自己紹介
          家族とあきる野に住んで30年過ぎました。団塊世代のやや下のおじさんマモジイです。
          勤務先でも自転車に乗っていても周りは自分より若い人ばかりになってきました。

          自転車・カメラを始めとして、メカニカルな道具を使うのも眺めるのも大好きです。
          道具は使ってなんぼ、機能を追求したデザインが好きです。
          色気のない無骨な形でも、優美な形でも必然的な形が好きです。
          自転車、カメラ、時計、悪条件で酷使されても働き続けるものが美しいと思います。
 
          好きなカメラと共に、愛車で山里を走る度に幸せを感じます。
          これからも秋川・平井川サイクリングを中心に、充実したページにしていこうと思いますので、
          よろしくお願いいたします。 私の車歴を載せました。
          

          日本スローライド協会会員          
                                    後輩が昔描いてくれた似顔絵です。若く描いてくれてます。(そろそろ換えなくては)
                                                               

自転車日記
   6月A ひたちなか海浜鉄道湊線沿いを走りました。常磐道エリアは圏央道ができて行きやすくなりました。
           今回心残りだったのは、お昼を那珂湊漁港で食べられなかったことです。到着がお昼より早かったためです。
           お店は数軒開いていました。
            阿字ヶ浦駅
            更新・・・ひたちなか海浜鉄道湊線


   6月@ 鶴見線沿線を走りました。
          前から行きたかったところですが、車で行くとどんどん混んでくるエリアなのでどんなコースにするか迷っていました。
          輪行にしても人が多いエリアに向かうので気が進まなかったです。
          結局、朝早めに車で浅野駅傍の入船公園に行き、そこから自転車で各駅を回り、最後は電車で海芝浦に行く形になりました。
          工場を結ぶ鉄道では、静岡県に岳南鉄道があります。是非比べてみて下さい。

          国道駅
          更新・・・鶴見線

   5月C 久しぶりに秋川沿いを走ったら、道が草で覆われそうでした。この勢いだと道が見えなくなりそうです。
           この中を通ると山岳コースに来たような気になりました。

        

   5月B ミニベロ(20インチ)のグリップやヘッド回りケーブルハンガーを交換しました。
           ヘッドマーク代わりの「鳩の足」
             
更新・・・ニューグリップ

   5月A ツーリング中の不注意で愛車を倒してしまい、リアガードをへこませてしまいました。
           以前四国ツーリングでフロントガードをへこませた時と同じパターンでした。
           自転車を立てかけた時に、フロントホイールが左右に動かない事の確認を怠ったのが原因です。
           疲れと空腹が原因と言えば言えますが、この歳でまだまだ未熟でした。
        
        機能には影響しませんが、この凹み「ツーリストの勲章」というには場所が目立つし、赤い色も私の心をさらに凹ませます。
           ガードを外し、前回の修理の経験を生かしながら「板金屋さんごっこ」を始めました。
           元通りに直すにはガードと同じカーブで凹んでいる金型に載せてたたくものだそうです。
           そんなものあるはず無いので、厚めのアルミ板の上でこつこつたたいて凹みを目立たないようにしてピカールで磨きました。
           なんとか「ちょっと傷があるね。」程度に持って行けたと思います。


   5月@ 中山道、北国街道の宿場を巡りました。結構厳しいコースで、予定していた宿場を1つカットしました。
           今回は紹介できるようなお昼はなし。中山道の宿場では食堂を見つけられませんでした。
            
           望月を目指す道のピーク、遠くに見える高い山にはまだ雪が残っていました。
            
  更新・・・中山道(望月、芦田宿茂田井宿)、北国街道(海野宿)

   4月B 南向きののこぎり屋根工場を見つけました。大メーカーの現役大型工場です。
           何で今まで気づかなかったんだろうと思うほど、よく通る道沿いにありました。
       
    
          更新・・・南向き「のこぎり屋根工場」→ 青梅のこぎり屋根工場 の下の方を見て下さい。

   4月A 自転車の旅の中に、車載方法を載せました。
          更新・・・自転車を車に積む

   4月@ 久しぶりの更新になりました。
          特にツーリングに行かれない事情があったわけではないのですが
いつの間にか4ヶ月が過ぎてました。
          今回のツーリングは上州姫街道、魅力的な名前です。中山道の脇往還として作られ、
          利便性のため険しいルートを避け女性が通りやすいことからこの名前が付いたそうです。
          暖かく、桜を始め沢山の花も咲いていて気分のいい旅になりました。 
           
 
            更新・・・上州姫街道T上州姫街道U     


2018↑

2017↓
  12月C 中山道の板鼻宿(面白い名前ですが由来は分かりませんでした)、安中宿、松井田宿を旧中山道で繋いで走りました。
           観光地化されてない静かな宿場町は大好きですが、食事処を探すのが大変です。
           今回の昼食は肉屋さんでコロッケとメンチを食べました。

        
           更新・・・中山道(板鼻・安中・松井田宿)

  12月B3回目の水郷を走りました。1回目はデジタルカメラをまだ持っていませんでした。2回目は途中で雨に遭いました。
         今回は天候にも恵まれて楽しい1日になりました。写真が多いので2回に分けました。
           後は朝霧の残る霞ヶ浦和田岬
             更新・・・水郷T(潮来)水郷U(佐原)

  12月A  今年の後半は桐生から始まった「のこぎり屋根」を探す旅が続きました。  
         上毛電鉄のサイクルトレインに乗るために桐生市に行き、古い町並みの中で店舗として再生した工場を見たのが最初でした。
         ギザギザの屋根が、郷愁を誘うような近代的なような不思議な形に思えました。
         調べてみると沢山の「のこぎり屋根工場」が桐生市内に残されていることを知り、
         さらに青梅と八王子もかつて紡績の町として栄えたので「のこぎり屋根工場」が残されていることを知りました。
         
いろいろな資料を探して写真を撮りに行きましたが桐生も青梅も1日では回りきれないほどの工場が残されていました。
         撮影できなかった工場の写真を撮りに再度出掛けました。
         八王子では町の発展と共にだいぶ壊されたようで、青梅や桐生ほどの数は残されていませんでした。

         どの町のどの建物もそれぞれが独自の表情を持ち、廃屋になっている建物も魅力的でした。

       まだ撮り残している工場があるような気もしますし、光の条件を変えた写真が欲しい気もありますが工場探しは一度打ち切ることにしました。
         「すべて」回ることを目的にするといつまでも落ち着かない気持ちがするからです。
         今後は、関東以外も含めて「機会があったら行ってみる。」というスタンスで行こうかと思います。

             更新・・・桐生のこぎり屋根U  青梅のこぎり屋根U

  12月@     更新・・・・珍品アームミラー(現行品)

  11月A 甲州街道の台ヶ原宿と蔦木宿を繋いで走りました。
           台ヶ原宿は甲州道中45宿の中で宿場の雰囲気を最もよく残していると「日本の町並み」の本にありました。
           蔦木宿は観光地としては無名です。(多分)。
           対照的な二つの旧宿場町は、大型バスで観光客を取り込む宿場町とは異なり、とても楽しめました。
            

          更新・・・甲州街道旧道(台ヶ原宿・蔦木宿)

  11月@サイクルモード2017に行ってきました。海浜幕張駅から幕張メッセに向かっていくとダフ屋が出ていて、
          人気イベントであることを感じました。
          私は今まで新車発表会のようなものだと思ってましたが、とんでもない誤解でした。
          部品メーカー、素材メーカー、各地の観光協会、等見るべきものがたくさんありすごく楽しかったです。
          普段ならお会いできないようなメーカーの方に質問もできました。
            

        国体ロードレース(あきる野)で見たスバルのマビックカーにまた会えました。
            更新・・・CYCLE MODE 2017

  10月B カメラ用の水準器を手に入れました。工具売り場で見かける泡を真ん中にして水平を出すものと同じ造りです。
          新しいカメラにはデジタル水準器が組み込まれているものが多いです。
          もう製造中止品かと思ったら今でも販売されているようです。かなり安く手に入りました。
            

        横でも縦でも装着できて泡の動きを見てるだけでも楽しいです。
          更新・・・水準器

  10月A のこぎり屋根三回目、かつて絹織物で栄えた八王子です。市内には「絹の道」も残っています。
          残念ながら桐生や青梅ほどたくさんののこぎり屋根の建物は残っていませんでした。 
          しかし見慣れた町も工場を探しながら巡ると新鮮で、旅の気分になりました。
            

