細工ギャラリー」
         があり、この一帯はとても楽しいエリアだと思う。
          更新・・・・リンクページ追加 きりんかん、おおぷなあ

    8月@ 以前から興味を持っていたSDVのホームページを、リンクページに載せることができた。
         写真を見てもらえば分かるが、戦車のキャタピラーのような形をしたチェーンの周りをペダルが動く。
         最初見たときは写真だけでは訳が分からなかったが、ホームページの表紙を見てよく分かった。。
         名前は、スーパー・ダ・ビンチ。
         私が最初に見た時、ティレルの6輪F1レーサー(懐かしい)を見たときのような気持ちになった。
         その次に感じたのは、第2次大戦時のドイツ空軍の試作戦闘機を見たような気持ちだ。
         試乗をさせてもらえるので、機会を見つけて是非乗ってみたいと思う。
           更新・・・・リンクページ追加 ひので細工ギャラリーSDV(Super Da Vinci)  

    7月A ミニベロのヘッドにはなにもマークや飾りがなく寂しかったが、今日顔を付けたのでずいぶん
         雰囲気が変わった。
         サイクルブティックTの奥で埃をかぶっている白い顔を見つけて、ミニベロにどんな色で付けるかいろいろ考えた。
         ラベルにはアイシャドー・頬紅・口紅とリアルな色が着いていたが、ちょっと不気味なので
         ツタンカーメンふうの金色に決めた。すれ違う人がみんな金色の顔を見ていたような気がする。
         茶色のブルックスサドルに替えたので、いい感じになった。最近のモデルなので革がそれほど堅くなくて快適。
         これで馴染んできたら最高の乗り心地になると思う。
           更新・・・・ミニベロの顔写真きりんかん

    7月@ パノラマ写真を追加した。曇っていて色の良くないものはいつか撮り直ししよう。
         昔、明るいところで写真の現像ができたらという夢が、今はデジタル写真で実現したが、
         パノラマ作成ソフトも素晴らしい。撮影レンズの画角に合わせて写真を修正して自動でつないでくれる。
         後はデジタルカメラが安定期に入って、新製品を気にしないですむような時代になって欲しい。。
           更新・・・・平井橋パノラマ秋留台パノラマ七曲峠パノラマ、 

    6月A 扉のパノラマ写真は気に入っていたけど、考えてみたら秋のものだった。
         もっと緑がいっぱいのものに変えてみた。こうなると冬はなんとかがんばって雪のパノラマをねらいたくなってくる。
           更新・・・扉パノラマ、平井川一部入れ替え

    6月@ たまには都心を走りたくなった。
         車に愛車を積んで新宿某駐車場へ。タワーだと積み卸しが面倒なので駐車場選びが大変。
         ルートは   新宿→秋葉原→浅草→入谷鬼子母神→谷中→とげ抜き地蔵→新宿
         秋葉原のジャンク街に知らないうちに入り込んだけど、すごい雰囲気のところだ。
         お昼は浅草で天丼。有名店らしいが気取らないところがさらに天丼をおいしくしているようだ。
         とげ抜き地蔵の賑わいはすごかった。おばさんたちが信号無視するのを、知らないおじいさんが
         注意していたのには感心した。私もそんなおじいさんになりたいと思う。おみやげはなにが名物か
         知らなかったので目に付いた塩大福を買った。ウエストバッグに入らなかったので、手で提げることになった。
         やっぱり背中の濡れを考えなければザックが便利だ。
         
    5月   いろいろ用事があった休日、午後4時に暇になった。
         最近自転車に乗ってなかったので平井川の方にいった。
         山なら下山してビールを飲んでる時間帯。サイクリングでも、やっぱりビールでしょうね。
         でも夕暮れのあきる野を走るのもなかなかいいものだ。
         知ってる道だから、暗くなりかけても不安にならないからだろう。
         もし夕暮れを楽しんでから電車で帰る時は、武蔵増戸の駅を出たら右側の景色を見てね。
         暗い畑の向こうに赤い十字架が浮かんで見えて、一瞬、銀河鉄道に乗ったジョバンニのような
         気持ちになります。一瞬だけね。

         ニューサイクリング誌のホームページにリンク登録していただいた。光栄に思う。
            更新・・・・秋留台、大悲願寺、秋川写真変更・追加

    4月C ひので細工展示館の紹介ページを載せる許可をいただいた。
         ロケーション、建物、展示物すべてがセンス抜群の日の出町の小さな美術館だ。
         私はサイクリングで訪ねるのが一番似合うと思う。
         ちょっと回り道をしても寄る価値有り。
           更新・・・・ひので細工展示館追加

    4月B 山田大橋の南側から五日市に向かう夕日橋と五日市トンネルが完成した。
         交通量はまだ少ないし、トンネル内は安全な広い歩道があるので走って楽しい道だ。
           更新・・・・夕日橋とトンネル山田大橋からのパノラマ写真追加

