私の愛車
クロカン(700×32C〜35C  クロスバイクと呼ばれるタイプです)
      

  
          羽村に近い草花丘陵大澄山                          梅野木林道
   林道ツーリング、キャリアを付けてツーリング,輪行ツーリング等なんでもこれ1台でやってました。
   舗装路を速く走ることや、荷物を体に付けずに旅をする等の目的に合わせて愛車が増えました。
   今は、林道走行をメインにしています。
   細部

ツーリング車(700×23C)
              
   ランドナーポジションのレーサーです。
   舗装路の軽快な走りと軽さを生かして輪行ツーリングと舗装路山岳コースに使用。
   荷物は小型ザック使用。   ハンドルバーは、オールランダーとドロップを使い分けています。
   滑らかな路面を走る時の爽快感とサイドプルブレーキのダイレクトな効き味は素晴らしいです。
   細部


ミニベロ
        
大悲願時近くの五輪坂
     ポタリングや小さい子供と一緒に走るときに最適。
    直進性安定性に欠け、路面に敏感なため、長距離走行には不向き。
     それを補うために、ホイールベースを伸ばしたりサスペンションを付けたり 
    したのがBSモールトンです。

    細部の写真   

ツーリング車(700×28C)                           
           
   旅行中の雨や、濡れた路面の走行を考慮してガード付き、
   フロントバッグをつけるためにフロントキャリアとアウターを上出し、
   シフトレバーをダブルレバーにすると昔ながらの形のランドナーになりました。
   ワイヤー内蔵なし、ガードの取り付けもダルマねじ不使用等の整備性重視。
   ホイールサイズのためスポルティーフと言われることが多いです。
   自称700Cランドナーです。
   細部の写真  

ツーリング車(700×23C)
          
       23Cタイヤで、舗装路メインのコースの走りを楽しむモデル。  
       コンチネンタルカットラグやセンタープルブレーキ直付け等、見た目の楽しさも考えました。
       スポルティーフと呼ばれるタイプです。
      細部の写真


フロント24inch,リア700×23Cファニーレーサー (カミサン用)
レーサー
        以前、私だけ軽い自転車で楽に走ってることがばれて買わされました。
       初めて五日市を走ったとき段差でパンクしたけど、慣れたら軽快さの
       レベルが違うのでとても満足してます。
       家族サイクリングではいつもトップを快走。
                                 (細身のファニーフェイス)
   スペック
             クロモリフレーム(PANASONIC)
              フロント24インチ、リア700Cの変形タイプ
              ドロップハンドルをオールランダーに変更
              ダウンチューブのシフトをフィンガーシフトに変更


シングルギア   

      

       ピスト初心者の練習用に作られたらしい自転車を譲ってもらいました。
       最初から前後ブレーキ装着仕様、フリー付き。
       パーツはいろいろ取り替えました。      

     スペック    ラグレススチールフレーム(丸石・ピストエンド)
              700C・WOリム
              ディレーラーなし
              Fブレーキ     シマノデュラエースax(センタープルエアロ)→シマノ506サイドプル
                 Rブレーキ     シマノRSX→シマノ506サイドプル
                 ブレーキレバー  シマノ600
                 ハブ         シマノ・アルテグラ
              サドル       スペシャライズド・BGcomp
            細部の写真 

 

 


TOPへ