             更新・・・八王子ののこぎり屋根工場     

  10月@ ドロップバーの末端にはめるバーエンドキャップは2タイプあります
        バーテープに付いてくるプラスチック製のはめ込みキャップと、ネジ止めでしっかり固定できるキャップです。
          私はツーリング中に気づいたらキャップが外れていたことがあり、
          それ以来フロントバッグには一つキャップを入れておくようになりました。
          アルミ削り出しのおしゃれなネジ止めキャップを付けたい気持ちと、
無駄な重さを少しでも削る視点からシンプルな
        プラスチックのキャップの方が合理的だという気持ちがあります。そんなことを考えている時にサイクルブティックで
          珍品バーエンドキャップを見かけました。
                
更新・・・珍品パーツ(バーエンドキャップ)   

  9月B  再びのこぎり屋根の工場群。訪問したのは隣町青梅市です。
           青梅は青梅街道の宿場町で古い町並みや、映画の看板で有名です。
           今回は、紡績の町でもあった青梅市に残るのこぎり屋根の建物だけを巡りました。
           桐生市と比べてもかなりの数の工場が残っていました。今まで全く知らなかったので驚いたと同時に嬉しかったです。
             

            更新・・・青梅ののこぎり屋根工場

  9月A  自転車の絵のついたワインを飲みました。おいしかったです。
             
         シリーズ化されているようで、いろいろな絵があります。
            以前は自転車の絵だけだったのに今回は赤い花が咲いてます。私には花の名前が分かりません。


  9月@   ツーリングではない旅行の途中、桐生市内を3時間自転車で走る時間がありました。
              
前回桐生市内を走った時は、のこぎり屋根工場を少ししか見られませんでしたので
             今回はGPSに工場の場所を入力して回りました。3時間では全部回りきれなかったので次回の楽しみにします。

              いい感じの木造3連のこぎり屋根

              更新・・・桐生ののこぎり屋根工場群


  8月     例年にない長雨のおかげでツーリングに出られませんでした。
            革のサドルやブレーキカバーにカビが生えてしまったので、風に当てるために近所を走りました。
            雨に降られるのいやだなと思い、信頼する天気予報のサイトを見ると、今日は曇り空ながら降水確率は0とのこと
            安心して走り出しました。平井川沿いの道を行くと緑色になっているところがいっぱいありました。
                 
            コケの色でしたが、コケは石の細かい隙間にあるため滑る心配は殆ど無しです。
            たまには湿った道を走るのもいいなと思いました。

  7月A   北関東を走りました。目的はまだ行ってない宿場町・境町と桐生市ノコギリ屋根工場群です。
            ガイドブックによると境町は旅籠の並ぶ宿場ではなく養蚕農家に見るべきものが多いと書いてありました。
            利根川を渡った県境にある島村の養蚕農家群は素晴らしかったです。
            サイクルトレインと渡し船を利用しと結構楽しいコースができました。
                 
更新・・・北関東を巡る


  7月@    猛暑日でしたが、川口川沿いを八王子に向かい、ランチを食べて谷地川沿いを帰りました。
             気温は高かったですが、走っている時は体に風が当たるので「歩き」よりは安全な気がします。
             暑い日はアイソトニック飲料が頼りです。飲み終わる頃にはお湯になっています。
             よほどの山道以外は自動販売機が至る所にあるのでありがたいです。

             更新・・・自転車と装備のページ少し書き直しました。

  6月A   自転車のパーツで作られた作品。制作はサイクルブティック店長。本家はなんとマルセルデュシャン。
             
   更新・・・珍品アート

  6月@   2016年4月にオープンした「戸倉しろやまテラス」でお昼を食べてきました。
            廃校になった旧五日市町立(あきる野市立)戸倉小学校が、当時の校舎とグランドをそのままに
            研修センターとして生まれ変わりました。

         レストラン「食飲室」は、床・テーブル・椅子が新しい木材で作られていて清潔です。
            オープンテラスもあり、グランドを見下ろす高台にあるので素晴らしい景色です。
 

          

         メニューは何種類もの定食があり、どれもおいしそうですが今日はお薦めの人気商品「給食プレート」をいただきました。
            ごはん・ミートボール・サラダ・ちくわ天・果物・コーヒー牛乳で980円。おいしかったです。

           
         高台の駐輪場には自転車用のラックもあり、敷地は余裕たっぷりなのでグループの方にもお薦めです。 
            一般客はランチのみ利用可です。
詳しいことは下記テラスHPで確認して下さい。

            戸倉しろやまテラス(リンク先 http://tokura-taiken.jp/restaurant/ )

  5月A   
            休日の午後、ゆっくり町内の裏道を目的もなく走り始めました。
            ライジン23C(スポルティーフ)のドロップバーをオールランダーバーに変更した新仕様です。

            不満だったセンタープルブレーキの感触が劇的に良くなったので、下りを楽しもうと思い養沢川沿いに向かいました。
            
            最後は行き止まりの道ですが、上の方まで舗装されていますので細いタイヤでも快適です。
            車も殆ど通りませんが、それだけに下りや見通しの悪いカーブでは注意が必要です。
            約30分のダウンヒル。武蔵五日市駅近くのお薦めショートコースです。
           更新・・・・きりんかんの写真追加

  5月@  上毛電鉄の全駅写、サイクルトレイン、桐生市歴史的建造物見学の欲張りなツーリングに行きました。(4月)
        今までは町並み保存地区を、現地で見る地図や看板と町の雰囲気で大体もれなく回れてきました。
          しかし今回は油断があったようで、帰ってから調べたら、見るべき物を結構外していました。
          もう一度サイクルトレインに乗る口実が出来たので、往復トレインで新ルートを考えようと思いました。
              
更新・・・上毛電鉄&桐生歴史的建造物大胡電車庫(博物館)

  4月A
       
         連休中近所を走っていたら、見たことのない小型トラックがありました。
            ネットで調べたら「築水ライガー4WD」でした。小型特殊自動車に分類されます。
            最大の特徴はボディが列車のように曲がるので回転半径が小さく、
            さらに写真のように荷台が捻れるように傾くので接地性がよく、4WDのおかげで悪路の走破性能が抜群だそうです。
              空冷4サイクル、前進4速・後退2速マニュアルミッション、最小回転半径2.95m、登坂能力25°、最高速度14.3km、
            まさに農家で働くための特殊車両。私の大好きなジャンルのマシンです。お値段は約150万円。

  4月@    東海道三河に行きました。
           1日目蒲郡シーサイド、2日目旧宿場町と豊川稲荷。
         今回は家族が一緒なので宿の到着や移動での制約が多く、距離は短めにしました。
             更新・・・蒲郡シーサイド御油宿・豊川稲荷

  3月B   電池切れのために止まっていた時計を眺めていたら、もう一度動くところを見たくなりました。
            30年位前に購入したボタン電池で動くクオーツ時計です。
            機械式に比べて驚異的な精度を持ち、軽くて安価なクオーツ時計がたくさん出ていました。
            欠点はボタン電池の交換が面倒なことと交換費用が結構高かったことでした。
            電池交換不要のキネティックやソーラーウォッチの登場で、ボタン電池式は魅力がなくなりました。
            しかし当時の遊び心に満ちた時計の動きは捨てがたいものがあります。
            ボタン電池の型番を控えて電気店に向かいました。電池も昔より安くなりました。
                
更新・・・昔のクオーツ時計(ボタン電池)

  3月A      更新・・・エアロステム 

  3月@   ソーラーポジションライトを付けました。
       
        交通安全キャンペーンでもらったソーラーライトキーホルダーをフロントバッグに付けてみました。
        点滅はしませんが3連ライトなので明るいです。
          装着はアルミ板を切って穴を開けてとか、ベルクロテープを貼ってとか考えましたが、
          工作用の板を切って輪ゴム留めが一番軽くて簡単でした。地図を固定するためのクリップで着脱も簡単になりました。
          見かけはちょっと安普請ですが気に入ってます。
          実際にトンネルで使用してみましたがポジションライトとしては充分な明るさでした。

  

  2月A  東武小泉線沿いを走りました。(1月)
           地方のローカル線沿いを巡るのが好きです。自転車の旅だといろいろな駅舎を見ることが出来ます。
           ローカル線と言えば山の中、畑の中の木造駅舎がイメージされますが、今回の小泉線は住宅街と畑の中を走る通勤線です。
             