    4月A 最近かまってなかったミニベロを整備した。
         Fメカ(サンツアー・スプリント)がフレームの直付け工作になじまなかったがなんとか付けることができた。
         おかげで,JISのネジには普通の並目と、特殊な細目(さいめ)の2種類があることを知った。
         このFメカは細目のナットが本体に組み込んであってはずれないようになっているため、なにかあって
         ネジを取り替えようと思っても他の物に変えられないようになっている。
         良く言えば凝っていると言えるし、悪く言えばトラブルが起きた時の事を考えない不親切な設計とも言えるだろう。
         Rメカは、シマノ600をPRECISION・アルミ削りだしに取り替えた。
         以前、店頭でよく見たアルミ削りだしのディレイラーが欲しくなった。行きつけのショップでまだあるか聞いたら、
         奥に隠すように(?)しまってあったのを出してくれた。「あまり変速しないよ。」といわれたが、私のミニベロは
         レバーこそ7速インデックスだがギアは5枚しかないので昔ながらのフリクション変速だから心配なし。
         実際に使ってみたら、動きもスムーズで質感も高く大満足だった。
         サドルは、ブルックスをクロカンのスペシャライズドと交換した。
         次の課題は、泥よけ取り付けだ。
           更新・・・・ミニベロ細部写真バイオペースギア写真追加
         
    4月@ 久しぶりに、八王子に向かって七曲がり峠を通ったらびっくりするくらいきれいな道を作っていた。
         上の方はまだ工事中で、大きな作りかけの陸橋もあった。
         この道が完成したらすごく走りやすく景色もいい道になるだろう。夏頃完成? 
         八王子側からピークに出たとたん景色が開けるまさに峠の気分の道だ。
         車が通らなければ旧道もいい道だから残して欲しいものだ。
           更新・・・・七曲がり峠、圏央道写真追加
         
    3月B もう花粉も治まってきてるようなので久しぶりのポタリング。
         冬眠している間に、新小峰トンネルが開通し旧道は通行止めになっていた。
         小峰峠は心霊スポットとして有名らしいが、私にとってお気に入りの道だったのでとても残念だ。
         数日前には、圏央道・日の出インターが開通した。それに山田大橋の南側から五日市に向けて
         渓谷を渡る橋ができあがり、それに続く五日市トンネルの工事もかなり進んでいるようだ。
         あっという間に地図が古くなってしまう。
           更新・・・・秋留台、小峰峠、圏央道写真追加.地図一部修正
         
    3月A 花粉症でしばらく近所を走れないうちに、新小峰トンネルが開通した。(2002.2.11)
         車で走ってみたらすごくきれいな道で、峠の下を緩いカーブで抜けている。
         歩道も少し高いところをガードレール付きで作ってあり、自転車で安心して走れる。
         通行止めになった旧道がどうなっているのか気になる。旧トンネルが通れなくなったら寂しい。
         花粉がおさまったら行ってみよう。
           
    3月@ 2月から花粉がものすごく飛んでいて走ることができないので、写真を整理して追加した。
         こんないい季節に部屋にこもっていなければならないのは不条理だと思う。
           更新・・・・広徳寺、秋川、写真追加
 
    1月B クールピクス990のボタンの調子が悪いので修理に出した。いつもベルトを肩に掛けて、背中に乗せるようにして
         自転車で走っているのでボタンの接触が悪くなったのかもしれない。機械はガンガン使って壊れるくらい使いこむ
         のが本当だとか友達には言ってたが、やっぱり修理に出すときは気が重い。
           更新・・・・平井川の写真入れ替え・追加

    1月A   更新・・・・神戸岩・鋸山林道写真追加

 ↑1月@   更新・・・・梅野木峠の写真追加 
 2000

 2001
 ↓12月末    更新・・・・食事処追加、地図一部追加修正、  

  12月中旬 リンクのページを作った。 
         秋川のカワセミとヤマセミの写真ののったSASさんのHP(チョコエッグ写真)にリンクさせていただいた。
         チョコエッグ写真は不思議な雰囲気を持っている。 
           更新・・・・リンクページ追加、(五日市、秋川)写真追加

  11月初旬   更新・・・・(満地峠、広徳寺)写真追加 

  10月中旬  最近感じていたクロカンのサドルの違和感。
         アメリカのなんとかいう医学博士による設計とかで、かっこもいいのでつい買ってしまった新しいやつ。
         指で押しても適度な弾力できっとお尻に優しいサドルであろうと信じていた。
         真ん中に溝があって蒸れないのも気に入っていた。
         しかしサドルは乗ってみないと自分にあっているか分からないことを改めて認識した。
         長く乗ってるとお尻の当たるところが痛くなってきて夜になると腫れてしまう。
         体重を骨盤の2点で支えていて、サドルが左右別々に動くのでお尻の狭いところに重さが集中するせいだと思う。
         そこで、ミニベロのブルックスをつけ替えた。長年使っていたので私のお尻にジャストフィット。
         万年床に潜り込んだ時の感じというか、全く違和感がない。もっと早く換えとけば良かった。 
         でもこの一枚皮のサドルは最初の頃は堅くてつらかった。大痔主になるのではと思ったほどだ。
         替えのきかない貴重なパーツなのでこれからも大事に使っていこう。 