更新・・・東武小泉線

  2月@  珍品パーツの更新です。ちょっと古いエアロヘルメットです。 
          更新・・・エアロヘルメット
  
  1月A  いつも余所のローカル線ばかりを訪ねているので、正月は地元のローカル線「五日市線」の駅舎の写真
          などを集めて五日市線案内を作ってみました。輪行の方や鉄道好きの方の参考になれば幸いです。
          空身のミニベロで回ったので旅の雰囲気にかける写真が多いかも。
          案内ページでは、駅のすぐ前にある食事処をご紹介しましたが、このエリアにおいしい店はまだたくさんあります。
          お食事マップも近いうちに作成したいと思います。
          
   更新・・・コースガイドの中に五日市線案内
↑2017年
  1月@ あけましておめでとうございます。
          (ブログ「星時々山」より掲載)
          登山家で星の写真家の友人O氏のブログ「星時々山」とリンクさせていただきました。
             O氏はローパスフィルターを(自分で)外した1眼レフとPC制御の望遠鏡で天体を撮っています。
             この星雲の写真はO氏の作品で、ISO1600、3分露光だそうです。他の作品もすごいです。

          O氏には七面山からの赤沢宿の写真も頂きました。
            更新・・・・・リンク星時々山 星の写真は氏のブログの2016年10月30日を見て下さい。)
↓2016年
      12月 静岡県の工場街を走るローカル線・岳南鉄道を見ながら走り、駅の写真を撮ってきました。
               
            田子の浦港の漁協食堂は、しらす丼が名物なので寄ってみました。
               今回は輪行予定なので、分解しやすい23Cツーリング車(なんちゃってレーサー)で行きました。
               細いタイヤで田舎の少し荒れた舗装路でも走ってきたので気楽に行きましたが、
               町中では舗装の境目とか鉄の格子状のドブの蓋等の、縦方向の段差が多くて気を遣いました。
                  
更新・・・田子の浦港&岳南鉄道@A
 
      11月A 久しぶりに珍品パーツの更新です。正確には珍品工具です。
              更新・・・珍品パーツ「Le Mans Assist Tube


      11月@ 長年愛用してきた小型フロントバッグの取り付け部分が壊れてきました。
                古いバッグですが、使い勝手がいいので直すことにしました。

                
             ベルトが引っ張る金属の棒を革1枚で支えているので、革が破れるだけで使用不能になります。
                 あまりいい構造とは言えません。


               
             バッグがヨレヨレになった時に入れた塩化ビニールの箱(自作)を取り出します。
                 取り出したら割れている箇所があったのでガムテープで直しました。
                 壊れ方が、次回カバンの内箱を作るときの参考になりました。

                    
                 革のベルトを内側に着けたアルミ板に回します。これによって板全体で力を受け止めるので
                長持ちしてくれると思います。青い箱についている白い四角形はベルクロテープを貼ったもので
                両側の蓋に付けたベルクロテープと貼り合わせて内箱のがたつきを押さえます。 

      10月A 近所の畑の中を走っていると、林の方から騒がしい音が聞こえてきました。
                工事でもしているのかと思ったらキジの鳴き声でした。
                 「キジも鳴かずば・・・・」の意味を実感しました。

               
             
      10月@ 身延の赤沢宿に行きました。
                最寄りの道の駅から、山の中腹にある旧宿場に向かいました。
                往復24km、標高差約300m、数値だけ見るとポタリングともツーリングとも
                言いにくいコースです。
                坂はきつかったけれど、赤沢宿は素晴らしいところでした。
                集落には休日営業の蕎麦屋が1軒あるだけなので、食料を持って行く必要があります。

               
                 更新・・・赤沢宿

      9月B  久しぶりの晴れ間の休日でしたが、車の定期点検があったので
            4時過ぎに自転車で走り始めました。
            地元なので、暗くなりかけても不安無く走れるのがいいです。
            圏央道が平井川を渡るところに観音橋があります。
            水道橋と並んだ橋で、最近掛け替えられました。
            ここにきれいな川沿い遊歩道が作られていました。まだ上流と下流に100m位ですが
            草花公園の近くの川沿い遊歩道といずれつながるのでしょう。
            走りやすくていい路面ですが、個人的には平井川の土手は舗装無しの土の道にしてもらえたら
            いいなと思います。
                
               観音橋の上流左岸  早くつながって欲しいような、このままであって欲しいような微妙な気持ちです。
                



      9月A  台風の影響で天候の悪い日が続きましたが、合間を見て走りました。
            富士山の麓、田貫湖周辺ポタリングです。

            私がシルバーのヘッドマークを作ったジュエリーショップ「シンパティカ」のHP
            にリンクさせてもらいました。奥様や彼女へのプレゼント、愛車のヘッドマーク等
            ご検討よろしくお願いします。
               更新・・・田貫湖・猪之頭ポタリング   SIMPATICA

      9月@
               
             長らく机の中で眠っていたセイコーダイバーAGSを動かし始めました。
                AGSとは、セイコーの開発したメカニズムで今はキネティックと呼ばれます。
                    ボディの中のローターが回転して発電し、充電します。
                    その充電された電池でモーターを駆動し、制御します。

             バッテリー交換の不要なクオーツ時計で、いつも腕にはめていれば止まることはありません。
             ダイバーなのでどんなに汗をかいても、水に濡れても大丈夫です。
             視認性も素晴らしいです。
             しかし長く静止した状態に置いておくと充電切れで止まってしまいます。
             この時計はフル充電6ヶ月駆動ですので、私はほっといても平気と思っているうちに
             気がついたら止まってしまいました。
             ソーラーウォッチの時代で、もうキネティックの役割は終わりつつあるのかと感じました。
             しかし、現在手頃な値段でオールチタン、ダイバー(リング付き)、曜日窓付きの時計が
             ありません。日曜日は赤い文字、土曜日は青い文字で表示される昭和感。
             レジスターリングは、冬にラーメン作りで3分待つときなどに便利です。
             捨てがたい魅力を再発見し、数日間時計を振り続けてフル充電まで持って行きました。
             サイクリングウォッチとして大切に使っていこうと思いました。


      8月   猛暑の平日、大井川鐵道輪行ツーリングに行きました。
            いつもの「静岡県サイクルツーリングガイド」を参考にというより、ほぼそのまま
            向きを逆にして「大井川輪行の旅」です。
                  青部駅

            輪行なので自転車は分解しやすいレーサーベースの23Cツーリング車、
            小型フロントバッグとウエストバッグで走りました。
                 
            ザックじゃなかったので、背中から熱気が抜けてくれてとても楽でした。
            また、派手な黄色のポロシャツを着ましたが車が注意してくれているのを感じました。
               更新・・・大井川鐵道輪行の旅

      7月A  山猫亭早朝ランに参加しました。
            暑くなる前に,早朝短時間のんびり走りましょうというものです。
            朝六時山猫亭を出発、裏道を檜原方面に向かい養沢神社に向かいました。
            行きは知らない間に結構上っていたようで、帰りは快適な下りを楽しみました。
                
             途中で休憩した「養沢毛鈎専用釣り場」管理事務所  コーヒー100円おかわり自由、お土産もありました。

            今回はロードで走るということで、オールランダーバーをドロップバーに換えました。
            ブレーキワイヤ内蔵なので、交換時は面倒です。
            トレッキングシューズにフラットペダルだと雰囲気を壊すので、古い(かなり)SPDシューズにしました。
            ランが終わり,家に帰って靴を脱いだら踵の方からパックリ!!
            黒い板状の部分がカーボン(多分)でできているのでかなり堅く、歩いたり引き足の時に
            常に底が剥がれる力がかかっていたためでしょう。しかしいくら古くてもこの壊れ方はガッカリ。
            接着剤だけじゃなく、縫っておいて欲しかったです。
                
            遠くにツーリングに行くときは、ゴ○○のトレッキングシューズが安心だと再確認しました。


      7月@  ブレーキシューが減ってきたので、いつもお世話になっているサイクルブティックに行きました。
            XTRカンチブレーキ用の交換シューはもう無く、現行品で間に合わせるしかないのだとか。
            現行品はゴムと台座一体型でシューの長さも短くあまりかっこうよくありません。
            ゴムだけで売っているブレーキシューは私のものには長さが足りませんでした。
            こうなったらギリギリまで使うしか無いと思い、いったんブレーキシューを外して、
            リムに当たる面をヤスリで削りました。新しいゴムの面が現れていけそうでした。
            取り付けて近所を走ってみたらすごくいい感じでした。
            昔読んだ自転車の本に、古くなったブレーキシューを削る話があった気がします。
            →  →  
            ツルツルになった面を削りました。細かい金属片も見つかったので取り除きました。

      6月    毎年、ホンダエコマイレッジチャレンジに参加している、あきる野市立東中チームの応援に行きました。
            会場は栃木県の「ツインリンクもてぎ」です。私にとっては5年ぶり。
            朝小雨が降っていましたがレース本番には晴れました。
            午前は車検と練習走行、午後に本番です。このレースは燃費の勝負です。
            与えられた燃料でどれだけの距離を走れるかを競います。
            お昼休みには、ホンダコレクションルームに行ってホンダの名車を見てきました。
            ホンダの名車珍車の数々、もう一度きてゆっくり見たいと思いました。
             リッチギンサーが乗ったホンダF1
               更新・・・・ 2016エコマイレッジ    2011エコマイレッジ


      5月    川口川に沿って八王子に行きました。
             街道を避けて裏道に行こうとしたら、初めて木造の橋を見つけました。
             何で今まで気づかなかったんだろうと思えるくらいいい雰囲気の橋でした。
             橋脚はコンクリートで橋桁は鉄ですが、渡る者には木造部分しか見えません。
             子供が元気よくこの橋を自転車で渡ると、沈下橋のようなゴトゴトした音を立てました。
           
                    どちらも東釜の沢橋

             八王子は歴史のある宿場町で、おいしい店がたくさんあります。
             しかも高いビルの中ではなく、通りに面した店が多いのでメニューを見てから安心して入れます。
             今日は「うな丼」にしました。(常連の方が多い安くておいしい店です。)
             帰りは谷地川を通って、忘れかけていた裏道にある木造の橋によりました。
             こちらも鉄の橋桁に木造部分を載せた形ですが、美観と車の通行と耐久性を考えたら
             当然の構造だと思いました。こういう橋が増えたらもっと裏道が楽しくなると思いました。
           
                 どちらも谷開橋
             雰囲気の違う木造の橋を2つも渡り、旅の気分を味わえた1日でした。

      4月A   ブレーキレバーのゴムカバーがかなり劣化してきて、汚れも落ちなくなってきました。
             このゴムカバーは復刻版もなく、もう手に入れることができないようです。
             幸い黒いキャップは頂いたものがあったので、革のカバーを被せてみました。
             ゴムカバーは複雑な曲面なので、革を密着させることは難しいです。
             そのため革を分割して貼り付け、少し浮かせた部分を残して置いて使いながら
             なじませていこうと思いました。
                → 
                よく見ると革の上部が浮いてるのが分かります。

      4月@   3月に東海道の旅をしました。
                 1日目の早朝我が家を出発し、まだ暗い東名を長距離トラックや営業車の流れを
                      邪魔しないように走行車線をおとなしく走っていた時、
                      追い越し車線を白い軽の走り家が速い速度で抜いてったと思ったら、4ドアセダンが
                      ものすごい勢いで追いかけていきました。なんだろうと思ってみていたら
                      セダンの屋根の赤いランプが回り始めました。時計を見たらまだ5時前。
                      こんなこともあるんだと安全運転を心がけようと思いました。

              さて旅は 
               1日目 伊良湖岬
               2日目 半田・常滑
               3日目 桑名の軽便鉄道北勢線
               4日目 四日市の軽便鉄道
             半島の岬、古い町並み、軽便鉄道と欲張りの旅でした。
             もし雨が降ったら何をあきらめるかの優先順位も決めておきましたが全日晴れたので
             予定通りに行きました。
             今回予想通りでなかったのは、軽便鉄道沿いの景色と駅舎でした。
             軽便鉄道はレール幅の狭いローカル線です。当然古い木造駅舎や沿線のひなびた風景
             を想像して行きましたがまるで見当違い。駅舎は統一されたモダンなデザインで、
             沿線は住宅街で、畑や山の中のひなびた木造駅舎も無し。お客さんも結構乗っていました。
             だからこそ、これらの線が生き延びているのだと理解しました。
             余所からやって来てひなびたローカル線が見たかったなど失礼な話だと思いました。
                 更新・・・伊良湖岬  半田・常滑  桑名・四日市


      3月B   房総の銚子に行きました。
             未明にあきる野を車で出発し、現地の公園に車を置いて
             漁港を巡りながら海沿いと、銚子電鉄沿いを愛車で走りました。
                  更新・・・銚子の海 銚子電鉄

      3月A
             
           自転車柄の手拭いを頂きました。
           手拭いとして使うよりも、何かの入れ物とかに仕立てたいと思いました。
           

      3月@ またまた自転車絵のワインを飲みました。(左写真)
         
           油絵風の実用車が描かれたチリ産の赤ワインです。
           右側の8年前に飲んだワインにはシルエットが描かれています。
           どちらもおいしかったですが、ラベルは右の方が好みです。

      2月  久しぶりに自転車の絵のラベルのワインを飲みました。
             
            3輪の運搬車です。ミディアムボディの赤ワイン、フランス産でした。
            昔に比べて外国のおいしいワインが安く手に入るようになり、いい時代です。
              

      1月A ミニポンプは携帯性はいいのですが、実際にタイヤを高圧にするときは苦労します。
           ゼファールのダブルアクションのミニポンプが使いやすいのですが、
           フロントバッグやサドルバッグに入れるにはやや長いので
           取り付け用バッグを自作しました。
                
           余裕があるので工具も入ります。ベルクロテープを直に使うとフレームを擦るので
           綿の厚手のテープにベルクロを付けました。
              
            現物合わせでバタバタした割りには、なんとかまとまりました。
            生地は、はけなくなったコットンパンツを使ったので安く上がりました。


↑2016  1月@ 明けましておめでとうございます。
           今年もよろしくお願いいたします。
                時計ページを更新しました。
                   更新・・・サイクルウォッチ


↓2015  9月A  自転車をしまう物置の屋根の小さな棚に、葡萄が実りました。結構甘かったです。
       
        更新・・・秋留神社の写真を換えました。新旧のカメラの性能の差を感じました。


9月@  久しぶりのツーリング、静岡県の沼津、狩野川に行きました。
     
     更新・・・沼津&狩野川


8月A 
       
      武蔵五日市で、花火大会が行われました。
      20年前に西多摩郡五日市町と秋川市が合併してあきる野市になったときに、
      五日市町主催の花火大会が中止になりました。
      数年後、小和田地区の方々が花火大会を復活してくれました。
      孫の誕生祝い、還暦のお祝いなどいろいろな思いのこもった花火が打ち上げられます。
      寄付だけで運営されている大会を14回も続けてこられるには、大変なご苦労があったことと思います。
      今年のパンフレットの表紙にある詩からも伝わってきます。
         「 闘う君の唄を
              闘わない奴等が
                   笑うだろう
           冷たい水の中を
              ふるえながら
                  のぼってゆけ 

                       みゆき 」
      
      いつの日か我が家のお祝いの花火をあげることを夢見ながら
      毎年、小和田の方々に感謝の思いで花火を見ています。

8月@ 厳しい暑さが続いていますが、たまにはどこか走りに行こうと思って天気予報を見ると、
     午後からは雷雨・大雨の予報です。本当に良く当たるので遠方を避けて近場を走りました。。
     猛暑の中でのサイクリングは辛そうに見えますが、常に体に風が当たるので見かけよりは楽です。
     もちろん水分は充分に取らないと危険です。

     日焼け止めの、べたつく感じがいやなのでアームカバーを付けて走ってみました。
     走っているときは通気性があるのでいい感じでした。
     これを濡らしたら気化熱で涼しいのではと思い、ボトルの水を両腕にかけてみました。
     水は熱いお湯になっていて、湯上がりの感じになってしまいました。
     すぐに走り出して風を当てましたが、気化熱の効果は感じられず、
     むしろ通気性が悪くなって不快でした。
     アームカバーの説明書には、汗を素早く乾燥させる機能があるとありましたので
     濡らすのは逆効果だったようです。逆効果といえばアームウォーマーというものがあります。
     見かけは似てますが、保温用なので夏に使ったら危険ですね。
     私、店員さんに聞かなかったらアームウォーマーを買ってしまうところでした。   
        更新・・・トップページにバス停の写真を2枚入れました。