  10月初め 久しぶりの晴れ間の休日。カメラを持って川沿いを走った。秋川の予想外のところが崩れていたが、
         既に修復されていて何とか通ることは出来るので安心した。
         平井川の方は無傷で、いつも行くたびに会うカワセミ君にも会えた。今日は魚をねらっていたが、
         私がじっと見ているせいか失敗していた。
         カワセミ君のきれいな写真も載せられたらと思うけど、私の腕と機材ではちょっと無理そう。
         平井橋に行ったら、上流側の水が減っていて全然違う景色になっていた。
         水門でもあるのか、誰が管理しているのか不思議な雰囲気の所だ。

         五日市駅前の「やまねこ亭」さんにリンクを張っていただいた。
         サイクリストの間では有名なお店なので光栄に思った。
         とても雰囲気のいいお店で、サイクリストじゃなくても気楽に入れるので五日市に来たらぜひ寄ってみてね。    

         更新・・・・(峠、東光院、平井橋、草花公園、小峰公園、あきる野地図、)写真追加・修正

  9月末   何年か前、秋川沿い東秋川橋のそばの遊歩道が台風のために走れないことがあった。
         今年の台風の後、どうなったか気になっていたので見に行った。
         天気が悪いので、遺憾ながら車で行った。
         危なそうな所2カ所は、崩れた跡はあったけどきれいに土砂がどけてあった。
         流されてきた枯れ枝などのゴミの跡を見ると、相当の高さまで増水していたことが分かる。
         きっとここが大丈夫なら他も大丈夫だと思った。今度の休日に晴れたら川沿いルートを見に行こうと思う。

  9月某日  娘の自転車の前輪タイヤがはずれそうになったらしい。
         早速見てみると、空気が全然入ってないタイヤで走り続けたことが判明。
         そりゃはずれるよ。自分の子供時代なら考えられないことだ。
         ディスカウントショップでチューブを買ってきて取り替えた。
         ママチャリの分解は面倒と思ったら割と楽だった。
         ハブにダイナモがついているやつだったけど簡単にはずれて助かった。
         前輪のチューブを取り替えてカチンカチンに空気を入れてフォークにはめようと思ったら、入らない。
         タイヤがブレーキに引っかかっている。ホイールをはめてから空気を入れるべきだった。忘れてた。
         でもママチャリだからいいやと思い、そのままぐいぐい押し込んだ。
         無事入ったと思ったらブレーキシュー(サイドプル)のゴムだけがはずれてしまった。
         ペンチで金具を曲げればはまりそうだけど、走ってるときにそこがはずれたら大変だ。
         買いに行くのも面倒なので、思い切って余っていたパーツのシューを付けることにした。
         シマノ600アルテグラ用。ヤスリでゴムを削ってから付けた。子供にはちょっと贅沢。
         ブレーキをかけてみたら、シューがリムに食い込んでブレーキ本体が曲がってしまいそうな感じ。
         改めて本物のレース用ブレーキのすごさが分かった。
         ついでに、チェーンオイルも高級品を付けておいた。
         私だけがリッチな気分になった。

  2001
  8月某日   能登を走った。おじさん一人の Tour de NOTO だ。
          コースは 輪島→狼煙→九十九湾(泊)→穴水→輪島 
          景色が良くて道も宿もすいていてとても楽しかった。しかし観光客が少ない。
          狼煙灯台でシャッターを頼む人が一人もいないので記念写真が撮れなかった。
          輪島線が廃線になるのも無理ないことなのか。(2001年4月廃線)
          線路跡は、踏切も警報機も駅も全部そのままで、ただ列車がこないだけ。
          でも線路は真っ赤に錆びて、草に覆われて、踏切ではアスファルトで覆われていた。
          まだ枯れてないというか、生々しい寂しさを感じた。
          
          そこをサイクリングロードにしてくれればいいのにと、つい無責任なことを考えてしまった。
          今回は、ザックを止めて後ろの荷台に荷物をつけてみた。
          汗で背中が濡れることもなく、肩こりとも無縁の快適な走りが楽しめた。
          次はかっこいいフロントバッグを買おうかな。
          往復は車を使ったが、夜行バスか列車を使った方が楽だと思った。
                                       

TOPへ

           

oumihatiman.htmlへのリンク