7月 
     
     梅雨明けといわれた晴れの日、拝島方面に行きました。
     目標は、宮城県・岩手県の産地直送店、東日本大震災復興支援の食事処です。
     昼の定食がうまくて安いので時々食べに行ってます。
     おなか一杯になった後秋川沿いをぶらぶらしていると、西の山の方が黒い雲に覆われ始めました。
     夕立が近づいてるので、急ぎ足で帰り始めましたが家まであと2kmで捕まりました。
     閉まっているお店の前で雨宿りになりました。後からカップル2組が加わりました。
     しかし、自動販売機もなく立ったままでの雨宿りは退屈です。
     写真を撮ってみましたが、説明なしで雨の写真には見えなさそうです。
     20分ほどで雨も上がり、他の所で雨宿りしていたサイクリスト達もたくさん走り始めました。
     年配の女性が一人で走りに来てましたが、とても楽しそうに見えました。
     
     2011年に建て直された武蔵増戸の駅舎の写真を入れました。
        更新・・・・武蔵増戸駅舎
     

5月  愛車のページを少し変えました。スピナジーホイールの写真も追加しました。 

4月C 今回のツーリングも「静岡県サイクルツーリングガイド」のコースに行きました。
     圏央道が東名とつながったおかげで,静岡県が非常に近くなりました。
     コースは「天竜くんま旧街道の旅」です。
     朝4:30に車で出発、8時過ぎに道の駅「花桃の里」に着きました。
     ガイドではスタート地点が別のところでしたが、以前に秋葉街道ツーリング(これも静岡県サイクルツーリングガイド)
     に来た時に夢のかけはしが素晴らしかったので、今回のスタート&ゴール地点にしました。
        更新・・・・天竜くんまの旅@A


4月B 平井川沿いに遊歩道が整備されつつあります。
     写真は草花公園の上流の左岸にできた道です。(約200m)
     薄茶色の路面は白く反射して眩しいくらいでした。
     左に伸びる細い道は橋の下で途切れていました。
       
     いずれは写っている橋の対岸にある遊歩道(約200m)とつながることと思います。
     背景がごちゃごちゃして見にくかったライジンの写真を更新しました。
        更新・・・ライジン・スポルティーフの写真更新細部

4月A ランドナーのライトの位置をいろいろ試行錯誤してきましたが、
     写真のような位置に落ち着きました。
            
     キャリアに通常のライトを付けるパーツは現行品ではいいものが見当たりありません。
     ミノウラのボトル用パーツを流用して自作金具で取り付けました。
     最大の長所は、ライトの角度を左右に調整できることです。
     マグレとはいえ機能的にはうまくいきました。
           
     ツーリングに使うのでGPSと共有できる単3電池を使うタイプにしています。
     明るさは、街灯があれば路面は見えるのでポジションライトであれば充分ですし、
     街灯が無い真っ暗なところでは、ライトがそれほど明るくなくても路面はよく見えます。
     心細い時は、あと1本小型のものを付けるようにしています。
     次は焦点の調節ができる高級品に換えたいと思っています。

4月@ 東海道を走りました。。
     今回も参考は静岡県サイクルツーリングガイドの「東海道いいとこどりA」コースです。 
     安倍川から川沿いの道を走って、宇津ノ谷宿を見て焼津まで行きおいしい魚を食べて帰ってくるコースです。
     焼津の漁港は広くて漁港直営店が見つからず、港を歩いている地元の方に教えて頂きました。
              宇津ノ木宿入口
        更新・・・東海道 宇津ノ谷・焼津

2月B 静岡県の島田・金谷周辺を走りました。
              新金谷駅

          いつも参考にする静岡県サイクルツーリングガイドの「東海道いいとこどりB」コースです。
          朝5時に出発。圏央道が東名に繋がったおかげで、東海地区のツーリングがとても楽になりました。
          朝は−2℃でしたが海に近づくと段々暖かくなってきて助かりました。
          しかし風が強い一日で、下り坂なのにペダルを回さないと進まないような感じでした。
            更新・・・「自転車の旅」の中の東海道 島田・金谷

     2月A 地図を3枚追加しました。
          地図を描いてみて、
          北関東の川の位置関係がまだ自分でもよく分かっていないことを知りました。
            更新・・・「自転車の旅」の中の北関東B小貝川東海道

     2月@  なかなかツーリングに行かれないので、「自転車の旅」の各地の地図を入れました。
         今まで通りの絵地図で大雑把ですが、雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。
         まだ地図のないところもできるだけ早く入れていこうと思います。
            更新・・・「自転車の旅」の中の真鶴半島上信越房総半島遠州森町潮騒橋&御前崎


↑2015 1月  明けましておめでとうございます。
          今年は諸事情でサイクルブティック新春輪遊会に参加できませんでした。
         久しぶりに小峰峠旧道を走りました。
         車両通行止めは変わりませんが、柵や路面トンネルの雰囲気がずいぶん変わりました。 
         久しぶりがもう一つ、変わったベル3点をご紹介します。
            更新・・・小峰峠、珍品パーツ(メーターベル、チタンベル) 


    12月  東海道を走りました。
          大磯に車を置き、真鶴半島を往復しました。
          海岸線を走る西湘バイパスは、自転車どころか125cc以下のバイクも通行禁止です。
          そのため、アップダウンを繰り返す山岳風コースの走りになりました。            
        
           今回の目的地、福浦港はとても雰囲気のいい港でした。
              更新・・・ 東海道・真鶴

          西多摩以外のツーリングをまとめたページを作りました。また行きたい自転車の旅

                 
       

    11月  快晴の休日、ホームの平井川・秋川沿いを走りました。
            武蔵五日市→平井川→福生→多摩川→睦橋→秋川→武蔵五日市  (約25km)
         もう何十回も走ったコースですが、季節・時間・向きを変える度に新鮮です。
             
          この写真は、草花公園内の平井川遊歩道です。景色を独り占めしながらの走りです。
          未舗装ですが、とばさなければ700×28Cのタイヤでも快適です。
          もっとたくさんの方にこのエリアの魅力を知ってもらいたい反面、このまま静かであって欲しいとも思います。
          

    10月  埼玉県の川を巡るコースを走りました。
         今回はガイドブックのルートを忠実に走りました。
         久しぶりにウインドブレーカーを着て、ポケットのありがたさを感じました。
             更新・・・埼玉の川

     9月  久しぶりの珍品パーツ、2種類のタイヤチューブです。
          パンクレスタイヤの存在は知っていましたが、初めてそのチューブを目にしました。
          さらに25インチサイズのタイヤがあったことを初めて知りました。
             更新・・・パンクレスチューブ&25インチチューブ


     8月   静岡県の三保の松原のある半島部分を走りました。
          今回はソロではなく地元の作家S氏が一緒なので心強いです。
          ガイドブックでも紹介していないような裏道や、よそ者が目にできないようなところを回りました。
             更新・・・三保の半島
          

     7月A 房総半島を走りました。
          コースは海沿いではなく、小湊鐵道といすみ鉄道に沿って市原から大原まで走るやや山岳コース風。約60km。
          古い町並みではなく、古い駅舎と景色を楽しむ旅です。
          そして大原港でおいしい魚を食べて,帰りはいすみ線と小湊線に輪行して帰る欲張りな計画でした。
              更新・・・房総半島横断@房総半島横断A
         

     7月@ 久しぶりに日の出町を走りました。
          「日の出細工展示館」が休館中になっていました。ちょっと寂しいです。

          「組木絵ギャラリー おおぷなあ」が閉店されてだいぶたちますが、旧郵便局の建物をそのままに
          「星宿(せいしゅく)」の看板が掛かっていました。
          金曜日限定オープンのカフェであることを今日知りました。
          土日にお店の前を通っても開いてなかったはずです。
          近いうちに訪問してランチも食べてこようと思います。
               更新・・・・「星宿(せいしゅく)」 ,リンクページ更新  


     5月B またまた北関東の川へ。
            
          ルートも路面も良かったけれど・・・。
          益子の町でお昼にしようと思いましたが、開いてるお店も11時まで待てとランチを食べさせてもらえませんでした。
          私だけかと思ったら中年夫婦も私と同じようにガックリしていました。(休日なのに・・・、10時半なのに、観光施設なのに。)
          帰りの温泉だけでなく、お昼を食べるところと時間もしっかり調べる必要を感じました。
            更新・・・北関東の川B

     5月A 利根川沿いのいろいろな川を巡ってみました。
            更新・・・北関東の川@北関東の川A          

     5月@ 平井川に沿って遊歩道が整備されつつあります。
          下の写真は平井川の代田橋から上流に向かって400m位の区間です。
          竹林の脇を通るところはとてもいい雰囲気でした。
          これからもこの道が延びていくのが楽しみです。(右写真)
          自転車の通行が禁止されないことを願っています。
             
        
          武蔵引田駅の北側の秋留台地にはイオンモール(2007年開業)や住宅地ができました。
          開発以前に秋留台地で見かけた「平井っ原之碑」の行方が気になっていましたが、
          住宅地の中の公園に移動されていました。とても懐かしい気持ちになりました。
              更新・・・平井っ原之碑 現在の写真追加


     4月A 京王閣フリーマーケットに行ってきました。私が行くのは2回目です。
          今回は、外国人のマニアの案内も兼ねていました。
          彼は日本に来る前からいろいろ調べていたらしく、本所工業の700Cのマッドガードを
          形と幅を変えて3種類買うことが最大の目的でした。本所工業に直接電話したら小売店を紹介されて、
          そこで買って欲しいと言われたので、私がそこに付き合っていくことになっていました。
          しかし、フリーマーケットに行けば別のパーツの掘り出し物があるかも知れないし、
          駐輪場で素晴らしい自転車を目にできることを話して、こちらにやって来ました。
          とても楽しんでもらえました。
            
            彼の感想(1) 何で日本にカンパがこんなにあるんだ?
                  (2) アメリカの相場より安い。(カンパリアディレイラーお買い上げ)
                  (3) パーフェクト! (駐輪場の自転車オーナーの方々の話を聞いて)
          駐輪場でいろいろお話を聞かせていただいた皆さん、ありがとうございました。
          様々なタイプのトーエイ車をたくさん見せていただきました。
          ワタナベのオーナーの方は、帆布製フロントバッグとサドルバッグを装着。
          どこのメーカーか伺ったら自作と聞いてビックリ。
          もっと驚いたのは、ダイナモライトが手製のバッテリーライトだったことです。
          従来のブロックダイナモの中を抜いて電池が入るようにして、丸形のライトをつけてあります。
          スイッチは黒いゴムキャップを押します。言われないと全く分からない素晴らしい仕上がりでした。
           (その場でHPに載せることをお話できませんでした。差し支えがあったらご連絡下さい。)
             
          今回は、リムを買われた方が多いように思えました。
          それと、自転車柄の手ぬぐいを使ってキャップ、サコッシュ、シャツを販売するお店が新鮮でした。
          京都からいらしたそうです。こういうお店がもっと出店してくれたらもっと楽しいのではと思いました。
          私は、風神雷神の絵がプリントされたサコッシュを買いました。愛車のライジンに乗る時にぴったりです。
     

     4月@ 茨城県を走りました。
          渡良瀬遊水地にある「道の駅きたかわべ」に車を置かせてもらい、古河と結城の町並みを見てから
          小山の町を抜けて思川(おもいがわ)沿いを下りながら渡良瀬遊水地に戻る計画です。
          時間があったら遊水地の回りを走りたかったのですが、疲れと強風で断念しました。
          走行距離約60km、日帰り温泉も仮眠室があったので疲れが取れました。

          前回、走行距離が短いと思い小型ショルダーバッグで走ったら肩がこってしまいました。
          片方の肩に負担がかかったためと思います。両肩で背負うザックにするとカメラを出しづらいので
          小型ウエストバッグにカメラと財布を入れて、フロントバッグの上に載せたらとても身が軽くなり快適でした。
          荷物は身につけないで自転車に取り付けるのが良いというセオリー通りでした。
               更新・・・古河・結城・渡良瀬遊水地

     3月  群馬県を走りました。 
          上信越道富岡ICを降り、道の駅甘楽に車を置かせてもらいました。
          信越本線の廃線跡にあるレンガ造りのめがね橋を目標に、いくつか古い町を見ながら走る計画です。
          天候にも恵まれ、非常に楽しめるコースでしたが、日帰り温泉の選択だけは失敗でした。
          温泉がたくさんある地域なので、次回は疲れの取れる日帰り温泉を探そうと思いました。
             更新・・・甘楽町小幡・富岡・めがね橋

     1月A 静岡県・遠州森町を走りました。
          行き帰りの車の時間がかかるので、総走行距離26kmがちょうど良かったです。
          遠くに行ったときはいつも日帰り温泉に入って汗を流し、仮眠してから帰るようにしています。
          今回の日帰り温泉は、お湯はとても良かったのですが仮眠室がないのでソファで眠りました。
          体を伸ばせなかったので疲れが残りました。次回からは休憩室ではなく仮眠室も要確認です。
             更新・・・遠州森町

  ↑ 1月@  明けましておめでとうございます。
  2014    新春輪遊会(サイクルブティック主催)に参加しました。
          毎年参加させていただいてましたが、仕事と風邪でここ2回不参加でした。
          今回の参加者は全部で12台(人)、半分以上がランドナーでした。
          トーエイ数台、BSの名車も数台、サイクルブティックで組んだ新車のランドナーで走り初めの方もいました。
          私は例年クロカンで走っていますが、今回のコース(八王子市内・谷地川・平井川・武蔵五日市・八王子)
          を見てランドナー&フラットペダルにしました。結果的に読みが甘かったようです。
          ぬかるんだ泥道の急登、落ち葉のロマンチックな道に見えてもその下は石ころゴロゴロの上り下り、
          そして山岳サイクリング並みの担ぎ
            
          毎年コースを考えてくださる I 氏のコンセプトを不参加の3年間で忘れていました。
           「晴れていればランドナーで走れて多少の担ぎが入るコース」 
          走った人なら分かる味わい深い表現です。
          とは言いながら皆さんと共に変化のある走りを楽しみながらの1日でした。
          私は小峰峠旧道を越えた地点で皆さんを見送りました。
          皆さん今日はありがとうございました。又来年お会いしましょう。


  2013
  ↓12月A  茨城県を流れる小貝川沿いを走ってきました。
          我が町から車で行くと首都高速を抜けるので、早朝車で出発しました。
          近くの交差点でブレーキを踏むとバリバリと音がして、ブレーキペダルがガクガクしました。
          今シーズン初めてアンチロックブレーキが働きました。
          路面凍結! スピード出して無くて良かったです。
          8時30分に現地の公園に到着。今回も高低差が殆ど無いコース。
          楽しみだった沈下橋を眺めながらのんびりサイクリングを楽しみました。
          コースの路面も良く、人も自転車も少なくて、とても快適なコースでした。
              更新・・・小貝川サイクリング


   12月@  古い鉄道写真のサイト「ローカル私鉄と国鉄」にリンクさせていただきました。
          旧筑波鉄道の列車が走る写真とつくばりんりんロードの写真が対比されているページは興味深いです。
          近いうちにもう一度走りに行ってみたくなりました。我が武蔵五日市からさらに奥に伸びていた岩井線の
          記事もすばらしく、それによるとホーム跡と思っていた現自転車置き場は後から屋根がつけられたそうです。
              更新・・・「ローカル私鉄と国鉄」

   11月A  カメラページに私の使っているデジタルカメラを載せました。
              更新・・・デジタルカメラ

   11月@  ミニベロのチェーンフックのプーリーを黒から金に換えました。
                
          たまにしか使わないので、色も激しく剥げることはありません。
               更新・・・ TOPページ、コースガイドの写真(秋の写真に換えました。)
 

   10月   つくばりんりんロードに行ってきました。途中にある古い町並みが保存されている真壁町にも寄りました。
         このコースでは、サイクリスト同士挨拶を交わすことが多く、また楽しそうに走っている人が多いのが印象的でした。
             更新・・・・つくばりんりんロード  真壁町

    9月   2013東京国体が開幕し、ロードレースが 八王子市→あきる野市→檜原村→奥多摩町 のコースで
         行われました。町内盛り上がりました。
             更新・・・・国体ロードレース
                 武蔵五日市駅前 周回コース折り返し地点 


    8月   普段あまり乗らない23Cツーリング車で走りました。
         この車のタイヤトラブルについて、更新しました。
         ちょっと恥ずかしいのですが、お役に立てるかも知れないと思いました。
             更新・・・・・パンク始末記


    7月A 長距離というよりも、遠いところを走るツーリングに行きました。
         自転車で走った町と島の写真をご紹介します。
         下関・門司長府粭(ハマグリ)島長島

    7月@ 久しぶりのツーリングに行ってきました。
         琵琶湖東岸の町を巡り、びわ湖よし笛ロードを走りました。
         暑い日でしたが、水分補給さえしっかりすれば湖岸を吹く風は心地よく、快適なコースでした。(略図を入れました)
          
         町巡りでは、以前は大小の水路に目を奪われましたが、今回は板壁や板塀の木目の方に目が行きました。
            更新・・・びわ湖よし笛ロード  彦根 近江八幡・五個荘 長浜
  

    5月  ツーリング用ロードレーサーの黒いリアディレーラーをシルバーのデュラエースに変更しました。
         非力な私のワイドレシオに合わせてロングタイプ。デュラエース・ショートタイプ(これが標準)を何とかロング化しようと思い
         お店の方にも相談しましたが無理でした。
         フロントバッグも何とかつけてみました。
             更新・・・ロードレーサー

    4月A 新しい道を友人に教えてもらいました。
         新滝山街道で自転車専用道付き。早速走りに行きました。
         とても走りやすい道です。谷地川と並行しているのでどちらを選んでも楽しめると思います。
         簡単な地図も作ってみました。ヤフー地図にもグーグル地図にもまだ載っていない道です。
         ちょっと気分がいいです。
             更新・・・新滝山街道

  ↑ 4月@ 久しぶりの更新になりました。
  2013   珍品ページにライト一体型速度計を載せました。サイクルブティックで見せていただきました。
              更新・・・・珍品速度計

  2012
  ↓10月A 京王閣で行われた自転車のフリーマーケットに行きました。家からはちょっと遠く、午後に用事があるので電車で出かけました。
         駐輪場にはたくさんの高級ツーリング車。開場直後なのにもう、各お店には人だかりがしています。小諸の「SR堂」さんも出店されていました。
         今日は高価なビンテージパーツの見物だけで終わるかなと思っていたら、掘り出し物がありました。
         シマノXTペダル初期型、私も使っているやつですが200円の値札。
         私の前にいる人が軸を回したりチェックしていて、これは買われてしまうなと思ったら下に置いてくれました。
         私のチェックでは回転が滑らかとは言えないが、問題があるようにも見えなく、私の使っているものよりもプレートの減りは少ないようでした。
         最悪、プレートの予備であっても充分と思い購入しました。
         もう一品はあるようでない短いフック付きゴムひも1本100円を3本購入。
         小型キャリアに雨具をつけたりするときに市販品のゴムひもは長すぎて使いづらいと思っていたところでした。

        
          屋根付きの回廊のようにお店が並んでいるので、ぐるぐる回りながら見るのに最適です。 XTペダルとフック付きゴム紐。


   10月@ 久しぶりのツーリング、本コースガイドで名前が載っているだけの甲武トンネルの写真を撮りながら、相模湖、八王子を回りました。
         お昼は早めに相模湖周辺でとり、おやつに八王子ラーメンを食べる計画です。
         甲武トンネル、楽な道ではないけれどビンディングシューズのおかげで何とか登れました。
         それと年齢から来る衰えで、「早く進もうと思わずに、ペダルを回していれば着く。」という心境になれたことも大きいと思いました。
         530号線沿いでおしゃれなカフェ&レストランを見つけ、地元野菜がたくさん入ったカレーライスを食べました。
         自転車専用のスタンドがあったので、自転車の人も結構来るのだと思いました。
         そのうち駐車場には高そうな白いベンツ、大型のBMWオープン2シータ−、ミニクーパー、名前の分からないイタリア車等
         たくさんの外車がとまり始めました。小さい犬を連れた人も多いです。
         最初からこうだったら、小心者の私ではちょっと入れなかったかも。
         でも値段も普通で、マスターも気さくな方でいい雰囲気のお店でした。友人にも紹介したいと思いました。
         食後、相模湖に向かうために20号線に出ました。今までの道に比べて車が多く、道が狭いところではどぶ板の上を走りました。
         相模湖の湖岸は広くてゆったりしていて休憩しやすかったです。
         昼寝したいところでしたが、まだ大垂水峠が残っているので缶コーヒーをゆっくり飲んだだけで休憩終わり。
         大垂水峠は車が多く、気力体力の余裕がなく、写真を撮る気持ちになりませんでした。
         次回はこういう雰囲気の道の写真にチャレンジしたいと思いました。
         
         八王子ラーメンとは、「醤油スープ、表面を覆う油、刻みタマネギ」を満たすものと八麺会のHPで定義されています。
         私も大好きなラーメンです。この日は元祖と言われるH店に行きました。4時頃でも開いているありがたいお店です。
         若い頃はスープを飲み干しましたが、今は少し残すようにしています。
              更新・・・・甲武トンネル
         

    9月   5月以来全然更新できませんでした。下の7月の分も9月に書きました。
         体調は良かったのですが、身の回りでいろいろなことがあって夏のツーリングも今年は中止しました。
         秋と冬は出かけられそうなので、ツーリング記事をたくさん加えていきたいと思っています。

         あきる野市は来年の東京国体(2013スポーツ祭)の自転車ロードレース会場になっています。
         その予行のレースが9月の休日に行われました。
         八王子をスタートし奥多摩周遊道路を越えて小河内ダムまでのコースです。
         うちの近所もそのために道路が1時間閉鎖されました。近所の爺さん婆さんも大通りに出て観戦。
         30分以上待って、集団があっという間に通り過ぎていっても皆さん満足顔でした。
         レースよりも警備陣の準備の周到さ、当日の手際の良さ、正確さ、が印象的でした。
             
             東京のシンボル ユリカモメのアスリート「ユリート君」のロードレース版です。


    7月   小諸のレトロサイクルショップ「SR堂」に行きました。
         有名メカニシャンのIさんと一緒に行ったので心強かったです。
         Iさんはビンテージサイクルから最新レーサー・MTBまで何でも得意で、クラシックパーツにも精通し、
         レースも山岳コースも走りキャンプもこなす方で、私はいつもいろいろなことを教えてもらってます。
         どうせあの辺に行くのなら少し走りましょうということで、北国街道の宿場をいくつか走ることにしました。
             
          町並みがよく保存された朝の海野宿、この道を普通に地元の車が走っていきます。

          「SR堂」さんのようなお店になるとどんどんパーツの方からやってくるようで、あまり人気のない国産パーツも
          小物もかなりストックされているそうです。珍品パーツもたくさん見せていただきました。
          雑誌に出ていたルネエルスのキャンピングも見ました。印象は優雅と言うよりもゴツイ感じ。
          もちろんきれいな仕上がりですが、キャリアのパイプの太さや溶接のロウの量はエレガントと言うよりも
          実用重視の感じです。
          Iさんとご主人のお話の合間に、私はグランコンペのセンタープルブレーキGC450を買いました。
          ブレーキレバーとセットです。新品同様、あまりの仕上げの美しさに手が出てしまいました。
          今のところ眺めてるだけですが、何とか使って楽しみたいと思っています。
          「SR堂」さんのところに行く時は、今何を必要としているかよく考えてから行く方がいいと思いました。


    5月   へたりかけた小型フロントバッグの中に、自作の箱を入れてみたらシャキッとして見違えるようになりました。
         青空も広がり、気分良く近所を走っていると黒い雲が出てきて雷も鳴り出しました。
         途中で雨が降ってきたら避難できる場所を考えながらのルートで、大急ぎで家に向かいました。
         結局雷雨に捕まり、誰もいない大悲願寺の山門で雨宿りさせてもらいました。
         雷雨の中の山門、黒澤明監督の『羅生門』を思い出しながら、ぼんやりと過ごす時間が楽しかったです。
         雨上がりの道は、泥除けの着いたランドナーが快適でした。やはり旅の自転車はこのタイプが最適と思いました。
              


    4月A 静岡県の潮騒橋と御前崎を走りました。
            ←潮騒橋 
         不思議な雰囲気を持つ魅力的な橋です。
             更新・・・潮騒橋&御前崎


    4月@ 四月は異動の季節です。この4月から職場を異動される方から手ぬぐいを頂きました。
           
         各タイプの自転車の特徴をつかみ、デフォルメもすばらしいです。
         描いた方はかなりの自転車好きか、すごい観察眼の持ち主と思いました。

         更新は、珍品MTB用26インチ・チューブラーリム。
         チューブラーブロックタイヤをリムに接着剤で貼って悪路をガンガン走る、平静な心で走れるものか?
         実際に走った方に感想をお聞きしたいです。
              更新・・・珍品MTB 用26インチ・チューブラーリム&タイヤ 

  ↑ 2月  今年の正月は、サイクルブティック主催・新春輪遊会に仕事の都合で参加できませんでした。
  2012   来年はしっかり準備して参加したいと思っています。
              更新・・・珍品エアゲージセット(英式バルブのキャップにエアゲージをつけたバルブです。)エアゲージセットの解説

  2011
  ↓12月A 私の愛車のバッテリーライトの取り付けは未だに決定版が無く、試行錯誤を続けています。
         今回手に入れたものはライトホルダーですが、仕上げもよく応用の利く形をしているのでご紹介します。
              
         値段も仕上がりの割には安いです。(800円少々)  
         他にもいろいろな色がありました。このカップで乾杯したらお酒もおいしくなりそうな気がします。
               更新・・・・ライトホルダー


   12月@ 珍品パーツ更新しました。「フレンチロック」 なかなかしゃれた感じの名前です。
               更新・・・・珍品パーツ「フレンチロック

   10月  「ツインリンクもてぎ」で行われた Hondaエコマイレッジチャレンジ に行ってきました。
         我が家を朝4時に出発、圏央道→関越→外環道→常磐道 で行きました。
         私の後輩(高3)が、中学生チームのチーフメカニックを務めているので応援です。
         車には、ブレーキやホイール等に自転車のパーツが使われていて興味深いです。
               更新・・・・Hondaエコマイレッジチャレンジ

    9月   夏の四国で愛車を駐車場で倒してしまいました。
         ちょうどそこに縁石があったので、ガードに模様のような形の凹みが!
         裏から手で押しても元には戻りませんでしたが、幸いタイヤには接触していないので走ることはできました。
         帰ってからお店の方に相談したら、ガードを外して裏からこつこつ金槌でたたいて直すしかないとのこと。
         何とかやってみようと決心するまで一月以上かかりました。
         →     
         凹みの線が水平なので、模様に見えるかと思いましたが、ちょっと無理のようです。
         玄関の前のタイルの上に布を乗せて先の丸い金槌でトントンたたきました。
         ちょっと板金屋さん気分でした。
         ガードに細かい模様がついて、何だと思ったら布の凹凸のようでした。そのまま直にたたけば良かったのかも。
         一番いいのは、鉄の金型に乗せてたたくのだそうですが、そんなもの家にあるはずないですよね。
         実際やってみていろいろ勉強になりました。次の機会があれば、もっとうまく直せそうな気がします。


   8月A  古い町並みを探す本をご紹介します。行った町に印を付けるのが楽しみです。
               更新・・・・古い町並みの本

   8月@  今年の夏は、四万十川を走りました。2日間、ほぼ下りの140km。
         すばらしいところでした。天候にも恵まれました。
         日程が1日でも前後にずれたら、すごい夕立にあうか、濁った四万十川を見るところでした。
         四国のように遠いところまで車で行くときは、無理をしないように途中で1泊して、その近くをポタリングすることにしています。
         今回は古い町並みがよさそうな龍野と、野良時計と武家屋敷で知られる安芸に寄り道しました。
         また、帰り道に瀬戸大橋の橋脚の立つ島を走りました。四国に近い与島です。
               更新・・・・四万十川 龍野  安芸  与島

   6月A   サイクルブティックに行くと、店頭に重装備キャンピング車がありました。
          丸石エンペラー 正統派中の正統派でしょうか。
              
          四国から走ってきて、東京でタイヤを探しているうちにサイクルブティックにたどり着いたそうです。
          そういえばこのお店は常連の方に加えて、いろんな人が流れ着いてます。(私もその一人ですが。)
          これから北海道に行き、日本一周を果たして四国に帰る予定だそうです。
          四国の山中を走り込んでるので、フル装備キャンピング車でも苦にならないようです。
          いろんな話を聞いているうちにカメラの話になりました。
          「やはり旅の写真は写りのいいやつで撮りたいよね。カメラは何使ってるの?」私
          「1眼レフです。もう写りがコンパクトとは全然違います。」彼
          一同ビックリ「え〜、この装備で1眼レフを使ってるの? どこに入れるの?」
          「フロントバッグですけど、これでいっぱいの感じです。」彼
          ペンタックスK20Dを持たせてもらいました。
          重い。この自転車を見た後なのでとても重く感じました。
          彼の若さを羨ましく感じた瞬間でした。
          その後、雨の中、キャンプ地に向かっていきました。
          いい旅になることを祈ります。

          今回の珍品は大物です。MTB初期の野心的なフレームです。
              更新・・・・珍品パーツ「FASTRAXGT ・CYCLONE
    

   6月@   久しぶりに珍品パーツ更新しました。
           「bassworm」というMTB初期の、試行錯誤の時代のものです。
          リア変速機のパフォーマンス向上にかける開発者の情熱を感じるパーツです。
              
          詳しくは更新ページをご覧下さい。
              更新・・・・珍品パーツ「bassworm
          

   5月     最近新しいところを走ってないので自転車ネタがないので、時計ネタを少し書きました。
              更新・・・・Simpaticaイベント情報

   4月B   故犬塚勉さんの絵画展を見に行きました。
          超細密な風景画で知られています。私も初めて画集で見た時に緻密な絵に引き込まれました。
          是非本物を見たいと思っていた時に、五日市町の旧家・小机邸で絵画展が3日間開催されるのを知り
          初日にランドナーで出かけました。
          車の人は駅前の駐車場に車を置いて歩くことになっています。
          五日市線のガードをくぐると結構な坂道を登ります。歩道をたくさんの人が歩いていました。
          どうも絵画展に行く人のようでした。皆さん歩きやすい格好をしていました。
          年齢は高めの方達なのにあまり坂道を苦にしていないようです。
          この町に住んだ画家の絵を、素晴らしいロケーションで見られるのは素晴らしいことと思いました。
          犬塚氏の絵はこちらでご覧ください。→犬塚勉絵画展公式ホームページ
          
           ★絵画展を見逃した方へ・・・・・近いうちに都内や関西で絵画展の予定があるそうです。
           ★絵画集(1500円)は武藏五日市駅前「やまねこ亭」でも販売しています。

                小机邸(都指定有形文化財)


   4月A   2月・3月仕事と花粉でほとんど走れませんでした。
          これからはいろいろなところに行こうと思っています。
          通勤に使っているレーサーのオールランダーバーをドロップバーに戻すことにしました。
          いつもお世話になっているサイクルブティックに出かけました。
          ステムは手持ちのクロモリ製ニットーUIを使います。もう製造していませんがとても好きなデザインです。
          このステムはアルミのような鈍い輝きを持っていますが、ダルメッキと言うそうです。
          説明によると何層にもメッキを重ねてあるそうで、通常のクロームメッキより強いそうです。
          バーはノーマルでいいと思っていましたが、ニットーのトライアスロンがお店にありました。
          特にトライアスロン用の設計ではなく、当時トライアスロンがはやっていたのでそれ用に黒っぽくしてあり
          トライアスロンを表す絵が刻印してあります。楽しいデザインと思います。
          バーをはさむ部分がアルミに比べて薄いので、雰囲気が変わります。
            

          
   4月@   学生時代に東北を旅行して田老の町に行ったことがあります。海の堤防の高さにビックリしました。
          かつて津波の大きな被害を受けたので、これから大きな津波が来ても大丈夫なように作られたものでした。   
          その見上げるような堤防を越えて襲ってきた今回の津波の恐ろしさは、想像を超えるものと思います。
          さらに復旧を拒む原発の深刻なトラブルを知ると、なんと申し上げて良いか分かりません。
          何か今の自分にできることを考えていきたいです。
          

   2月       更新・・・・リンク 福生のレストラン ボホム

   ↑1月   明けましておめでとうございます。
   2011   今年の正月もサイクルブティックT主催の新春輪遊会に参加しました。
          コースは、八王子→滝山城趾→秋川沿い→羽村→草花公園→小峰峠→川口川→八王子 です。
          今回のコースはよく知っている道で、あまり高低差がないので気が楽でした。私は小峰公園で分かれました。
          伝統的に様々な路面を走るコース設定なのでガード無し・フラットバー・ワイドギア・やや太めのタイヤ
          がぴったりと思いますが、ブティック店長が700×23C(20Cにも見えました)で石ころ&枯葉の林道を
          走破するのにはビックリです。いろいろなタイプの自転車が混在して走るのも楽しみです。
          一緒に走って下さった皆様ありがとうございました。
             
             草花公園で休憩    右の濃紺のT車は某誌の表紙を飾ったそうです。